【レポート】BiS、47都道府県ツアー東京WWW編「新メンバーを迎え、さらに最強なBiSになります」

415日の沖縄公演を皮切りにはじまった、BiS47都道府県ライヴ・ツアー「I don’t know what will happen TOUR」。11箇所目となる東京公演が、2018531日(木)、東京・Shibuya WWWにて行われた。

この日をもって、キカ・フロント・フロンタール、ゴ・ジーラ、ペリ・ウブ、アヤ・エイトプリンス、パン・ルナリーフィ、現5人体制でのライヴは最後となり、6月2日の金沢公演からは、Jリーグ方式を採用し、BiS 1stBiS 2ndにわかれて活動していくことになる。

5人最後のワンマンを見届けようと満員の研究員(※BiSファンの呼称)たちが会場を埋め尽くした。

ツアー1曲目の定番となったアンセム曲「gives」で幕をあけ、一気に4曲を披露して自己紹介を終えると、ゴ・ジーラが「ところでみなさん、人間を楽しんでいますか? 人間というものは日々を忘れていくもので、意味のない諍いに泣いたあのときとか、心通った嬉しさに抱き合った日とか、全部忘れていくものです。はっきりと覚えているようでも思い出は美化されていきます。つまりは今日も同じ。今は今しかありません。すべて忘れていくのです。だから今を生きぬきましょう。私たち、あなたたち、どうせ人間。結局人間。それでも人間。だけど人間。ずーっと人間なのです」と語り「human after all」へ。

そこから連続で楽曲を披露したあと、メンバー5人が1人1人、MCを行なった。

パン・ルナリーフィ「昨日で私がBiSに入って1年が経ちました。今日このWWWのステージで成長した姿を絶対に見せたいし、この5人のBiSを最高で残したいと思って、このステージに立っています。たくさんの体制になったり、合宿で新メンバーが入ったり、濃すぎるめまぐるしい1年間を過ごして、私は強く思ったことがありました。BiSとして活動している上で、私がみんなにとってがんばるエネルギーの源になりたい。私が、みんなにとってなくてはならない存在になりたいです。そのために私はもっともっと自分に自信をもって、これからも活動していくと決めました。1年前の5月30日、恵比寿リキッドルームで私は「エースになりたい」と言いました。その言葉に間違いはありません。BiS 1stでエースになります」

アヤ・エイトプリンス「私はBiSに入って、いろいろやりたいことがあります。まだみんなに言っていないことの1つなんですけど、よく武道館に立ちたいとか、そういう目標があったりすると思うんですけど、私はどこに立ちたいとかじゃなくて、どこのハコにも立ちたいと思っています。例えば、まだBiSがワンマン・ライヴを行なっていないZepp Tokyo、幕張メッセ、横浜アリーナ、中野サンプラザ、東京ドーム、埼玉スーパーアリーナ、武道館。終わりがないんですけど、大きなハコに立ちたいと思っています。BiSの先輩たちは樹海を全裸で走って横浜アリーナに立ちました。私も全裸になる覚悟でこれからもがんばりたいと思います」

ゴ・ジーラ「私はライヴハウスが大好きで、音楽がすごく好きで、嫌なことがあっても大好きな音楽があって、その音楽に救われて、毎日よく「幸せそうやね」って言われるんですけど、本当に音楽に救われて毎日幸せに過ごしてきました。演者になった今、今度は私がみなさんを幸せにする番やと思っています。2018年の世界幸福度、世界で日本は何位か知っていますか? 54位なんですよ。それをBiSの力で世界幸福度を日本1位にしたいと思います。まずは日本中を、ゆくゆくは世界を幸せにできるよう精一杯がんばります。これからもBiSは何が起こるかわからないし、みんなを戸惑わせてしまうこともあるかもしれないんですけど、全部全部おもしろくしていきますので、これからもどうぞ応援よろしくおねがいします」

ペリ・ウブ「今日でこの5人のBiSは終わって、新メンバーが入って2つに分かれた新しいBiSがこれから始まります。BiSはこれからも何が起こるかわかりません。ですが、それがBiSです。今になっても本当に未来がわからないんですけど、せっかく分けられるので、分かれたメンバーには愛をもって戦いたいなと思います。1st2ndは同じBiSですが、まったく違った2つのグループです。私は2ndなんですが、なにが2ndだと思っています。なにも2ndではないですし、誰も2ndではないです。ですが、それがJリーグ方式です。私は2ndになりました。戦うからには負けたくないです。絶対に覆します。順位はつけられます。私は10人みんながオンリーワンになったときに、それを覆したと思えます。オンリーワンということは1位です。私はみんなが1位になれる、そのときまで戦い続けます。今日という日に、ここに集まってきてくれてありがとうございます。私は今日ここにみんなに来てもらって、会えて本当に嬉しいです。ありがとうございます」

キカ・フロント・フロンタール「私はBiSが大好きです。BiSの歌が、BiSのライヴが、BiSのメンバーが、そして研究員が大好きです。これからどんなBiSになったとしても、どんなBiSも私は大好きです。私はBiSの柱になりたいです。顔の白いキカがいるのがBiS。キカの太い歌声が聞こえるのがBiS。不器用で、あまのじゃくで、バカ真面目なキカがいるのがBiS。キカ=BiS。そんなふうになれるように、私はこれからもBiSを愛し続けます。たとえこの先、BiSのメンバーがどんなに増えて、お給料が減って(笑)白塗りの道具が買えなくて顔がボロボロになったとしても、私はBiSの歌を歌い続けていきます。今日は本当にありがとうございました」

大きな拍手の中、「ここからラストスパート。この5人のBiSを目に焼き付けてください」とキカが叫び、シングル曲を中心にさらなる盛り上がりを見せていった。「SOCiALiSM」ではパンが「今のBiSを眼に焼き付けろー!!」と叫び、「最後にBiSから胸いっぱいの愛を込めて」というパンのセリフを合図に「WHOLE LOTTA LOVE」を全力で歌い踊り本編は幕を閉じた。客席から起こった熱いアンコールに応えて再び登場した5人のメンバーたち。

「私たちは大きくなります。新メンバーを迎え、さらに最強なBiSになります。今日は本当にありがとうございました。今日、私たちがここで歌える曲はもう残り2曲です。最後まで楽しんでください」とペリが丁寧に語り、「BiSBiS」、そして「パプリカ」で、研究員とともにスクワットをして現体制でのワンマンは幕を閉じた。

最後、ライヴ終了を惜しむように研究員に向かって感謝の言葉を述べていくメンバーたち。中でも、パンが涙を流しながらも笑顔でいようとする姿が印象的だった。また、アンコールが終わった後も、5人を讃える拍手が長く続いていたことも記しておく。

6月2日(土)、石川・金沢AZより新メンバーを加え、BiS 1st、BiS 2ndとして活動をスタートさせていく。果たして、どのような活動をしていくのか、まだ誰も知らない未来が動き出す。

文:西澤裕郎
写真:外林健太

◼︎BiS「I don’t know what will happen TOUR」日程

2018年6月2日(土)石川:金沢AZ
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年6月3日(日)福井:福井CHOP
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年6月9日(土)鳥取:米子 AZTiC laughs
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年6月10日(日)島根:松江 AZTiC canova
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年6月16日(土)山形:酒田MUSIC FACTORY
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年6月17日(日)宮城:仙台CLUB JUNK BOX
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年6月23日(土)熊本:熊本B.9 V2
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年6月24日(日)大分:DRUM Be-0
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年6月30日(土)三重:松坂M’AXA
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年7月1日(日)岐阜:柳ヶ瀬ANTS
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年7月4日(水)東京:TSUTAYA O-WEST
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年7月7日(土)茨城:水戸ライトハウス
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年7月8日(日)栃木:HEAVEN’S ROCK 宇都宮 VJ-2
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年7月15日(日)富山:Soul POWER
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年7月16日(月・祝)新潟:CLUB RIVERST
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年7月21日(土)静岡:SUNASH
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年7月22日(日)愛知:名古屋CLUB QUATTRO
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年7月28日(土)京都:KYOTO MUSE
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年7月29日(日)滋賀:U★STONE
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30

◆チケット料金
【通常チケット】¥4,000(税込)
※学生キャッシュバックあり 公演当日に会場にて学生証提示で¥1,000キャッシュバックいたします。
通常チケット ¥4,000(税込)
受付URL:http://w.pia.jp/t/bis/

.

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。