【LIVE REPORT】GANG PARADE〈REBUILDツアー〉新潟編「みなさんと私達のことを歌った曲です」

2018年9月1日(土)、新潟県新潟市にあるライヴハウスGolden Pigs RED STAGEにて、GANG PARADEの全国ツアー〈REBUILD TOUR〉6都市目となる新潟公演が開催された。

前回の〈BREAKING THE ROAD ツアー〉に続き、彼女らの全国ツアーでは2回目の新潟公演。先日行われた福岡公演と同様、会場のキャパシティが約1.5倍近く大きくなっており、彼女らの成長が着実に動員を増やしていることが見て取れた。

GANG PARADEは、前日の8月31日に9月11日発売のNEWシングル「CAN’T STOP」のMVを公開していたこともあり、開演前から会場の遊び人(※GANG PARADEのファンの総称)からの期待値が一層高まっていた。

 

お決まりのSEで「CAN’T STOP」の新衣装を纏ったメンバーが登場すると、会場から熱い声援が聞こえてくる。そのまま、グループの代表曲である「Plastic 2 Mercy」からライヴがスタート。会場全体で一体感を高めていくダンスとノリやすい4つ打ちのテンポで、1曲目から遊び人とメンバーたちが身体を跳ねさせる。

序盤のMCでは自己紹介の後にユメノユアによるコール&レスポンスの煽りから、続けざまにアップテンポな楽曲を畳み込んでいき、合間のコントMCではしっかり真面目にふざける面も。かと思えば、エモーショナルな楽曲ででしっかり沁みるように聴かせるシーンもあるなど、ワンマン・ライヴだからこそ魅せられる目一杯の楽しませ方を新潟に届けた。

アンコール明け、1曲披露した後にメンバーのハルナ・バッ・チーンがMCを務めた。

ハルナ・バッ・チーン「私はGANG PARADEに入ってから初めて新潟県に訪れまして、今回の〈REBUILD TOUR〉を含めますとまだ2回しか新潟に訪れたことがなくて、私のことをまだ知らないお客さんがたくさんいらっしゃると思うのでまず軽く私のプロフィールを紹介したいと思います。

まず幼少期なんですけれども、幼少期はお祖父ちゃん子お祖母ちゃん子でして、休みの日はよくお祖父ちゃんお祖母ちゃんの家に遊びに行っていて。お祖父ちゃんお祖母ちゃんってよくいつもお菓子とかなんでも食べていいよとか言うじゃないですか。何でも買っていいよとか。その言葉に甘えてしまって、私はポカリスエットと新潟の有名なお米を食べ過ぎて、ブクブク太ってしまいました。でも、色々あって成長してGANG PARADEに加入しました。

私はよく周りの人から、なんか違うね。なんか変な人だね。とよく言われて。周りと一緒じゃなくて自分だけの感じがしていて、その言葉をすごい気にしてしまっていて…… 自分を外に曝け出すのがすごい苦手になってしまったんですけど。自分をあまり出せないままずっと生きてきて、でも色んな音楽とかで、普通に生きるのは面白くないんじゃないか、っていう歌詞とかいっぱいあると思うんですけど。そんなこと言われても私にはよく分からなくて。普通じゃないと嫌われるし、普通だと面白くないって言われるし、私はどうやって生きていけばいいんだよって悩んだ時がありました。でも、その人達に認められる為に私は生きてるんじゃない! と思っています。

遊び人の皆さんは、ステージ上から見ているといつも笑っていてくれて、いつも優しくて、それが暖かくて…… いつもステージに立てて嬉しく思います。次の曲は皆さんと私達のことを歌った曲です。皆さんの大切な御守りにして欲しいです」

このMCの後に最新曲「CAN’T STOP」を初披露した。

会場から当日1番の歓声が上がったのは言うまでもない。グループの末っ子である彼女が、加入当初から今回のツアーを通して止まらぬ成長を経てきた。他人に認められる為ではなく、自らの意志があるからこその急成長であり、だからこそGANG PARADEメンバーにも遊び人にも受け入れられてきた。

前身グループからの歴史を辿るセットリストで楽曲を披露してきたGANG PARADEであるが、今回はそのセットリストの最後に新たな1ページとして最新曲「CAN’T STOP」を加えた。前シングル「GANG2」ではGANG PARADEが苦節を経験しながらも前に強く進んでいく劇的な世界観と余韻を表現しきっていたが、今回初披露となった「CAN’T STOP」では一転して優しく寄り添いながら皆で進んで行こうとする姿勢を示している。

「諦めず共に行こう」
「続きはもっと大勢で見ていきたい」

先に挙げた2曲は〈REBUILD TOUR〉を象徴する歌であり、その過程と完成形を見出すものである。そして、幾度かの入れ替わりを経てようやく揃った現メンバーと、「遊び人」と共にもっと大きなビジョンを目指すGANG PARADEのスタイルを明確にした。1つ1つの公演で新たなスタイルの可能性を示してきたが、今回の公演は、よりハッキリとしたヴィジョンをお客さんに示す大きな契機となったであろう。

会場から客が引けた後に、汗でフロアに小さな水たまりが出来るほどに盛り上がった今回のライヴ。夏はもう終わりかけだが、GANG PARADEのいるところはまだまだアツい夏が続きそうだ。

取材&文:エビナコウヘイ


■リリース情報
GANG PARADE シングル
『CAN’T STOP』
発売日:2018年9月11日(火)
レーベル:T-Palette Records
形態:CD only
価格:1,000 円+税
品番:TPRC-0212
収録曲:未定

■ライヴ情報
GANG PARADE「REBUILD TOUR」

2018年9月8日(土)仙台 CLUB JUNKBOX
Open/Start 16:00/17:00
[問]G/I/P 022-222-9999

2018年9月9日(日)名古屋 CLUB QUATTRO
Open/Start 14:00/15:00
[問]JAILHOUSE 052-936-6041

2018年9月20日(木)東京 ZEPP TOKYO
Open/Start 17:00/18:00
[問]KM MUSIC 045-201-9999

【チケット情報】
通常チケット 4,000円(税込)
※入場時にドリンク代別途必要
※未就学児童入場不可

チケット一般発売日:5月19日(土)AM10:00~
プレイガイド・チケットぴあ http://w.pia.jp/t/gang/

 

あわせて読みたい