【現地レポート】WACK合宿オーディション初日②ーー初日に急遽3名の脱落者が決定

BiSBiSHGANG PARADEEMPiREのマネジメントを行う株式会社WACKが、2018年31218日にかけて開催する合宿型合同オーディション「WACK合同オーディション2018」。本日312日に初日の幕が切って落とされた。

今回の合宿オーディションには、書類審査と2次オーディションを通過した24名に加え、現役メンバーも(2日目から)参加。

BiSからは、ペリ・ウブパン・ルナリーフィ
BiSHからは、モモコグミカンパニー
GANG PARADEからは、キャン・マイカ
が参加する予定となっている。

また、最終日の318日(日)には、大阪城音楽堂にて、入場無料のフリー・イベント「WACK EXHiBiTiON」が開催。合格者の発表に加え、BiSHBiSGANG PARADEEMPiREがライヴを行う予定となっている。

その様子は最終日までニコニコ生放送ですべて中継される。
http://live.nicovideo.jp/watch/lv310349013


合宿初日から、まさかの事態が起こった。

当初、初日に脱落者は出ないはずだった。しかし、合宿開始からわずか9時間あまり、急遽3名の脱落者が名前を呼ばれることとなってしまった。

一体、なぜ……?

■合宿初日午後〜夕食

3月12日正午から始まった「WACK合同オーディション2018」初日。WACK代表の渡辺淳之介は、わずか9時間の間で、以下の言葉を何度も何度もオーディション参加者に向けて口に出していた。

「目の前にお客さんがいるつもりでやってほしい」

これは午後から行われた個別面談でも全員が指摘されていたことだ。歌とダンスの審査の自己評価を求められ、ほぼ全員が低い点数を自分自身につけていた。

「そんな点数の低いと思っている人のステージを見たいと思う?」

そう指摘した渡辺。期待を込めつつ「お客さんを意識してやったら、そうはならないでしょ」と参加者たちに厳しい言葉をかけていた。その裏には、WACK所属アーティストたち、つまりはこのオーディションに合格したメンバーたちに、自分たちで考え、自分たちに誇りをもって、自分たちのグループを作り上げていってほしい。そんな意図が込められていた。

約5時間にわたるダンス練習をスポーツセンターにて終え、旅館に戻って夕食の席についた24人の参加メンバーたち。九州の離島ということもあり、刺身や茶碗蒸しなど豪華な食事を目の前に、平和に食事は進んでいく予定…… だった。

しかし…。

制限時間内に食事を食べきれず諦める参加者が6人いたり、事前に仕込まれていたデスソースに変わる激辛香辛料・デスパウダーを当てた5人も特にアピールをするわけでもなく淡々と食べたり、他のメンバーたちもゆるやかに食事をしているばかりでまるで盛り上がらない。ニコ生放送のカメラの先にいるお客さんたちを楽しませようという気持ちが見られなかった。

それを見た渡辺淳之介が口を開いた。

「あまりにアピールをしないので、急遽、ニコ生投票最下位の人は脱落とします」

最初は冗談めいた口調だったものの、一向に変わらない雰囲気。ニコ生視聴者に向かって、テンプレートのような自己アピールをする参加者たち。それを見かねた渡辺はポツリと「本当に脱落だからね」と口にした。渡辺の声が虚しく響くなか、ニコ生視聴者たちによる5分間の投票が行われた。

9時40分に発表予定だった結果発表は、時を待たずして9時10分すぎに行われることとなった。わずか5分の間で10,567票が集まり、注目度の高さは前回以上ともいえるものに。その結果発表をする直前、再び、渡辺淳之介が言葉を放った。

「前回の合宿オーディションでは、食べきれないとかそんなことはなかった。今回は本当に残念な合宿組です。面談をしたけど、やる気が全然感じられなかったです。このオーディションは、今のWACKグループを繁栄させるためにやっていることで、お客さんがいてこそなりたっているものです。これまで、BiSH、BiS、GANG PARADE、EMPiREが必死に積み上げてきたお金があるから、こうやってスタッフの人も来てくれたり、みんなのご飯も出せたりしている。当たり前にあるものじゃありません。だから、お客さんたちはムカついていると思うよ。希望を与える人がこんな感じなわけないよね? そんな人たちを好きにならなくない? 本当にお客さんを楽しませようとしている? 盛り上げようとしている? 俺ははなはだ不安です。そんな人はいりません。なので下位3人に帰ってもらいます」

一気に静まり返り、重い雰囲気の流れ始めた宴会場。それとは対照的にたんたんと投票結果が行われていく。そして21位から結果が読み上げられた。

21. バグ・ミィ

20. シャ・キーラ

19. モモコグミinc
18. チョウショージメグミ
17. ガン・ギマリーフィ
16. ミチヤハシリオ
15. セントチヒロ・テッテ
14. フォースサマーウイカ
13. ユミノユア
12. タンタンコ
11. ワキカサユリカ
10. みみらんど
9. ヒラノノゾム
8. ヨコヤマヒナ
7. ヤヤ・エイトプリンス
6. マイナ・ジ・エンド
5. リソリソ
4. アユナ・C
3. ガミヤサキ
2. オレンジコバンパイア
1. ナガヤマユキコ

前回のWACK合宿オーディションにも参加したナガヤマユキコが、見事初日の1位を獲得した。

 

 

そして、以下の3名が合宿初日にして合宿オーディション脱落となった。

・ユイ・ガ・ジャクソン
・ギガ・フロント・フロンタール

・ハシヤスメ・サムコ

まるで葬式かのような会場。脱落を逃れた参加者たちは、逆に力強い声で「ありがとうございます」と自分に喝を入れるかのように力強く返事を返した。対照的に、泣き崩れる脱落者。こうして、合宿初日にして、予想だにしない3名の脱落者が生まれることとなった。

いきなり空気が引き締まった「WACK合同オーディション2018」。翌朝630分より早朝マラソンが行われる。そして、昼からWACKメンバーが参加することとなっている。いきなり波乱の幕開けとなった「WACK合同オーディション2018」。果たしてどのような展開を見せていくのか。ますます目が離せない。

取材&文:西澤裕郎
写真:外林健太


WACKオーディション合宿2018 ニコニコ生放送 URL
http://live.nicovideo.jp/watch/lv310349013

WACK EXHiBiTiON 詳細
2018318()大阪城音楽堂
入場料 : 無料
出演 : BiSHBiSGANG PARADEEMPiREWACKオーディション参加者

WACK OFFiCiAL HP
http://www.wack.jp/

あわせて読みたい