【INTERVIEW】ムロパナコ(BiS2nd キャプテン)「私を見て軽い気持ちになってほしい」

2016年9月に2度目の再スタートを切り、メンバーの脱加入を経て、現在はBiS1stとBiS2ndに分裂し活動中のBiS。2018年7月4日リリースのシングル『Don’t miss it!!』タイミングで、メンバー総勢10名を対象に、ファンの投票によってBiS1st所属メンバーとBiS2nd所属メンバーを決定する《BiS.LEAGUE》が開催された。その得票数によって、1位~4位がBiS1stとして、5位~10位がBiS2ndとして再編成され、9月2日の岡山公演から活動をはじめる。

新しくスタートを切るBiS2ndには、キカ・フロント・フロンタール、ペリ・ウブ、YUiNA EMPiRE、ムロパナコ、ネル・ネール、ミュークラブの6人が決定。

そして、BiS初のキャプテン制の導入が発表された。BiS2ndのキャプテンには新メンバーとして活動しているムロパナコが就任。キャプテンの職務は明確に提示されていないが、各グループの方向性を含め、意思決定をキャプテンが行うことになる。果たしてムロはキャプテンとしてどのようなことを思い、考えているのか。はじめてのキャプテンインタビューを行った。

インタヴュー&文:西澤裕郎
写真:外林健太


ただただ私の行いがよくなっていく一方です(笑)

──BiS2ndのキャプテン就任を知ったとき、どんな気持ちでしたか?

ムロパナコ(以下、ムロ):ジャック・スパロウみたいな気持ちでした! 私「パイレーツ・オブ・カリビアン」が好きなんですけど、瞬時にそれを思い出して。

──あははは。キャプテンになった責任感は感じなかった?

ムロ:Twitterのリプライで「プレッシャーに負けないで」とか結構来たんですけど、あまりプレッシャーはなくて。私はメンバー1人1人を信用しているんですよ。もし信用していなかったら、自分ががんばらなきゃってプレッシャーがあったかもしれないけど、みんな任せられるような人だからプレッシャーとかは何もなかった。キャプテンになって意識しはじめたのは、ゴミを捨てないとか、そういうことだけ。ただただ私の行いがよくなっていく一方です(笑)。ゴミも捨てなくなるし、道端でご飯も食べなくなる。私の行いがよくなりました。

──自分で引っ張っていくというより、模範になっていくというか。

ムロ:私は空気をよくしていきたいんです。今までもギスギスしたら、ふざけてその空気を壊すみたいな感じだったから、今までと変わらない。

──ギスギスしているって感じる瞬間があったんですね。

ムロ:けっこうありますよ。ギスギスしていると、みんな言いたいことが言えなくなっちゃうじゃないですか? だから「あそこのラーメン美味しくない?」みたいに思い切り話をそらしたり、意味のわからない話とかをして、みんなの気持ちを軽くしたりします。

──そういう技はどこで身につけたんですか?

ムロ:えー、私がそうされるといい気持ちになるから。ノグソ・バッチーン(※GANG PARADEのハルナ・バッチーンのこと)と話していると、重い話になっても、ハルナが突然話題を変えたりしてくれて、すごく楽なんですよ。

──BiSでは、ムロがそういう役割を果たそうとしているんですね。BiSに入る前から、そういう空気を作ろうとしていることが多かったんですか?

ムロ:よくも悪くも、私がしゃべりはじめたら、そのときの空気じゃなくなるって言われることはありました。それは私が空気を読めないからかもしれない。

最近、ロボットの練習をしているんです

──ムロは、アヤが100kmマラソンでゴールした直後、BiSメンバーについて話したいからインタビューしてほしいって熱烈オファーしてくれましたよね。

ムロ:BiSの魅力を本当に伝えたかったんですよ。10人いるからグループ全体の話になりがちなんですけど、1人1人がおもしろい。特に新メンバーはおもしろいのに、みんなにまだ伝わっていないと思うので言いたかったんです。

──せっかくだから、このインタビューで話してもらいたいなと思って。

ムロ:本当ですか!! じゃあ新メンバーから。ミューは、みんなおしとやかな感じだと思っているかもしれないけど、すごく芯が強いんですよ。

ミュークラブ

ムロ:日常では流されやすい性格なんですけど、自分の考えを絶対に曲げない。ミューががんばっているから私もがんばろうって気持ちになります。すごく強い子で、BiSの中での自分のあり方をちゃんと持っている。みんなと違う考えでも、私はこうっていうことを言える。しかも、かわいい。あと足がめっちゃ細いんですよ。それにアホだから、もっともっと中身を出して活かせたら、もっとおもしろくなると思う。

──ムロはすごく仲良いですもんね。同じく同期のネルはいかがでしょう?

ネル・ネール

ムロ:ネルもめっちゃおもしろい。私の人生を今1番おもしろくしている存在です。ネルのいる人生といない人生だったら、絶対に今のほうがおもしろい。大人に怒られて気分が落ちちゃったときとかでも、ネルに話せば、適当な下ネタとかでおもしろくしてくれるんです。

──ネルも空気を壊す力を持っていますよね。

ムロ:そうそう。それがおもしろいんです。キャラを作っていると思っている人もいると思うんですけど、あれが素だし、本当に朝から晩まであれなんです。一緒にいるとすごく楽しいし、こういう人もいるんだって思いました。相手が渡辺(淳之介)さんであろうと自分の意見を言うタイプ。

──ネルとは9月2日からのBiS2ndで同じグループになりますね。

ムロ:うれしいです! しゃべりにくい状況でも、ネルがいることによってもっと空気がよくなるかなと思います。

──続いて、同じBiS2ndのYUiNA EMPiREはどんな人でしょう。

YUiNA EMPiRE

ムロ:EMPiREから移籍してきたから、無理やりBiSを好きになろうとしてくれているんじゃないかなと思っていたんです。でも5月2日のマイナビBLITZ赤坂のワンマンまではEMPiREとしてのYUiNA EMPiREで、それ以降はBiSとしてのYUiNA EMPiREになる区切りをつけたって話してくれて。やさしいし癒されます。あと、抱きしめたときのフィット感が最高! マスコット感があって手を万歳しただけでめっちゃかわいい。

──着ぐるみみたいな?

ムロ:そう! 「ぐ~チョコランタン」のズズみたい。めっちゃかわいくて、練習で疲れたなと思ったときでも、YUiNAを見たらすごく癒されてがんばろってなります。そう思っているファンの方も多いと思います。YUiNAはすごくやさしい子。

──同じく同期で、BiS1stのハナはどんな子でしょう?

トリアエズ・ハナ

ムロ:ハナは努力家です。合宿で順位があまりよくなかったから、BiSに入ったときにいろいろ言われていて傷ついたと思うんです。でも絶対に見返すって気持ちで、それ相応の努力をしてきたから、それが認められてBiS1stに行ったし、努力は報われるんだと思いました。あと、ワールドツアーをするっていう具体的な目標もあるじゃないですか。それはすごいと思います。自分の目標をもって、実行して結果を出すタイプ。すごくがんばっています。

──ちなみに、ムロにも具体的な目標はあるんですか?

ムロ:最近、ロボットの練習をしているんです。

──ん?

ムロ:BiSとしては、紅白に出たいです。私個人としては、ロボットの練習をしたり、あとは漫画を描いたりしたい。ロボット、見ますか?

──…… じゃあ、お願いします(笑)。

(ロボットの真似をする)

ムロ:これが完璧にできるようになったら、私のキャリアになるのかなって。

一同:(笑)

私、青春しているなって思います

──初期メンバー4人についても教えてください。

ムロ:ペリは表現力があってパフォーマンスに圧倒させられます。

ペリ・ウブ

ムロ:自分の見せ方をすごく工夫していて、才能もすごい。「I can’t say NO!!!!!!!」の落ちサビ前に顔の前で手を交差させるんですけど、自然と顔が見えるような動きをしていて。他の振り付けも自分の顔がカッコよく見えるようにってやっていて、「そんな人いるんだ!」って驚きました。

 

──ムロもそんな細かいところまで見ていて、観察眼がありますね。

ムロ:私は目がいいから!  コンタクトつけているから裸眼だと見えないけど。

──あはははは。キカはどういう人ですか?

キカ・フロント・フロンタール

ムロ:キカは役に立つし、信用できます。スタジオの確保とか、地図を見て道案内してくれたり。2ndはキカがいるから成り立っているっていうのがあります。柱になりたいっていっていましたけど、すでに柱です。

──内容がスタッフさん的な役割ばかりでしたけど(笑)。

ムロ:いやいやいや(笑)。キカは、私がBiSに入りたいと思ったきっかけなんですよ。キカが必死に歌っている動画を見て泣いたし、1つのライヴに対して自分の命を落とすくらい必死なんです。いつもゼエゼエしていて。それくらい心も体も全部ライヴに注いでやっています。あと、すごく真面目。

──アヤはどんな人ですか?

アヤ・エイトプリンス

ムロ:何を言っているのかよくわからないから、アヤとは会話があまりできないんですけど、一緒にいると楽しいのはなんでだろうな?

──1回怒ったって話を聞きましたけど?

ムロ:100kmマラソンをやるってことをTwitterで知って「なんでだよ!」って思ったんです。今思えば、アヤはアホだから、それもアヤだなって思いました。あのときは悲しかったけどちゃんと言ってくれたしアヤらしいし。アホだけど。

──アホしか言ってないですけど(笑)。

ムロ:あれっ? いいこと言っていない……!?

──気づきました(笑)?

ムロ:アヤとするライヴは本当に楽しいです。アヤを見ているとすごく気持ちが軽くなります。9月から一緒にライヴできなくなるのが悲しくて。楽屋とかで、よく2人だけで笑ったりしているんです。笑いのツボも一緒なんです。

──パンはどんな人ですか?

パン・ルナリーフィ

ムロ:パンちゃんは、私が人生で出会った中で1番努力家だと思います。前、練習しようと思って事務所に行ったら、パンちゃんが1人で練習していたんですよ。いろいろ悲しいこととか辛いこととかも、全部乗り越えた上で強くなっているんだなって。一緒に練習をしたわけじゃないし、たくさん話したわけでもないのに、見ていてわかる。すごく尊敬しています。

──努力の跡が滲み出ているんですね。

ムロ:ライヴを見ているだけでわかります。1年で人はこんなに変わるのかって、信じられなかったです。私は1年でこんな風になれるのかなって。パンちゃんの1年分の努力ってすごい。あと細い! アイスを食べているのに羨ましいです。

──ムロも細いじゃないですか。

ムロ:いやっ! (写真を取っているカメラマンの外林さんに向かって)前にそってぃさんに、太ったって言われて。

外林:「痩せた方がいいですか?」って言うから、「痩せたきゃ痩せた方がいいんじゃない? 太ったままでいいんだったらそのままでいいんじゃない」って言ったんですよ(笑)。

ムロ:その時ちょうど、2000円分のお菓子を買っていたんですよ。「何食べようかな」って思っていた時だったので……。

──あははあは。じゃあ、最後はゴ・ジーラについて教えてください。

ムロ:ゴ・ジーラさんは本当にすごい!! いつもBiS1stのライヴを見ているんですけど、最近は歌がすごくて。安定感とか安心感がすごい! ゴ・ジーラさんを見たら安心します。私、ゴ・ジーラさんがすごく好きなんですよ!!

──憧れ?

ムロ:いや、もうガチ恋です。横顔もめっちゃ綺麗だし。

ゴ・ジーラ

──そういう好きも入っているんですね(笑)。

ムロ:そうですよ! でも付き合うのは無理だってわかっているから、幸せになってほしい。でも正直、複雑なんですよ! 素敵な人と出会って幸せになってほしい気持ちもあるけど、1人で美しくたくましく生きていてほしいっていう気持ちもある……。ゴ・ジーラさんの幸せが、私の幸せ……。

──ゴ・ジーラのどこに惚れたんですか?

ムロ:きっかけは、加入後のダンスレッスンなんですけど、私は体が硬くて柔軟ができないんですよ。でも、前屈をするとき後ろから無言で手伝ってくれたんです! その日からずっとゴ・ジーラさんのことを考えているから、1週間くらい考えて、それが恋だって気づいたんです。

──その気持ちをゴ・ジーラは知っている?

ムロ:みんながゴ・ジーラさんに、ふざけて言うからバレちゃったんです。でも、いいですね! 片想いって。私、青春しているなって思います。

──そのゴ・ジーラと一緒にキャプテンに選ばれて、どんな気持ちですか?

ムロ:ドキドキします! 一緒に歩いていても、脳内には「美しい」しかなくて。しかも、さっき私と話しながら着替え始めて。えっどうしようと思って目をそらしたら、目の前に鏡があって見えちゃって、「わっ!」てなりました。でも、ゴ・ジーラさんのことが好きな研究員は、ゴ・ジーラさんと一緒に歩くとか、長く話すとか、LINEするとかできないじゃないですか。そこはちゃんとわきまえているので直接好きとか言わないです。ゴ・ジーラさん本人に好き好きアピールはしないです。

結果、何も無駄じゃなかったです

──ムロはMCでも、お客さんのこと考えた発言をしますよね。どうしてそこまでお客さんのことを考えて行動するようになったんでしょう?

ムロ:最初は「《BiS.LEAGUE》イヤだな」と思っちゃっていたんですよ。メンタル的にイヤじゃないですか? でも、1回自分のことを考えるのをやめてみたんです。私がBiSに入ったのは、自分を変えたいっていうのもあるけど、お客さんを楽しませたい、お客さんに届けたいっていう気持ちもあったから。それで全力でお客さんのことを1番に考えてみたら、つらいことも、悲しいことも、負担とか、疲れとかもなくなって、すごく楽しくなったんですよ。お客さんの笑顔がすごくうれしいから、考え方も360度変わりました。

──360度だと、同じ場所に戻ってきてますよ(笑)。

ムロ:180度か!! ガラッと変えたんですよ。そしたら、めちゃくちゃ楽しくなりました。自然と自分も楽しくなるから、このままでいいなと思えたんです。

──47都道府県ツアーの途中で、アヤに「もっとお客さんのことを考えたMCをしてほしい」って怒ったそうですけど、それもそういう気持ちからなんですね。

ムロ:怒っちゃった! あのとき初めて来たお客さんは申し訳ないけど、あのMCがあって、みんなでぶつかり合ったから、全員がMCについて考えるようになったし、結果、何も無駄じゃなかったです。

──9月からはBiS2ndのキャプテンとしてやっていくわけですけど、ムロ自身、どんな気持ちで日々臨んでいこうと思いますか?

ムロ:自分自身は、ロボットだったり、技を増やしていきたい。ロボットが終わったときに次はなんだろうな…… 最近は小麦粉を顔につけて化粧ができるかっていうのを考えています。小麦粉は安いし、ファンデーションにできたらいいなって。もしそれができたら、お客さんも真似できるし。

──キャプテンとしてはどんな役割を果たしたいですか(笑)?

ムロ:重い気持ちになったとしても、メンバーもお客さんも、私を見て軽い気持ちになってほしいなと思います。そういうものをライヴを通して表現していきたいです。


BiS2nd PROFILE


キカ・フロント・フロンタール、ペリ・ウブ、YUiNA EMPiRE、ムロパナコ、ネル・ネール、ミュークラブからなる6人組グループ。


■商品情報
BiS2nd New SG『アゲンストザペイン』
2018年11月14日発売
通常盤(CDS、BiS.LEAGUE券 封入予定)
品番 : CRCP-10418
価格 : 1,080円(tax in)【CD】

通常盤
【CD】
1. アゲンストザペイン
2. タイトル未定1
3. アゲンストザペイン (instrumental)
4. タイトル未定1 (instrumental)

※BiS2nd:キカ・フロント・フロンタール、ペリ・ウブ、YUiNA EMPiRE、ムロパナコ、ネル・ネール、ミュークラブ

■イベント情報
BiS2nd 11月14日(水)発売 「アゲンストザペイン」発売記念ミニライブ&特典会
2018年8月11日(土)16:00~
会場 : ヴィレッジヴァンガード渋谷本店 B2Fイベントスペース
※現BiS2nd(ペリ・ウブ、アヤ・エイトプリンス、キカ・フロント・フロンタール、YUiNA EMPiRE、ムロパナコ、ミュークラブ)での出演になります。

■BiS.LEAGUE Official HP
http://bisleague.tokyo/

◼︎BiS「I don’t know what will happen TOUR」日程

2018年9月2日(日)岡山:エビスヤプロ
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年9月8日(土)大阪:umeda TRAD
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年9月9日(日)兵庫:神戸VARIT.
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年9月15日(土)山口:LIVE rise SHUNAN
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年9月16日(日)福岡:DRUM Be-1
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年9月17日(月)広島:SECOND CRUTCH
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年9月29日(土)福島:郡山HIP SHOT JAPAN
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年9月30日(日)岩手:盛岡Club Change WAVE
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
◆チケット料金
【通常チケット】¥4,000(税込)
※学生キャッシュバックあり 公演当日に会場にて学生証提示で¥1,000キャッシュバックいたします。
◆WACK FAMiLY CLUB抽選先行
通常チケット ¥4,000(税込)
4月20日(金)12:00〜4月26日(木)23:00
受付URL:http://w.pia.jp/t/bis/
.

あわせて読みたい