【現地レポ】WACK合宿オーディション3日目③脱落者8名決定 救済措置は400字詰め原稿

BiSBiSHGANG PARADEEMPiREのマネジメントを行うWACKが、2018年31218日にかけて開催している合宿型合同オーディション「WACK合同オーディション2018」。

今回の合宿オーディションには、書類審査と2次オーディションを通過した24名に加え、現役メンバーも(2日目から)参加。

BiSからは、ペリ・ウブパン・ルナリーフィ
BiSHからは、モモコグミカンパニー
GANG PARADEからは、キャン・マイカ
が参加している。

また、最終日の318日(日)には、大阪城音楽堂にて、入場無料のフリー・イベント「WACK EXHiBiTiON」が開催。合格者の発表に加え、BiSHBiSGANG PARADEEMPiREがライヴを行う予定となっている。

その様子は最終日までニコニコ生放送ですべて中継される。
http://live.nicovideo.jp/watch/lv310349013


オーディション3日目にして大きな山が動いた。

WACK合宿オーディション参加している候補生の中から、合宿3日目の夜に「8名の脱落者を選ぶ」と、渡辺淳之介が宣告したのだ。自分が脱落者に選ばれるかもしれない。そんな恐怖のなか、18名の候補生たちはダンス練習、発表を行った。

脱落という言葉に敏感になっていたのは、モモコグミカンパニー、ペリ・ウブ、パン・ルナリーフィ、キャン・マイカといったWACKメンバー4人も一緒。自分が担当しているチームの候補生を落としたくない。そんなプレッシャーと責任感の中、候補者そしてWACKメンバーは、ダンス審査に臨むこととなった。

18時。4組が順番にダンス・パフォーマンスを行っていった。全グループとも、あからさまに成長をみせたパフォーマンスをしたこともあり、渡辺淳之介が「悩ましいな、これは」とポロリとこぼしつつ、ダンス審査の順位を発表した。

結果は以下の通り。

1位 モモコグミカンパニー Team
2位 ペリ・ウブ Team
3位 パン・ルナリーフィ Team
4位 キャン・マイカ Team

昨日最下位だったモモコが新チームを率いて首位を獲得。また、ポンコツチームと言われる候補生4人が集まったペリ・ウブ Teamが2位と奮闘をみせた。

ダンス審査が終わり、候補者とWACKメンバーたちはバスに乗って旅館へ移動。

19時10分、夕食へ。渡辺が「明日の朝、帰る人も多いと思いますが、まだ時間があるので考えて行動してほしい」と一言述べてから「いただきます」をし、夕食を食べ始めた。刺身に加え、モツ鍋や壱岐牛のハンバーグなど豪華な内容となった。いつもどおり、デスソースが入っている食事もあり、ポイントを少しでも稼ごうと、ご飯の匂いを嗅いでデスソース入りの席を必死で探すメンバーも見られた。

夕食を食べ終わり、20時からは昨日行われた学力テストの順位発表が行われた。GANG PARADEの「カミヤサキ」を「カミヤ・サキ」と書いてしまう間違えや、珍回答も紹介され、笑いに包まれたテスト発表となった。このテストで74点を取り、見事1位を獲得したのがBiSHのモモコグミカンパニー。2位にBiSのパン・ルナリーフィ、3位にフォースサマーウイカがランクインした。最下位となったのはBiSのペリ・ウブだった。

そして、21時10分から5分間にわたり候補者の視聴者投票が行われた。そのあとの5分間で、WACKメンバーへのニコ生投票が行われた。

まずは、WACKメンバーの投票結果が発表された。

1位 モモコグミカンパニー(32.5%)
2位 キャン・マイカ(25.8%)
3位 ペリ・ウブ(21.7%)
4位 パン・ルナリーフィ(19.7%)

集計の時間を挟み、候補生の視聴者投票結果が発表された。

モモコグミカンパニーは「ここにいる何人かが落ちると思うと…」と言葉に詰まり、キャン・マイカは「候補生に愛情が湧いてきた」と口にしたが、渡辺淳之介が暗い雰囲気にならないように突っ込みを入れるなどして盛り上げようとした。しかし、部屋の後方に座っている候補生たちは物音ひとつ立てないくらいに静まり返っている。そんな中で発表は行われた。

視聴者投票の結果は以下のとおり。

18位 ユミノユア
17位 ガン・ギマリーフィ
16位 モモコグミinc
15位 チョウショージメグミ
14位 セントチヒロ・テッテ
13位 バグ・ミィ
12位 みみらんど
11位 フォースサマーウイカ
10位 ヤヤ・エイトプリンス
9位 ナガヤマユキコ
8位 オレンジコバンパイア
7位 ヨコヤマヒナ
6位 マイナ・ジ・エンド
5位 ヒラノノゾム
4位 ガミヤサキ
3位 ミチハヤシリオ
2位 リソリソ
1位 アユナ・C

「この結果も踏まえた上で、本日の脱落者を発表します」。渡辺淳之介がそう語り、少し間を置いて脱落者を発表した。

合宿3日目で脱退するメンバーは以下の8名。

・バグ・ミィ
・ナガヤマユキコ
・マイナ・ジ・エンド
・ガンギマリーフィー
・ヒラノノゾム
・モモコグミinc
・ユミノユア
・フォースサマーウイカ

発表のとたん、机に突っ伏して涙を流すものや、呆然とするものまで、様々な反応が見られた。そんな中で渡辺淳之介が「本日も救済措置があります」と宣言。

「本当にやりたい人は、400字詰めの原稿用紙に、なぜWACK合宿オーディションに応募して、なぜ自分がここまでがんばってきたのか書いてもらいます。基本的には1番多くの枚数を書いた人、そして最も気持ちが伝わった人を救済します。原稿は1000枚用意してあるので好きなだけ書いてください。明日朝5時に僕が読むので、それまで書いてください。参加は自由です」

こうして、脱落者8名に対しての救済措置が与えられた。発表直後、すぐに指定の部屋で原稿を書き始めた候補生もいれば、迷っているのかまだ書き始めていないものもいた。果たして、明日朝5時に誰が復活を遂げるのか。その様子はニコ生中継でも中継されている。

合宿3日目にして、ようやくWACKの合宿オーディションらしさが出てきた。ここまでの2日間、まだ自分たちが芸能人になって活動していくリアリティがないように見える場面が多かった。実際に脱落しても、執念で這い上がるという気持ちを感じる候補生はいなかった。

しかし、合宿2日目からWACKメンバーとチームで競うことになり、そうしたリアリティが生まれてきている。

例えば、今回参加しているBiSのパン・ルナリーフィは、ダンス審査で自分のチームが3位になってしまったことで、候補生が落ちてしまうかもしれない責任感から、学力テストの結果発表前まで涙を流し悔しさを表していた。1年前合宿候補生だったパンは1年間でここまで大きな変化を見せた。それを目の当たりにした候補生は、何を感じ、考えているだろうか。

また今回は、脱落の名前を呼ばれなかった候補生のほうが涙を流しているケースが多く見られた。自分が落ちるかもしれない不安から解放された安堵感、そしてチームを組んでダンスをしてきた仲間が脱落してしまうことへの哀しさからくる涙でもあったのだろう。

結束力や仲間意識が高まれば高まるほど、そうした想いやプレッシャーは増えていくことだろう。芸能界で生きていくこと、なによりもWACKで活動していくためには、この試練を乗り越えていかなければならない。明日は合宿4日目。さらなるメンバーたちの覚醒を期待している。

取材&文:西澤裕郎
写真:外林健太


WACKオーディション合宿2018 ニコニコ生放送 URL
http://live.nicovideo.jp/watch/lv310349013

WACK EXHiBiTiON 詳細
2018318()大阪城音楽堂
入場料 : 無料
出演 : BiSHBiSGANG PARADEEMPiREWACKオーディション参加者

WACK OFFiCiAL HP
http://www.wack.jp/

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。