WACKを揺るがすかもしれない8人の女の子たち──アイドル育成プロジェクト“WAgg”初インタビュー

BiS、BiSH、GANG PARADE、EMPiREのマネジメントを行う株式会社WACKが手がけるアイドル育成プロジェクト『WAgg』がいよいよ始動する。

先日、BiSHの初期アーティスト写真を彷彿させる目を黒く塗りつぶした8人の写真画像と、メンバーそれぞれのTwitterアカウントが公開され、現在はBiS、BiSH、GANG PARADE、EMPiREの先輩メンバーから各グループの楽曲のレッスンを受け、ひたすら練習しているという。

WAggとして活動しつつ、「その後の進路はBiSに行ったり、BiSHに行ったりとか色々考えます」とアナウンスされていただけあり、将来、大きく羽ばたいていく可能性に満ちた8人。

9月9日、TSUTAYA O-WESTにてお披露目ライヴが開催され、いきなり東名阪仙4箇所での公演を行う。8人は果たしてどのようなデビューを飾るのか? 記念すべき初インタビューをお届けする。

インタヴュー&文:西澤裕郎
写真:外林健太


WACKみたいな格好いい曲を歌って踊りたい

──先日、黒目のアーティスト写真とTwitterアカウントが公開されました。そして、これが初めてのインタビューとなります。最初に名前と、好きなWACKグループ、オーディションを受けた理由を教えてください。

アンズピア : アンズピアです。

アンズピア

アンズピア : BiSHさんの「オーケストラ」を聴いて、出だしの〈見上げた〉ってチッチさんの歌声に惚れました。そこからBiSHさんの曲を聴いたり、Twitterを見たりしていくうちに、他の所属アイドルがいることと、WACKという事務所を知りました。今年BiSHさんが横浜アリーナワンマンをやっているのを見て、BiSHさんを超えられるようになりたいと思って応募しました。

──続いて、「あい」さん……?

愛:愛って漢字を書いて「ラブ」と言います。好きなグループはBiSHです。家にずっといて暇だったので受けました……。あと、ヒップホップダンスをやっていたことがあるので、WAggで振り付けをしてみたいです。

──続いて、どうぞ。

ウタウウタ:ウタウウタです。旧BiSが好きです。WACKを受けた理由は……(言葉に詰まる)。

ウタウウタ

──ウタさんは、今年の合宿オーディションに参加していましたよね? 

ウタウウタ:(涙を流す)

──いまの涙はどういう気持ちの涙なんでしょう?

ウタウウタ:……(小さく首をかしげる)。

──ちょっとわからないかな? 1回落ち着いてからまた聞きますね。続いてお願いします。

マリン・バ:マリン・バです!

マリン・バ

マリン・バ:アイドル全般が好きで、BiSHさんやBiSさんのことも知っていたんですけど、カミヤサキさんとアヤ・エイトプリンスさんがレンタルトレードしていたときにBiSの「SOCiALiSM」とか「I can’t say NO!!!!!!!」を聴いてBiSにはまりました。そこからWACKの中でBiSが1番好きです。さっきサキさんに会ってレッスンしてもらったんですけど、全然しゃべれなくてちょっと落ち込んでいます……。

──それくらい緊張したんですね(笑)。どうしてオーディションを受けようと思ったんでしょう。

マリン・バ:将来、アイドルのプロデューサーになりたいと思ってオーディションを受けました。もともとそういう気持ちが強かったんですけど、指原(莉乃)さんが=LOVEをプロデュースしはじめたのを見て、こういう方法もあるのか! と思って。今自分はオーディションに受かったばかりで、選ばれる側の立場なんですけど、いつか選ぶ側の人間になりたいと思っています。

──続いてどうぞ。

ナルハワールド

ナルハワールド:ナルハワールドです。BiSHが好きです。ライヴの映像がすごく格好よくて衝撃を受けました。WAggのオーディションを受けたのは、BiSHさんにすごくはまっていたときにTwitterで募集をみつけたのがきっかけです。もし自分がWACKに入れたら、やったことないような活動ができるし、やりたいと思って受けました。

──日々を変えたいという気持ちがあったんですね。続いて、どうぞ。

サアヤイト

サアヤイト:サアヤイトです。好きなグループはEMPiREです。最初顔を隠していたのを見て気になってハマっていきました。そこからWACKのことを調べていったら、ハードなこととか面白いことをしている事務所なんだと思って。渡辺淳之介さんにプロデュースされたらどんなことができるんだろうと思って、ワクワクして受けました。WACKだけに……。

一同:(静寂)

──みんな静まりすぎじゃないですか(笑)?

一同:(笑)

──続いてお願いします。

ハナエモンスター:ハナエモンスターです。

ハナエモンスター

ハナエモンスター:小学6年生の頃からあだ名がハナエモンで、それを渡辺さんに言ったらこの名前に決まりました。今1番好きなグループはBiSHです。表現力がすごくて、泣かせる曲とか盛り上げる曲とか、曲によって違うじゃないですか? それが憧れでもあるし本当に大好きです。小さい時からミニモニとかアイドルが好きで、小学4年生でAKBにはまったりしていたんですけど、お父さんが旧BiSのライヴにたまに行っていて、「Fly」を聴いて衝撃を受けたんです。旧BiSを知ったころには解散しちゃっていて、その後にBiSHを知ったんですけど、自分がアイドルになるなら、キャピキャピしたアイドル曲よりも、WACKみたいな格好いい曲を歌って踊りたいなと思ってWACKのオーディションを受けました。

──続いてお願いします。

ウルウ・ル

ウルウ・ル:ウルウ・ルです。私は普段あまり泣かなくて。卒業式とかそういうときに泣かないというか。それもあるし、覚えやすいかなと思ってこの名前にしたんですけど…… ちょっとよくわからないんですけど。

一同:(笑)

ウルウ・ル:好きなグループはBiSHです。1人1人個性があるじゃないですか? 声質も顔も違っていて個性が立っているから見ている側も楽しい。アイドルって女の子らしいものを求められるというか、いろいろと制約が多いじゃないですか? だけどWACKって、あまりそういうのがなくて。あと昔、膝がやばくなっちゃったときがあって。あ、今は全然大丈夫なんですけど。

一同:(笑)

ウルウ・ル:テレビとかニュースを見ていて、いつ何が起こるかわからないなと思って。自分にやりたいことがあって、やらせてもらえる環境にいるのであれば、やらないとおかしいなと思いまして、受けようと思いました。

あのときと比べて絶対に変わっているから

──初インタビューということもあってみなさん静かですけど、8人でいるときはもっと賑やかなんですか?

アンズピア : これよりはワイワイしているかも。

──9月9日にはO-WESTでお披露目ライヴが控えていますが、今はどんなことをして毎日を過ごしているんでしょう。

マリン・バ:毎日11時から20時まで事務所のスタジオで自主練習をしたり、WACKの先輩方に振りやフォーメーションのレッスンをしてもらっています。あとは、松隈さんのスタジオでボイストレーニングをしていただいたり。

──WAggはどんなグループになっていくんでしょう?

サアヤイト:一応研究生的な立ち位置なんですけど、まだどういう方向性で行くっていうのは見えていなくて。

マリン・バ:どう転んでも大丈夫なように、いろんな先輩の曲を練習させてもらっています。

──ちょっと落ち着いたと思うので聞きたいんですけど、ウタさんはWAggに合格していまどのような気持ちですか。

ウタウウタ:3月の合宿オーディションに落ちて終わったと思っていたんですけど、WAggに合格することができて(涙を流す)。でもアー写が公開されたあとにTwitterを見たら、「合宿にいた子だ」とか「ジャクソンだ」とかしか言われていなくて。それがめっちゃむかつくんですよ。今はその名前じゃないし、あのときと比べて絶対に変わっているから……。

──同じように合宿オーディションで落ちたあとEMPiREに合格したMAYUもYUiNAも当初は合宿時のことを言われていたけど、今は誰もそんなこと言わなくなるくらい活動で見返しています。ウタさんもそうやって覆していけるといいですね。さきほど、先輩が指導してくれるって言っていましたけど、今日までに誰が来てくれたんでしょう?

マリン・バ:アイナさん、パンルナさん、ムロパナコさん、MAYUさん、MiDORiKOさん、キャンマイさんが来てくれました。

──先輩に教わって印象的だったことってありますか?

マリン・バ:ムロさんに「BiSBiS」でスクワットをさせられたことが印象的です(笑)。「この曲は、かっちり揃えるというよりも、みんなが楽しそうに踊ることのほうが大事なのに、いまみんな全然楽しそうじゃないよ」って言われて。ムロさんとパンルナさんも一緒に円になって「BiSBiS」を大声で歌いながらスクワットしました。

アンズピア : あと、みなさんがそれぞれのグループに対する想いをWAggのメンバーに教えてくださいました。

マリン・バ:振りを考えているメンバーさんは、自分の気持ちを1個1個歌詞と振りに照らし合わせて考えていたり、それぞれに意味を込めているんだってことを説明してくださったので、みんな各グループごと心に残っていると思います。

人の人生を変えられるような存在になりたい

──まだ活動がはじまったばかりで具体的に見えない部分もあると思いますが、今の時点での夢や目標があったら1人ずつ教えてもらえますか?

アンズピア : 私の目標は、泣かないことです……(我慢するが、大粒の涙が頬を伝う)。いつもこうやって泣いてしまっていて……。アイドルのそんな姿を見たくないじゃないですか? 私は昔、アイドルをしていたんですけど、そのときもできないことが多くて泣いたり、悔しくてステージ裏で泣いてたりしていて。でも、泣いても変わらないと思ったので、もう絶対に泣かないって決めました。夢はアイドルの頂上を見たいです。

──ラブさんの目標を教えてください。

愛:………… 変わる。変わりたい。生き返りたい。

──生き返る?

愛:なんか、死んだことになっているので。学校に行かなくなって、死んだ説みたいなのが流れているので生き返る。人に見られたいです。

──WAggでやってみたいことはありますか?

愛:振り付けをしたいです。音楽を聴いていたら頭の中でフリが浮かんで踊っているので、その自分の頭の中にあるものを出したいです。

──ウタウウタさんはどうですか?

ウタウウタ:パンルナさんとムロさんが来てくれたときに「BiSBiS」の曲の説明をしてくれて、曲に感情を入れるってことを言われたんです。みんな泣いたりしていたんですけど、私は急に感情込めろって言われてもよくわからなくて。(涙を流す)1人だけよくわからない状態で話を聞いているのを見て、スタッフさんから「冷めている」って言われて。だから自分の気持ちとか感情とかを、もっといろんな人に話したいし、わかってほしいと思います。私は旧BiSが好きで、今でもYouTubeとかDVDでライヴ映像を見たりするんです。そうやってずっと誰かの心の中で1番の存在になりたいです。

──マリン・バさんの目標を教えてください。

マリン・バ:努力しても報われないというか、正直者でバカを見ている人ってすごく多いと思うんです。私もそうだったんですけど、そういうのは嫌だなと思っていて。オーディションで「学校をやめたいからきた」とか「今、学校に行っていないけどWACKに入ったら熱出ても練習にいきます」みたいに言っていた子がいて。それって当たり前のことじゃないですか? お金を払ってもらって学校に行かせてもらっているわけだし、練習でも場所を借りてやらせてもらっているのに、それをしますって言って褒められている人がすごく嫌で。それでオーディションでも泣いちゃったんです。普段の生活でそういう想いをしている人って絶対にいると思うんですよ。そういう人に向けてちゃんと届くような人間になりたい。(涙を流す)。正直に一個一個努力してきた人に自分がWAggとしての姿を見せて、私たちの歌詞に助けられたと思われる人になりたいです。

──夢はありますか?

マリン・バ:私はメンバーの中で1番交通の便が悪いところで育っていて。CDも売っていような場所だったんです。そういう人たちってYouTubeとかでアイドルを好きになったり、Twitterをフォローしたりしていることが多いと思うんです。だから、この8人のPVを自分で撮ってみたい。WAggは8人が全然違う感じの人が集まっているんです。今はTwitterしかないので、映像でこの子たちはこういうところが推しどころだよって伝えられるようになりたくて。PVを作りたいなって思います。

──ナルハワールドさんの目標を教えてください。

ナルハワールド:誰かに必要とされる存在になりたい。(涙を流す)歌もそんなにうまくないし、ダンスもあまり覚えられなくて、足を引っ張っちゃっていて……。でも、受かったからにはちゃんと踊ったり歌ったりちゃんとできるようになりたい。自分を見て希望とか持ってほしい。BiSHさんとかギャンパレさんとか、すごくたくさんの人が知っているし、自分の憧れでもあるから、そういうところに自分も立てるようになりたい。ライヴをしていろんな人に知ってもらって、すごいってちゃんと言ってもらえるようになりたいです。

──サアヤイトさんの目標を教えてください。

サアヤイト:私の目標は……(涙をこらえる)、人の人生を変えるような人になりたいです。私が音楽を好きになったきっかけは広瀬香美さんの曲なんですけど、そうやって人生を変えられるようなことって何回もあると思うんです。中学校に入ったばかりのころに、いやがらせみたいなことを受けていて(涙がこぼれる)すべてを投げ出して人生やめたいなと思ったときに、最後に好きなことをしようと思って初めてライヴに行ったんです。そのとき、自分の知らなかった経験をして、いままで私がたいしたことないと思っていたことに違う意味があったり、違う景色があるんじゃないかなと思って。そうやって価値観とか世界観って変わると思うんです。だから私のことやグループを見てくれた人に勇気を持っていただける、人の人生を変えられるような存在になりたいです。

──サアヤイトさんは、他のメンバーの発言を聞きながら涙を流していましたよね。

サアヤイト:もらい泣きしやすいんです。みんなが話していたことを聞きながら、自分も経験したことがあるなと思っていて。そんな8人で多くの人に認められて、たくさんの人に影響を与えられる社会現象を起こすような大きな存在になりたいです。

──ハナエモンスターさんの目標や夢を教えてください。

ハナエモンスター:私は、特別頭が悪いわけでも、いいわけでもなくて。WACKのメンバーの中でも特に目立ったものがあるわけではないし、面白いことを言えるわけでもない。スペックが平均50点みたいな感じなんです。まだライヴもしていないけど、練習をしたりしゃべったりしている中でも埋もれているなって気持ちがあって……。だから、歌でもダンスでもチェキでも、何かで1番がほしい。

──そんな中でも自分にしかない強みってあるんじゃないですか?

ハナエモンスター:それもわからなくて……。もしBiSみたいに人気投票があったら、私は埋もれて下にいっちゃうとか考えちゃうし…… (涙を流す)もっと輝ける個性がほしい。たくさん努力して、なにか目立てるものがほしいです。

──最後、ウルウ・ルさんの目標を聞かせてください。

ウルウ・ル:歌うのが好きなので、ずっと歌えていたらいいなって。声が低くて下手くそで全然ダメなんですけど、いろんなものに埋もれないような、他とは違う、今まであるものとは違ったグループにしたいです。


WAgg PROFILE

マリン・バ / ウルウ・ル / ウタウウタ / アンズピア /ナルハワールド / 愛 / サアヤイト / ハナエモンスター

■WAgg Official HP
http://www.wagg.tokyo/

・WAgg Official Twitter
WAggidol

・WAggメンバー Twitter
マリン・バ : @MARiN_WAgg
愛 : @L0VE_WAgg
アンズピア : @ANZU_WAgg
ウタウウタ : @UTA_WAgg
ハナエモンスター : @HANAEMON_WAgg
サアヤイト : @SAYA_WAgg
ナルハワールド : @NARUHA_WAgg
ウルウ・ル : @URUURU_WAgg

◼︎定期公演「WAgg the beginning」

2018年9月9日(日)東京 TSUTAYA O-WEST
[1回目]OPEN 11:30 / START 12:00
[2回目]OPEN 16:00 / START 16:30
2018年9月16日(日)愛知県 DAYTRIVE
OPEN 14:00 / START 15:00
2018年9月17日(月・祝)大阪府 LIVE SQUARE 2nd LINE
OPEN 14:00 / START 15:00
2018年9月22日(土)宮城県 enn 2nd
OPEN 12:00 / START 12:30

チケット :
料金 : 4,000円(tax in.)(オールスタンディング / 入場整理番号付 / 入場時にドリンク代別途必要)
※未就学児童入場不可
※ダイブ / サーフ / モッシュ / リフト禁止
チケット : w.pia.jp/t/wagg/

.

あわせて読みたい