【13/47】BiS、47都道府県ツアー福井編「BiS2ndのエモーショナルさ、BiS1stが作る新しい岐路」

BiS2nd

415日の沖縄公演を皮切りにはじまった、BiS47都道府県ライヴ・ツアー「I don’t know what will happen TOUR」。13箇所目となる福井公演が、201863日(日)、福井CHOPにて行われた。

前日の石川公演からJリーグ方式を採用し、BiS1stBiS2ndに分かれ活動がスタート。昼はBiS2nd、夜はBiS1stが、同会場、同セットリストでライヴを行った。

BiS2ndライヴ「はっきり言ってこの6人、めちゃくちゃ格好いいです」

1330分からライヴを行ったのは、ペリ・ウブ、アヤ・エイトプリンス、キカ・フロント・フロンタール、YUiNA EMPiRE、ムロパナコ 、ミュークラブの6人からなる「BiS2nd」。

gives」で幕を開け、4曲を披露したあと、自己紹介のコーナーへ。アヤがムロパナコに「世界で1番美しいのは誰?」と問いかけたり、キカが福井名物の越前蟹のメイクで登場してトークをしたり、ペリはいつも以上に「ぺぺぺぺ」というコールを力強く長く叫ぶなど、先輩3人に気合いが入っている様子が見えた。

アヤが「ところでキカちゃん、そろそろ担当なしとか辞めない?」とグループ内で唯一担当のないキカに問いかけるが「担当いる? 私が「みんなの○○とか(コール)したらキモくない?」とキカが返答。それでもアヤが押し切り「第2弾ツアーのうちに担当ができるようにキカちゃんはがんばりま~す!」と宣言し会場を沸かせた。

全員が汗だくになりながら新生BiSの楽曲を披露したあと、ミュークラブがMCを行なった。

ミュークラブ「なんと福井県は私の地元なんですけど(大きな歓声が起こる)、福井は美味しいものがたくさんあるし、人はめっちゃ優しいし、温泉も気持ちいいし、いいところがたくさんあって大好きな故郷なんですけど、そんな大好きな故郷を離れて、私は大好きなアイドルになることを選びました。デビューして2回目のライヴで自分の故郷に来ることはとても嬉しいんですけど、まだ出来上がっていない状態でもあるので、絶対にまた福井に戻ってこれるようにがんばります。これからも応援よろしくおねがいします」

そこからアンコールまで怒涛の勢いでライヴを行ったBiS2nd。前日の初お披露目での反省点と、BiS1stのライヴを見た反動にあってか、1日前とは別グループのように気合いの入ったライヴを見せた。その姿は、全員が合宿オーディションで合格を勝ち取ろうと直向きにパフォーマンスを行なっているような気合いの入ったものであった。新メンバーの3人だけでなく、キカ、ペリ、アヤの3人からも、全員が今この場所を悔いのないライヴにするんだという気持ちが伝わって来るエモーショナルなライヴだった。

アンコールで登場した6人。キカが「昨日からこの6人でBiS2ndとして活動をはじめました。まだ始まったばかりですが、はっきり言ってこの6人、BiS2nd、めちゃくちゃ格好いいです! 自信があります! この6人でツアーを回って、より格好いい最高のBiS2ndを作り上げます! BiS2nd突き進んでいきます」と力強く宣言し、新生BiSはじまりの楽曲「BiSBiS」、74日にリリースする新曲「Don’t miss it!!」、最後は「パプリカ」を研究員とともにスクワットしながら歌いきった。最後ペリが叫び、疲れが溜まりきっているにも関わらず、スクワットのスピードをアップし根性を見せて立てないくらいまでに出し切った姿が印象的だった。

BiS1stライヴ「BiSにとっての新しい岐路を作れたらなと思っております」

1930分からは、パン・ルナリーフィ、ゴ・ジーラ、ネル・ネール、トリアエズ・ハナの4人からなる「BiS1st」が初ライヴを行った。

日曜日の夜ということもあって、BiS2ndのライヴに比べて研究員の数も少なめではあったものの、ライヴが進んで行くにつれ、そんなことをまったく感じさせない、むしろ大きな会場にいると錯覚するようなダイナミックさ溢れるライヴを見せた。

途中ゴ・ジーラがMCを行なった。

BiSは昨日から新体制になり、パン・ルナリーフィ、ゴ・ジーラに新メンバー、トリアエズ・ハナとネル・ネールを加えた4人組で、BiS1stとして活動をしています。ずっと一緒にやってきたパンはもちろんなんですけど、ハナもネルもすごい努力家で、人数は少ないんですけど頼もしいメンバーになったと思っています。一緒にライヴができて楽しいし嬉しいなって思っています。私たちこの4人のBiS1stは活動がはじまる前に、辞退とか脱退とかネガティブなニュースが続きました。ですが、活動がはじまった今、これからはポジティブなニュースでいっぱいにしたいと思っています。私たちこの4人、絶対格好よく、おもしろいグループにしていきます。ですので、これからも暖かい応援、どうぞよろしくおねがいします」

前日のお披露目ライヴを見て、筆者は「5月までのBiSとはパラレルワールドを行くような初々しさと華々しさ、ここから何かが始まっていく期待感に満ちた空気」を感じたと書いた。もしかしたらそれは最初だから感じただけかもしれないと2回目のライヴを見たのだが、その感覚は間違っていなかったと思わされた。メンバーは4人と少ないし、十分な練習はできていない、フォーメーションが揃わなかったり、歌割りを忘れてしまう部分など完璧ではまったくない。なのに4人とも堂々と、自分が見せられるすすべてを表現しようとしている姿勢が、これまでの新生BiSにはなかったフレッシュさとエネルギーを生み出していた。

アンコールのMCは、新メンバーのネル・ネールとトリアエズ・ハナが行なった。

ネル・ネール「私はダイナマイト担当なんですが、BiSの起爆剤のような存在になれたらと思いまして決めました。ダイナマイトで山を破壊してトンネルを作るように、私もBiSにとっての新しい岐路を作れたらなと思っております。この4人で活動しはじめたのはわりと最近のことなんですけど、たしかに人数は少ないかもしれないんですけど、それぞれ魅力的な人たちで、2ndにも他のグループにも絶対に負けていないと思うんです。この4人でどんどん突き進んでまいりたいと思っていますので、よろしくおねがいいたします」

トリアエズ・ハナ「私はいまのこの4人のBiS1stを伝説にしたいです。この4人の1stが最強だなって言わせたいです。2ndよりも2人少ないんですけど、この4人、絶対に勝っています。だから勝てると思うのでリーグ制ではありますが、この4人でずっと1stとして活動したいし、この4人の1stBiSを永遠に引っ張り続けたいです。これからも応援よろしくおねがいします」

そして「BiSBiS」、74日発売の新曲「Don’t miss it!!」を披露すると、最後の「パプリカ」では、研究員たちが肩を組んで、BiS1stのメンバーに触発されるようにスクワットを行なった。それ以上にステージ上の4人は熱く、ステージ最前で研究員の手を掴みながらスクワットをやりきった。その様子は、ここで何か起こっていると感じさせるような、ワクワクさせられるものだった。

同じステージで同じ曲をやっていても、まったく違う色を見せている「BiS1st」と「BiS2nd」。ライヴを重ねるなかで、それぞれどのようなグループを作り上げるのだろうか。まだ誰も知らない道を彼女たちは歩み始めたばかりだ。

次のツアー公演は、6月9日(土)、鳥取、米子 AZTiC laughsにて行われる。

取材&文:西澤裕郎
写真:外林健太

◼︎BiS「I don’t know what will happen TOUR」日程

2018年6月9日(土)鳥取:米子 AZTiC laughs
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年6月10日(日)島根:松江 AZTiC canova
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年6月16日(土)山形:酒田MUSIC FACTORY
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年6月17日(日)宮城:仙台CLUB JUNK BOX
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年6月23日(土)熊本:熊本B.9 V2
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年6月24日(日)大分:DRUM Be-0
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年6月30日(土)三重:松坂M’AXA
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年7月1日(日)岐阜:柳ヶ瀬ANTS
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年7月4日(水)東京:TSUTAYA O-WEST
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年7月7日(土)茨城:水戸ライトハウス
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年7月8日(日)栃木:HEAVEN’S ROCK 宇都宮 VJ-2
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年7月15日(日)富山:Soul POWER
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年7月16日(月・祝)新潟:CLUB RIVERST
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年7月21日(土)静岡:SUNASH
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年7月22日(日)愛知:名古屋CLUB QUATTRO
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年7月28日(土)京都:KYOTO MUSE
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年7月29日(日)滋賀:U★STONE
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30

◆チケット料金
【通常チケット】¥4,000(税込)
※学生キャッシュバックあり 公演当日に会場にて学生証提示で¥1,000キャッシュバックいたします。
通常チケット ¥4,000(税込)
受付URL:http://w.pia.jp/t/bis/

.

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。