【連載】アセロラ4000「嬢と私」シーズン2 第2回

「生誕祭、やりたいんだよね」

目の前でそうつぶやいた嬢。

「ここ一週間くらい、そのことで眠れないくて。昨日も、6時間しか寝てないかんね」

眠れないくて。新人類世代・嬢ならではの言語感覚。

そして、睡眠タイム、6時間。結構寝てんじゃん、とツッコミ待ちをしてるのか本気の寝不足アピールなのかわからない絶妙な時間を提示する嬢。私は、頬杖をつきほっぺたを膨らませる嬢をじっと見る。

火照った頬、潤んだ瞳。艶やかな唇、そして巨乳。

もしかして、酔っているのかしら。許されることなら、今すぐこの場で押し倒したい。いや、ダメだダメだ。嬢に性的な興奮を覚えるなど、私には5億万年早い。

嬢への想いは、無償の愛。自分の体は、嬢に捧げたものであり、自己主張などもってのほか。私の存在は、言ってみれば、嬢の感情を認識するAI搭載ロボ。嬢専属ペッパー君なのだ。

嬢、ハンパしちゃってごめん。高部知子ばりに告白する私。欽ちゃんファミリーでいえば、私の立ち位置は見栄晴。ドリフで言えば高木ブー。そう、私は高木ブー。俺は高木ブーだよ。思わず立ち上がり叫びそうになる私。ボヨヨンボヨヨンボヨヨンボヨヨン…… いや違う。これは違う曲だった。そんな私の戸惑いをよそに、嬢はレモンサワーを飲んでいる。

「先輩がこの前、生誕祭やったの。そしたら、めっちゃお客さんきてさ。私もやりたいんだけど、プレッシャーなんだよね」

上目遣いで私を見つめる嬢。かわいい。こんなにかわいい女性がこの世にいるなんて。安達祐実ちゃん以来の衝撃ではないだろうか。

「お客さんくるかなあ」

なんだ、そんなことか。だったら私がいつも通りにデート(同伴)すればよいだけの話じゃないか。善は急げ。私は早速嬢の誕生日にアポを取るべくアプローチを試みた。

「その日は、同伴(デート)できないんだよね」

お客さんの心配をしつつ、なぜかデート(同伴)は拒む嬢。まあいい。嬢の幸せのために役立てるなら、喜んで貢献しよう。

「アセちゃん、来てくれるの!? 嬉しい! なんか泣きそうかも」

最大限の喜びを表現する嬢。泣きそうかも。でも絶対に泣かない。それが嬢。私は手帳を開き、嬢の誕生日である4月某日に◯をつけた。プレゼントの出費は痛そうだが、なんとかしよう。

とたんにウキウキしだす嬢。私との約束がそんなにも嬉しいなんて。嬢の喜びは、私の喜び。我々は、嬢生誕祭の前祝として、乾杯した。

「プハー!」と、美味しそうに5杯目のレモンサワーを飲み干す嬢。さっきまでの曇った表情は消え、満面の笑みで私にまくしたてる。

「イベントやったら、あたしの特注ドンペリ出すから。ラベルにあたしの顔載せるの。ウケる! ちょうウケる!」

両手をチンパンジーのように大きく広げ、手を叩いて喜ぶ嬢。面白いかと言われたら、たいして面白くはない。しかしツボにハマったらしい。嬢が笑い止むのをしばらく待ち、特注ドンペリの値段を聞いた。

「5万円、かな」

だいたい、家賃。

「アセちゃんにも、飲んでほしいな」

私は奥歯を食いしばり、コクリとうなづいた。

〜シーズン2 第3回へ続く〜

【連載】アセロラ4000「嬢と私」シーズン2 第1回

※「【連載】アセロラ4000「嬢と私」」は毎週水曜日更新予定です。

アセロラ4000(あせろら・ふぉーさうざんと)
月に一度のキャバクラ通いを糧に日々を送る派遣社員。嬢とのLINE、同伴についてTwitterに綴ることを無上の喜びとしている。未婚。
https://twitter.com/ace_ace_4000

あわせて読みたい