【レポート】BILLIE IDLE、プー・ルイ電撃加入お披露目BLITZ公演「この5人で突き進んでいきたい」

2018年6月6()BILLIE IDLEのワンマン・ライヴ「BILLIE IDLE® live show WELCOME TO BILLIE IDLE®」が、マイナビBLITZ赤坂にて開催された。

このワンマンは、元BiSメンバーであるプー・ルイが加入し5人体制になったBILLIE IDLEのお披露目ライヴということもあり、発表から3週間強にも関わらず、会場を埋め尽くすファンが訪れた。

ライヴ後半には、7月より全国7ヶ所を回るツアー『BILLIed IDLE TOUR 2.0』の開催、7月4日にはプー・ルイを含むメンバーが新録を施したベスト盤とカバー・アルバムをカップリングしたCDがリリースされることが明らかにされた。

本ページではライヴの様子をレポートする。


関東地方も梅雨入りが発表された6月6日。小雨が降る中、マイナビBLITZ赤坂には多くのファンたちが列をなして開場を待っていた。

512日に代官山UNITで開催された「P.S.R.I.P. TOUR」のファイナル公演のダブルアンコールで突如プー・ルイが登場、BILLIE IDLEへの電撃加入が発表された。その記念すべきお披露目ライヴということもあり、大きな注目が集まった。

1910分頃、客電が落ち大きな歓声が起こる中、ステージに現れたのはDDTプロレスリング / 松竹芸能所属の覆面レスラー、スーパー・ササダンゴ・マシンだった。

垂直落下式リーマンショックとともに彼の必殺技であるパワーポイントを使ったプレゼンテーションで、「開演前の諸注意と今後の成長戦略についてプレゼンテーション」を行ない会場を沸かせた。「BILLIE IDLEのライヴをもっと盛り上げたい」というテーマで、プー・ルイが入ることのメリットとデメリットをコミカルに説明。

「今日から5人体制になるBILLIE IDLE。今いる4人が変わるのか、それともプー・ルイが変わるのか、BILLIE IDLE自体が変わるのか?」という本質を突いた言葉も飛び出し、ライヴへの期待が高まった。

再び暗転し雷音が鳴り響く中、激しいギターリフで始まる聖飢魔IIのカバー楽曲「FIRE AFTER FIRE」が流れ、白をベースにした新衣装に身を包んだファーストサマーウイカ、ヒラノノゾミ、モモセモモ、アキラの4人がステージに登場した。

敵と戦うような振り付けで4人がやられそうになったあと、会場後方を指差すと、そこにはスーパー・ササダンゴ・マシンに担がれたプー・ルイの姿が。大きな歓声が起こる中、プー・ルイはスーパー・ササダンゴ・マシンとともに客席をうねるように練り歩きステージに到着。ヒラノからマイクを受け取ったプー・ルイは、長い間奏のあとのパートを歌い、5人体制のBILLIE IDLEが揃った。

「これが新しいBILLIE IDLE! いくぞブリッツーーー!」とウイカが叫び、「MY WAY」へ。「PET」「泣きそうサンデー」と続けて3曲を披露した。

「ついにやってまいりました、赤坂BLITZ。あっという間でございました。プー・ルイのお披露目発表の5月12日から1ヶ月ない状態で発表された6月6日赤坂BLITZ。たくさんの人の来ていただきました。ありがとうございます」とウイカがMCをし、自己紹介へ。

BILLIE IDLEのひと夏の経験担当、ファーストサマーウイカです」
「ビジネスマイペース担当、ヒラノノゾミです」
「適当人間担当、モモセモモです」
「みんなの親戚担当、アキラです」

4人が自己紹介をした後、「大型新人、プー・ルイです」と自ら挨拶し、歓声と笑いを誘った。

ウイカが「この5人で、BILLIE IDLEBILLIE IDLE史上最も歴史に残る、そしてみなさんの中の歴史にもっとも残るライヴにしたいと思います。歴史に刻む記念すべき曲となるでしょう」と語り、「7月4日に発売されるベストアルバムのリード曲です」とヒラノがタイトルコールをし「時の旅人」へ。

アキラが「こんなにたくさんの仲間が集まった。目指すは私たちの星オツモ星! 準備完了、オツモ号発進。迷わずいけよ、いけばわかるさ」とアントニオ猪木のモノマネをするも、ウイカから「本家、そんなんじゃなくない?」とダメ出しをされ、気合いを入れたモノマネをして「ふられ気分でROCK’N”ROLL」へ。

続いてモモセモモ&アキラの姉妹による「エンドロール($I$ Edition)」、そして元BiSメンバー3人による「どうせ消えてしまう命なら…(BI$ Edition)」が披露された。

ヒラノノゾミ作詞、松隈ケンタ作曲による「どうせ消えてしまう命なら」は旧BiSを思わせるようなアレンジの楽曲で、ヒラノノゾミ、ファーストサマーウイカ、カミヤサキ、テンテンコ、ミチバヤシリオの旧BiSメンバーで歌われたMVが公開されているが、プー・ルイが入って歌うのは特別な瞬間。ヒラノのコーラスがプー・ルイの歌声と重なり、かつてのBiSを思い起こした人は少なくなかったことだろう。

be-bop tu-tu」「ジャッキーの大冒険」「彼方に」と一気に盛り上げ、本編は終了。当然のように起こるアンコールに登場した5人は「さよならロマンティック」「P.S.R.I.P.」の2曲を歌い再びステージを後にした。

それでも帰る人の姿は見えず、ダブルアンコールが巻き起こる。しばらく拍手が続いたのち、5人がステージに再登場した。

ウイカ「(プー・ルイとは前に)同じグループで活動していて、そのグループが解散したあと、私とのんちゃんが、プロデューサーのNIGOさんと渡辺(淳之介)さんと一緒にBILLIE IDLEを立ち上げて、4年目に入りました。その間、プー・ルイはたくさん「時の旅人」をされていて(笑)」

プー・ルイ「時の旅人をして、やっと辿り着いた感じがあります。私、無駄にキャリアがあるから、受け入れにくいと思うんですよ。新メンバーとして入るにはBILLIE IDLEしか受け入れてくれないだろうなって(笑)」

ウイカ「アキラッティとモモセモモは姉妹で、モモセモモはBILLIE IDLEの初期メンバーで立ち上げからいるんですけど、アキラッティは妹だとことで途中から長野から引っ張り出されてきたんですけど(笑)。初の後輩ができたけど、こういうの1番いやだよね? 会社でも中途採用とかでキャリアバリバリの人が入ってきて、やりづらいとかあるよな」

アキラ「いやいや、たくさん学ぶことがあって… すごく勉強になるなって。だからこれからよろしくおねがいします」

プー・ルイ「1回下北沢シェルターでワンナイトで加入したライヴ(2017年10月24日、下北沢SHELTERにて開催されたイベント「オツモレコード presents BILLIE IDOL」。ウイカが舞台出演により欠席。プー・ルイ、カミヤサキが出演した)があって。そのときのライヴがあったからすごくやりたいなと思った」

モモセモモ「私たちも違和感なかった。最初から5人だったみたい。やっと来たね」

ウイカ「でも今回、私が1番びっくりした。今回の加入に関して知らなかった」

プー・ルイ「(元BiSメンバーで集まって)お鍋をしたときがあるんですけど、そのとき「やめたあと何するの?」って言われて「YouTuberやる」って言いました(笑)」

ヒラノ「私もルイちゃんに何も言わずにBILLIE IDLEを始めているから、同じ感じだなって(笑)」

プー・ルイ「じゃあ、おアイコだね。水に流そう」

和やかなトークを経て「これからもたくさん、5人になったBILLIE IDLEで会いに行けたらいいなと思って伝えたいことがあります」と、5人体制初の全国7ヶ所を回るツアー『BILLIed IDLE TOUR 2.0』を発表。

「これからもBILLIE IDLEはこの5人で突き進んでいきたいと思います。みなさんついて来てくれますか? 本当に本当に今日はありがとうございました。新しいBILLIE IDLEで最後の曲です」とウイカが感謝を述べ、全員でタイトルコールをし「be my boy」を披露して、5人体制初のワンマンは幕を閉じた。

オープニングでスーパー・ササダンゴ・マシンが投げかけた「今日から5人体制になるBILLIE IDLE。今いる4人が変わるのか、それともプー・ルイが変わるのか、BILLIE IDLE自体が変わるのか?」。

それは、これから回るツアーを経て徐々に見えてくることであろう。その変化が楽しみになるような5人のお披露目ライヴだった。

取材&文:西澤裕郎
写真提供:オツモレコード


BILLIE IDLE® live show WELCOME TO BILLIE IDLE®
201866日(水)マイナビBLITZ赤坂

セットリスト
1. FIRE AFTER FIRE
2. MY WAY
3. PET
4. 泣きそうサンデー
5. 時の旅人
6. ふられ気分でROCK’N”ROLL
7. エンドロール($I$ Edition)
8. どうせ消えてしまう命なら…(BI$ Edition)
9. be-bop tu-tu
10. ジャッキーの大冒険
11. 彼方に
EN1. さよならロマンティック
EN2. P.S.R.I.P.
WEN. be my boy

■ツアー詳細
BILLIE IDLE BILLIed IDLE TOUR 2.0
2018年7月15日(日)埼玉県 さいたま HEVEN’S ROCKさいたま新都心VJ-3
2018年7月21日(土)北海道 札幌 COLONY
2018年7月28日(土)大阪府 大阪 2ndLINE
2018年7月29日(日)愛知県 名古屋 ell.SIZE
2018年8月4日(土)福岡県 福岡 DRUM SON
2018年8月12日(日)宮城県 仙台 enn2nd
2018年8月18(土)東京都 代官山 UNIT

・チケットFC先行
6/7(木)~

・チケット一般発売日
6/30(土)~

お問い合わせ SOGO TOKYO 03-3405-9999
主催 / 企画:オツモレコード

詳細
http://www.billieidle.com/posts/4324697

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。