【30/47】BiS、47都道府県ツアー秋田編「戻ることはできないけど、記憶に残すことはできます」

4月15日の沖縄公演を皮切りにはじまった、BiSの47都道府県ライヴ・ツアー「I don’t know what will happen TOUR」。秋田公演が、2018年8月18日(土)、LIVE SPOT 2000にて行われた。

6月2日の石川公演から採用された「Jリーグ方式」に則り、昼はBiS2nd、夜はBiS1stが、同会場でライヴを行った。

■BiS2nd「いまのBiS2ndを大切にします」

1330分から、ペリ・ウブ、アヤ・エイトプリンス、キカ・フロント・フロンタール、YUiNA EMPiRE、ムロパナコ 、ミュークラブの6人からなる「BiS2nd」がライヴを行った。

gives」でスタートし、4曲を歌いきると自己紹介へ。山形県出身のキカは、秋田県一円で活躍しているローカルヒーロー「超神ネイガー」のホジナシ怪人のメイクをして登場、ミュークラブは前回の東京公演に引き続き、イケメン風の喋り方で自己紹介を行い会場を盛り上げた。

そしてアヤが「I’m teacher. Repeat after me.」と英語で発音すると、秋田県にちなんだ単語を英語風にリピートさせていった。「きりたんぽ」「いぶりがっこ」「ハタハタ」「超神ネイガー」「なまはげ」、そして最後に「My lxxx」と放ち、同楽曲へ。中盤を一気に駆け抜け、キカがMCを行なった。

キカ・フロント・フロンタール「私ごとなんですけど、キカ・フロント・フロンタール、出身が山形県、お隣の県なんですよ。でもって、山形の中でも県北の、本当に秋田からものの10分くらいのところに住んでいました。あと母が実家が秋田県なので、本当に幼い頃から秋田に来ていて、私にとって第二の故郷です。だから今日ここで秋田のみなさんに会うことができて本当に嬉しいです。感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。こうやってBiSが全国ツアーを回れるのは、各地方で、秋田で、待ってくれていたみんなのおかげです。感謝してもしきれないくらいありがとうという気持ちでいっぱいです。ありがとう。私たちBiSは、こうやってライヴハウスで一緒に過ごせる時間で歌と踊りで全身全霊歌って踊って、みなさんにパワーを、明日もがんばろうと思えるような力を与えられたらいいなと思ってやっています。私たちも全力でぶつかるから、みなさんも全力でぶつかってきてください。一緒に過ごせる時間は限られています。どうか心の底から最後まで楽しんでいってください。ここからラストスパートです。最後まで一緒に楽しみましょう!」

そして「ミステリアスホール」、最新シングル『Don’t miss it!!』のカップリング曲「TIME OVER」、シングル曲を連発し熱狂の中で本編を終えた。アンコールに応えて6人が再登場すると、ミュークラブがMCを行った。

ミュークラブ「このBiS2nd、キカ、ミュー、ペリ、アヤ、パナコ、YUiNAで活動できるのも残り少しになってしまっています。なので最近とても時間が過ぎるのが早くて、毎日が怖いです。このライヴの時間も、みんなで過ごした時間ももう戻ることはないです。私たちは戻ることはできないけど、記憶に残すことはできます。だから、みんながつらいときも、そのライヴのこととか、BiSのことを思い出して、悲しみとかも飛ばして、がんばってくれたらと思います。みんなにはBiSがついているし、みんなにもBiSがついています(会場どよめき)。今日という時間は今日しかなくて、このいま今日という時間はいましかなくて、本当にその時間は戻ることはないから一瞬一瞬を大切にしていきたいです。いまのBiS2ndを大切にします。見逃さないでください」

そして「Don’t miss it!!」、BiSはじまりの曲「BiSBiS」をパフォーマンスし、BiS2ndのライヴは幕を閉じた。

■BiS1st「誰がどこにいっても、絶対に楽しい格好いいBiSがいい」

photo by ペリ・ウブ

1930分から、パン・ルナリーフィ、ゴ・ジーラ、ネル・ネール、トリアエズ・ハナの4人からなる「BiS1st」がライヴを行った。

4人がステージに登場し「新生アイドル研究会BiSです、「gives」」とタイトルコールをするが、思いがけず「BiSBiS」のイントロが流れた。ゴ・ジーラが「イワヤさん、ストップです! それは後のお楽しみ! もう1回やりましょう」と1回ステージ裏に戻り「今日のPAはイワヤさん、照明はタケバさんです。拍手どうぞ!」と会場を仕切り直して盛り上げ、「gives」からライヴがスタートした。

3曲目「CHANGE the WORLD」の落ちサビでは、この日誕生日のパン・ルナリーフィを祝い、研究員がサイリウムを光らせてお祝いした。

自己紹介では、ネルが「ハッピーバースデイ」を歌い出し、メンバーと研究員とともにパンをお祝いした。その後、ネルが秋田文学資料館で読んだ「ごんぎつね」が昔の話でも何十年経っても感動を与えてくれるものだったことを話し、自分たちも何年たっても愛される存在になりたいと語った。

そして「My lxxx」、新旧BiSの楽曲を織り交ぜたパフォーマンスをし一層の盛り上がりを経て、パンがMCを行なった。

パン・ルナリーフィ「私はずっと18歳なので18年前の8月18日に生まれました。自分の評価では、人並みより下くらいの人生を歩んできて、BiSに入って活動しているわけなんですけど、BiSになれるのは宇宙中どこを探しても10人しかいません。だからBiSじゃなきゃできないことをやりたくて、BiSを見にきてくれるみんなに笑顔とか元気、勇気、希望を与えたり、つらいことがあっても一瞬一瞬を共有して全部を忘れて、たくさん幸せにしたいと思ってステージに立っています。BiSに入って1年間たって、今では私の生活の中心がBiSです。人生の中での絶頂期が絶対にBiSにいる期間です。みんなにとっても人生の絶頂期にしたいと思っています。だから、私はもっともっとBiSというグループで大きくなって、倍速で成長して、もっと素敵なステージにみんなを連れて行きたい。(涙を我慢する)いつかそうなりたいとかじゃなくて、本当に確実に実現したいんです。みんなをすごく綺麗な場所に連れていくのを。だから、この10人でがんばって踏ん張って、たくさん突き進んで、日本中のみんなをBiSを好きになってもらえるように私たちは突っ走っていきます。今日このライヴを見たことを、全員に自慢できるようなライヴに後半戦ももっともっと盛り上げていくので、いまの私たちをずっとずっと見てついてきてください。来年は、もっともっとたくさんの人と盛り上げていきましょう。まだまだ後半戦盛り上がっていけますか? もっともっと盛り上がって行きましょう!」

その想いを込めて「ミステリアスホール」、「primal.」、シングル曲を中心とした楽曲で本編は終了した。アンコールに応え、再びステージに登場した4人。ハナがMCを行った。

photo by ペリ・ウブ

トリアエズ・ハナ「私たちBiS1st、私は最初のほうのライヴのMCで、このBiS1stの4人を伝説にしたいって言ったんですよ。それは前の5人体制のとき、その体制を伝説にしたいって言っているのを聞いて、それを超えるぞと思って言いました。そのあといろいろ考えて、超えるってなんだろうって思ったんですよ。なにをもってして超えるのかわからないと思って。その評価は見ているみなさんの中にもあるわけじゃないですか? いろいろな人がいるから、いろいろな評価があるから、超えるっていうのはわからないなと思いまして。BiSって歴史がめちゃめちゃあるグループで、いろいろな時代があるわけですけど、超えるとかじゃないというか……」

ゴ・ジーラ「私個人的な意見としては。超えるっていうより作り上げるっていう」

トリアエズ・ハナ「そう、それ! それです。それが言いたかったんだ。各々の時代に各々のよさがあって、超えるっていうのはよりよくするって意味かなと思ったけど、それだと違うというか。メンバーが1人違えばパフォーマンスは全然変わるし、だから4人のライヴを作り上げたいなと思ってライヴをしていて。今のBiSは4人でも6人でもなくて10人だから、どっちのライヴを見ても、誰がどこにいっても、絶対に楽しい格好いいBiSがいいと思いませんか? (拍手)だからそうなれるように1人1人がもっともっとがんばるので、全部全部全部見逃さないでついてきてください」

photo by ペリ・ウブ

そして一層の気持ちを込めて、新曲「Don’t miss it!!」、BiSはじまりの曲「BiSBiS」を披露し、BiS1stの秋田公演は幕を閉じた。

文:西澤裕郎
写真:外林健太、ペリ・ウブ

◼︎BiS「I don’t know what will happen TOUR」日程

2018年8月19日(日)青森:SUBLIME
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年8月25日(土)高知:X-pt.
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年8月26日(日)徳島:club GRIND HOUSE
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年9月2日(日)岡山:エビスヤプロ
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年9月8日(土)大阪:umeda TRAD
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年9月9日(日)兵庫:神戸VARIT.
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年9月15日(土)山口:LIVE rise SHUNAN
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年9月16日(日)福岡:DRUM Be-1
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年9月17日(月)広島:SECOND CRUTCH
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年9月29日(土)福島:郡山HIP SHOT JAPAN
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年9月30日(日)岩手:盛岡Club Change WAVE
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年10月6日(土) 愛媛:松山W studio RED
[2nd] OPEN12:30/START13:30  [1st]18:30/START19:30
2018年10月7日(日) 香川:高松DIME
[2nd] OPEN12:30/START13:30  [1st]18:30/START19:30
2018年10月11日(木) 東京:渋谷CLUB QUATTRO
[2nd] OPEN12:30/START13:30  [1st]18:30/START19:30
2018年10月20日(土) 長崎:DRUM Be-7
[2nd] OPEN12:30/START13:30  [1st]18:30/START19:30
2018年10月21日(日) 佐賀:ROCK RIDE
[2nd] OPEN12:30/START13:30  [1st]18:30/START19:30
2018年10月27日(土) 長野:松本ALECX
[2nd] OPEN12:30/START13:30  [1st]18:30/START19:30
2018年10月28日(日) 山梨:甲府KAZOO HALL
[2nd] OPEN12:30/START13:30  [1st]18:30/START19:30
2018年11月3日(土) 北海道:cube garden
[2nd] OPEN12:30/START13:30  [1st]18:30/START19:30
2018年11月4日(日) 北海道:cube garden
[2nd] OPEN12:30/START13:30  [1st]18:30/START19:30
2018年11月10日(土) 福岡:DRUM LOGOS
[2nd] OPEN12:30/START13:30  [1st]18:30/START19:30
2018年11月17日(土) 愛知:ボトムライン
[2nd] OPEN12:30/START13:30  [1st]18:30/START19:30
2018年11月24日(土) 宮城:Rensa
[2nd] OPEN12:30/START13:30  [1st]18:30/START19:30
2018年12月2日(日) 広島:CLUB QUATTRO
[2nd] OPEN12:30/START13:30  [1st]18:30/START19:30

◆チケット料金
【通常チケット】¥4,000(税込)
※学生キャッシュバックあり 公演当日に会場にて学生証提示で¥1,000キャッシュバックいたします。
通常チケット ¥4,000(税込)
受付URL:http://w.pia.jp/t/bis/

あわせて読みたい