マキタスポーツが“越境”しながら考えたこと、TV Bros.での連載が書籍化

マキタスポーツによる書籍『越境芸人』が9月22日(土)に発売される。

同書は、マキタスポーツが「TV Bros.」でおよそ8年にわたって連載してきたコラムを書籍化したもの。

芸人、俳優、ミュージシャン、文筆家と、業界を超え、ジャンルを横断しながら活躍してきたマキタスポーツが、芸能生活20年で“越境”しながら考えたことが綴られた、マキタ式“第三の思考法”にして斜め上の日本人論。

また本書の発売を記念したトークショーとサイン会が、9月28日(金)にブックファースト新宿店で開催される。あわせてチェックしておこう。(西澤裕郎)

■著者コメント
子供の頃からジャンルに帰属するのが不得手でした。クラスであり、部活であり、職場、さらに、「音楽」にも「お笑い」にも。結局、越境するしか方法がなかった。僕の生き方が嫌いな人は、僕を「器用貧乏」と呼びます。でも、それは違います。僕は越境することで生き延びてるんです。これは僕の日々の越境方法の記録です。越境する思考は、ジャンルや、組織に埋没せず、 かすめ取られず生きられます。一億総表現時代に迷ってるあなた、ぜひご一読を!


■商品情報


『越境芸人』マキタスポーツ/著
発売日 : 2018年9月22日(土)
定価 : 本体 1,300円+税
仕様 : 四六判、 ソフトカバー、 256ページ
発行 : 東京ニュース通信社
発売 : 徳間書店
全国の書店、ネット書店、TOKYO NEWS magazine&mook(http://zasshi.tv/)にてご購入いただけます。

■トークショー&サイン会
2018年9月28日(金)ブックファースト新宿店 地下2階Fゾーン イベントスペース
時間 : 19:00~
イベント内容の詳細、お申込み方法については、下記をご確認ください。
http://www.book1st.net/event_fair/event/

あわせて読みたい