チャーチズ、水曜日のカンパネラをフィーチャリングした新曲MV公開

Credit : 横山マサト

チャーチズが、水曜日のカンパネラをフィーチャリングした新曲「Out Of My Head feat. 水曜日のカンパネラ」をリリースした。

この楽曲は、今年5月にリリースされた新作『ラヴ・イズ・デッド』のレコーディングと同時期に制作され、チャーチズが水曜日のカンパネラにフィーチャリングのオファーをしたもの。

チャーチズのローレン・メイベリーと水曜日のカンパネラのコムアイは楽曲について以下のようにコメント。

「私たちチャーチズにとって日本は常に特別な場所であり続けていて、そんな日本のファンに向けてこの特別な楽曲を届けられることをとても嬉しく思います。コムアイさんは力強く個性的な声を持っていて、彼女の一個人としての立ち振る舞いを私はとても尊敬しています。そんな彼女が、楽曲のコラボレーションを引き受けてくれて大変光栄に思います」(ローレン・メイベリー)

「チャーチズのローレンから、強い気持ち、怒りをぶつけてくれ! と言われていたのですが、いま25歳で、周りの環境も整ってきて、怒りで泣きそうになることじたい、少なくなったなと思います。ただ、自由を手に入れたはずなのに、まだ世界を変えられない、人生に安心はできない、宙ぶらりんな自分とこの時代に、喝を入れたい気がして、書いてみました。川崎とグラスゴー、忌野清志郎とデヴィッド・ボウイ、枝豆とフィッシュ&チップス」(コムアイ)

また、MVも公開。監督は、アニメーション作家の山元隼一(ポプテピピック、ニンジャバットマン)を、アートディレクターは、今津良樹(Ringing City、モフモフィクション)が務めている。

新曲「Out Of My Head feat. 水曜日のカンパネラ」を収録した『ラヴ・イズ・デッド』の日本盤デラックス・エディションは9月にリリースされる予定。(西澤裕郎)


■リリース情報


CHVRCHES(チャーチズ)「Out Of My Head feat. 水曜日のカンパネラ」
レーベル : Hostess
※日本盤デラックスエディションは9月リリース予定。新曲「Out Of My Head feat. 水曜日のカンパネラ」を収録した『ラヴ・イズ・デッド』の日本盤デラックス・エディションは9月にリリース予定。詳細は後日発表となりますのでご期待下さい。

※新曲「Out Of My Head feat. 水曜日のカンパネラ」絶賛配信中!
リンク: http://smarturl.it/nds2if

新作『ラヴ・イズ・デッド』配信中!
リンク: http://smarturl.it/kuzdre

CHVRCHES
グラスゴー出身のローレン・メイベリー(Vo)、マーティン・ドハーティ(Key,Vo)、イアン・クック(Key,B,Vo)で結成した3人組 バンド。注目新人を選ぶBBCサウンド・オブ・2013で5位を獲得。レーベル契約前からネットを中心に人気が爆発。2013年3月、配信と12 インチシングルで『リカヴァーEP』を発表。同月に出演した米テキサス州オースティンで行なわれた世界最大の音楽コンベンションSXSWでは、会場に詰めかけたオーディエンスと音楽関係者で超満員となった。海外ではデペッシュ・モード、トゥー・ドア・シネマ・クラブのサポートを務めた。同年7月、日本独自企画盤『EP』で日本デビュー。8月にはサマソニで初来日を果たし話題をさらった。9月、待望のデビュー・アルバム『ザ・ボーンズ・オブ・ワット・ユー・ビリーヴ』をリリース。全英チャート初登場9位(10/5付)、全米チャート12位(インディー1位)(10/12付) を記録した。2014年2月にはHostess Club Weekenderに加え東京と大阪で単独公演を行った。2015年9月にセカンド・アルバム『エヴリ・オープン・アイ』を発表。2016年2月に一夜限りの東京公演で再来日を果たした。2018年2月に新曲「Get Out」を公開、アデルやベックを手がけたグレッグ・カースティンをタッグを組み新作『ラヴ・イズ・デッド』を5月25日(金)にリリースした。7月にはフジロックフェスティバルでホワイトステージのヘッドライナーを務めた。

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。