【現地レポ】WACK合宿オーディション5日目②ヒラノ奇跡の復活、アユナ&リソリソ覚醒

BiSBiSHGANG PARADEEMPiREのマネジメントを行うWACKが、2018年31218日にかけて開催している合宿型合同オーディション「WACK合同オーディション2018」。

今回の合宿オーディションには、書類審査と2次オーディションを通過した24名に加え、現役メンバーも(2日目から)参加。

BiSからは、ペリ・ウブパン・ルナリーフィ
BiSHからは、モモコグミカンパニー
GANG PARADEからは、キャン・マイカ
が参加している。

また、最終日の318日(日)には、大阪城音楽堂にて、入場無料のフリー・イベント「WACK EXHiBiTiON」が開催。合格者の発表に加え、BiSHBiSGANG PARADEEMPiREがライヴを行う予定となっている。

その様子は最終日までニコニコ生放送ですべて中継される。
前半:http://live.nicovideo.jp/watch/lv310349013
後半:http://live.nicovideo.jp/embed/lv311592262


12時からダンス発表が行われた。

2つのチームに分かれ、キャン・マイカ&ペリ・ウブチーム(ガミヤサキ、オレンジコバンパイア、ヨコヤマヒナ、チョウショージメグミ、みみらんど)はBiSの「レリビ」を、モモコグミカンパニー&パン・ルナリーフィチーム(リソリソ、ミチハヤシリオ、ヤヤ・エイトプリンス、セントチヒロ・テッテ、アユナ・C)はBiSHの「BiSH-星が瞬く夜に」を披露した。

結果は、モモコグミカンパニー&パン・ルナリーフィチームの勝利。

渡辺淳之介による決め手は「キャン・マイカ&ペリ・ウブチームは、ひとえに「レリビ」の英語詞部分の苦手意識が出ている感じが出てしまっていた」という点。2組とも完成度はあがっており、そうしたポイントが分かれ目となっていきそうだ。

昼食を挟み、午後からはチームを再編成して練習、18時からダンス発表を行うことが発表された。チームは以下の通り。

モモコグミカンパニー&ペリ・ウブチーム
課題曲:BiSBiSBiS
・ガミヤサキ
・オレンジコバンパイア
・ヨコヤマヒナ
・チョウショージメグミ
・みみらんど

キャン・マイカ&パン・ルナリーフィチーム
課題曲:GANG PARADEGANG PARADE
・リソリソ
・ミチハヤシリオ
・ヤヤ・エイトプリンス
・セントチヒロ・テッテ
・アユナ・C
・ヒラノノゾム

そして、ここで渡辺淳之介が「先生からのお知らせです」と言ってメンバーを集めると、今朝、脱落したばかりのヒラノノゾムが現れた。「今日、船が全欠航になってしまったので復活させました。今日成果を残せば残留の可能性もあります」と説明すると、喜びを見せる候補生たち。ニコ生では大量のコメントが画面を流れた。

そこから18時まで2組はひたすら練習をおこなった。わずか4時間の中で、そのチームならではの見せ場を作るために話し合い、フォーメーションを確認、何度もチェックを行うなど、できる限りの練習を行っていった。

そして、18時からはダンス発表の時間に。

先にパフォーマンスを披露したのは、キャン・マイカ&パン・ルナリーフィチーム。課題曲のGANG PARADEGANG PARADE」を披露した。「GANG PARADE」はフォーメーション中心のダンスで、細かい部分でまだ完成していない部分はあったものの、途中でアユナ・Cとリソリソがストッキングを被り、ヒラノノゾムが引っ張るシーンが。しかしリソリソのストッキングだけがすっぽり抜けて、アユナ・Cだけがストッキングを被ったまま曲を歌い続ける自体に会場からは笑いが起こった。

続く、モモコグミカンパニー&ペリ・ウブチームがBiSの「BiSBiS」を披露した。定位置についたけれど、自己紹介をする前にオレンジコバンパイアが「よろしくおねがいします」と言ってしまい再び仕切り直しに。モモコグミカンパニーが「今日から新たなストーリーがはじまったトリパゴちゃん(ヒラノノゾム)のために歌います」といって「BiSBiS」を披露した。新しいことがはじまるワクワクが込められた歌詞の意味をヒラノノゾムの境遇に重ね合わせて歌った。

そして渡辺淳之介が順位を発表した。

1位 キャン・マイカ&パン・ルナリーフィチーム
2位 モモコグミカンパニー&ペリ・ウブチーム

総評としては、「企画勝ちなところもあるけど、インパクトを残すために何かしらを持ってくるのは大事なこと。そういうのが短時間でできていた。今回はリソリソとアユナ・Cの偶然の作用だった部分もあるかもしれないけど、ストッキングがアユナに残ったままだったのに取らずに歌っていたのがよかった。偶然を味方につけてライヴすることは本番のステージでも必要だから」と語り、「芸能界への道もあと一歩のところに来ているから、改めて考えてがんばってほしい」と話した。

そして旅館に戻り、19時からは夕食タイムに。合宿も終盤戦になってきたこともあり、少しでもポイントを獲得しようとデスソースを食べてアピールする候補生たち。連日の疲れも重なり、トイレに駆け込む姿もありつつ、それぞれ食べきった。

そのあと、2015分から「渡辺淳之介歌詞講座」が開催された。BiSHの「オーケストラ」のデモ曲「スターライトグローリー」や「プロミスザスター」の原曲、BiSの「gives」の原曲などを流しながら、どうやって歌詞を書いていったのかを解説。モモコグミカンパニーが詞を書いた「デパーチャーズ」のワンフレーズを実際に候補生が考えて、それを渡辺淳之介が講評するコーナーも設けられた。最後にガミヤサキが「トイレこもって吐いたって」という、渡辺淳之介もたじたじの秀逸な歌詞を発表した。明日からはデスソースシステムは行わないことも発表された。

その後、毎日行われている視聴者投票、WACKメンバーに対するニコ生アンケートが行われた。

まずは、WACKメンバーのアンケート結果が発表された。

1位 モモコグミカンパニー(31.2%)
2位 キャン・マイカ(27.5%)
3位 ペリ・ウブ(19.5%)
4位 パン・ルナリーフィ(17.7%)

そして、本日の時点での総合ポイントは下記のとおり。

1位 パン・ルナリーフィ 84P
2位 モモコグミカンパニー 72P
3位 キャン・マイカ 49.5P
4位 ペリ・ウブ 49P

昨日まで最下位だったキャン・マイカが、0.5ポイント差で3位に浮上した。その0.5Pは、昨日の料理対決でリソリソが懇願して獲得したジャングルポイント(※ジャングルをテーマにした料理を作ったことをアピールして手に入れたポイント)だったこともあり、会場とニコ生には笑いとざわめきが起こった。

そして、視聴者投票の結果が発表された。

11位 チョウショージメグミ
10位 セントチヒロ・テッテ
9位 みみらんど
8位 オレンジコバンパイア
7位 ヨコヤマヒナ
6位 ヤヤ・エイトプリンス
5位 ミチハヤシリオ
4位 リソリソ
3位 アユナ・C
2位 ガミヤサキ
1位 ヒラノノゾム

「こちらの投票踏まえた上で、本日は脱落者2名を選出します」。渡辺淳之介がそう語り、少し間を置いて以下の2名の名前を呼んだ。

・みみらんど
・ヒラノノゾム

また、明日6時15分から救済措置が行われることも発表。内容は、本日と同じく「パプリカ」が流れている間、何回スクワットができるかという対決となる。ヒラノノゾムは、明日で3日連続の救済措置への挑戦となる。この対決でチョウショージメグミに破れているため、どのような結果を残すのか注目が集まる。

そして6日目は、3チームにわかれダンス練習、18時に発表を行うことが告げられた。課題曲は、WACK選抜メンバーで結成されたSAiNT SEXの楽曲「WACK is FXXK」。踊りはチームごとの完全オリジナルになるため、それぞれのチームで話し合いをして、すでに明日に備えていた。

チーム編成は以下のとおり。

ペリ・ウブ&パン・ルナリーフィ チーム
・ガミヤサキ
・セントチヒロ・テッテ
・チョウショージメグミ

モモコグミカンパニー チーム
・アユナ・C
・ヤヤ・エイトプリンス
・ミチハヤシリオ

キャン・マイカ チーム
・ヨコヤマヒナ
・リソリソ
・オレンジコバンパイア
・明日の救済者(みみらんど or ヒラノノゾム)

合宿も明日で6日目。行動一つが最終結果に大きく影響する1日が幕をあける。

取材&文:西澤裕郎
写真:外林健太


WACKオーディション合宿2018 ニコニコ生放送 URL
前半:http://live.nicovideo.jp/watch/lv310349013
後半:http://live.nicovideo.jp/embed/lv311592262

WACK EXHiBiTiON 詳細
2018318()大阪城音楽堂
入場料 : 無料
出演 : BiSHBiSGANG PARADEEMPiREWACKオーディション参加者

WACK OFFiCiAL HP
http://www.wack.jp/

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。