【LIVE REPORT】WAgg × EMPiRE ツーマンツアー東京編ーーそれぞれの成長と変化を感じる熱狂の現場

WAggとEMPiREによるツーマンツアー〈WAgg THE NEW RiCE with EMPiRE〉の東京公演が、10月14日(日)、渋谷TSUTAYA O-WESTにて開催された。

WAggは、BiS、BiSH、GANG PARADE、EMPiREを手がける株式会社WACKによるアイドル育成プロジェクトで、EMPiREは同じ事務所の先輩グループとなる。

10月8日(月・祝)の大阪公演を皮切りに本ツーマンツアーがスタートし、2箇所目での公演となったライヴの様子をレポートする。

■EMPiRE、WACKの末っ子から堂々とした先輩グループへ

最初にステージに登場したのはEMPiRE。

YUKA EMPiREが「新米(※WAggファンの総称)だか、玄米だか知らねえけど、かかってこいや!」と叫び、EMPiREのキラーチューン「Buttocks beat! beat!」でライヴは幕を開けた。

のっけから熱気に満ちたエージェント(※EMPiREファンの総称)たちを、MiDORiKO EMPiREの叫び声がさらに盛り上げる。「このロリコンども、今日は楽しもうぜ!」とMAYU EMPiREが煽り「SO i YA」へ。3曲目の「MAD LOVE」まで一気に駆け抜けると、コント的なMCへ。

YUKA EMPiRE

MAYU EMPiRE

MiDORiKO EMPiRE

YUKAが放った「(WAggは)若くてピチピチで可愛いですね」という言葉に対し、MAHO EMPiREが「若いって、そんなにいいことですか?」とコメント。YU-KI EMPiREをはじめ他メンバーがフォローする中、MiKiNA EMPiREが「MAHOちゃん大丈夫だよ。これから生きていく中で今が1番若いんだから今を楽しまなきゃ」と言うと、「そう、ナウをエンジョイしなきゃ!」と続く楽曲「TOKYO MOONLiGHT」へ。

MAHO EMPiRE

MiKiNA EMPiRE

MVにもなったメイン楽曲「S.O.S」「Black to the dreamlight」「EMPiRE originals」と立て続けに披露すると、YUKAが「O-WEST、楽しんでますか? まだまだ行けますか? 後半戦も盛り上がっていきましょう」と煽り、「EMPiRE is COMiNG」「FOR EXAMPLE??」、そしてこの日2度目となる「Buttocks beat! beat!」を披露し、EMPiREのライヴは幕を閉じた。

YU-Ki EMPiRE

途中、激しい動きによりYU-Ki EMPiRE、MAYU EMPiREの靴が脱げるハプニングが起こるも、それに動じずステージを笑顔で全力でやりきった姿など、これまでWACKグループの中で末っ子的な存在だったEMPiREの成長も感じられるライヴであった。

ライヴごとにセットリストを変化させたり、EMPiREにとってもグループを成長させるツーマンライヴとなっていくことだろう。

■WAgg、お披露目から1ヶ月で成長を見せたライヴ

WAgg

続いてステージに登場したWAggの8人のメンバーたち。

「渋谷の皆さんこんにちは、私たちWAggです!」と挨拶をしてからライヴがスタート。先行してライヴを行なったEMPiREの楽曲「FOR EXAMPLE??」のイントロが鳴った瞬間、客席からは「うおー!」という驚きの声があがった。

8人体制のフォーメーションで同楽曲を披露し終えると、BiSHの「GiANT KiLLERS」が流れ、マリン・バが「新米もエージェントもお腹いっぱいにさせてやるからなー!」と力強く宣言し、新米もエージェントも一体となった大きなコールが鳴り響き熱気が増していく。

GANG PARADEの代表曲「Plastic 2 Mercy」でさらに会場が一体となると、再びEMPiREの楽曲「Buttocks beat! beat!」へ。1曲目よりも明らかに声援が大きくなっており、客席を掴んでいっている様子が見て取れた。

マリン・バ

ナルハワールド

ここで1人ずつ自己紹介し、ナルハワールドが「WAggは1ヶ月前にちょうどここでお披露目公演を終えたばかりのWACK事務所の卵たちです。まだまだ未熟ものですが、この2マンツアーを通してほっかほかのごはんに似合うような半熟卵に成長したいと思っています」と宣言。

「ツーマンツアーを一緒に回らせていただくEMPiREのみなさんへの感謝の気持ちと尊敬の意を込めて歌います」と語り、「EMPiRE originals」へ。サアヤイトの艶のある歌声に加え、声量が出るようになったウルウ・ルの低音の歌声が混ざり合い、EMPiREとはまた違った魅力が引き出されたパフォーマンスを見せた。

サアヤイト

ウルウ・ル

BiSHの「スパーク」では、左右に分かれて手をつなぎはないちもんめを行い、愛やアンズピアの無邪気で全力で踊る姿が輝いていた。BiSの「ロミオの心臓」、GANG PARADEの「CAN’T STOP」、BiSHの「HiDE the BLUE」と続けて披露すると、最後はBiSの代表曲「nerve」へ。ハツラツと歌い踊るハナエモンスター、内側に込めた強い気持ちが滲み出るようなウタウウタをはじめ、8人とも初々しくも全力で踊り歌う姿が、これから先に続く未来を明るく照らしているかのようだった。

アンズピア

ハナエモンスター

ウタウウタ

まだ声の出ていない部分や、ダンス部分など細かい部分を見れば足りないところはたくさんあるかもしれないが、お披露目ライヴのようなたどたどしさや見ていて心配になるような光景はほとんどなかった。8人がひたむきに楽しみながらライヴに向かったエネルギーが、WAggというグループとして結実しているところが、この1ヶ月で大きく変わった点だっただろう。

WACK初の育成プロジェクトであるWAggが、どのようなグループを作り上げるのか期待の高まるライヴだった。

こうして幕を閉じた、WAggとEMPiREによるツーマンツアー〈WAgg THE NEW RiCE with EMPiRE〉東京編。来週は宮城、愛知と周り、11月後半までツアーを回る。

ここからの2組の変化から、ますます目が離せなさそうだ。

取材&文:西澤裕郎
写真:外林健太


「WAgg THE NEW RiCE with EMPiRE」
2018年10月14日(日)東京・TSUTAYA O-WEST

■セットリスト
【EMPiRE】
1. Buttocks beat! beat!
2. SO i YA
3. MAD LOVE
4. TOKYO MOONLiGHT
5. S.O.S
6. Black to the dreamlight
7. EMPiRE originals
8. EMPiRE is COMiNG
9. FOR EXAMPLE??
10. Buttocks beat! beat!

【WAgg】
1. FOR EXAMPLE??
2. GiANT KiLLERS
3. Plastic 2 Mercy
4. Buttocks beat! beat!
5. EMPiRE originals
6. スパーク
7. ロミオの心臓
8. CAN’T STOP
9. HiDE the BLUE
10. nerve

WAgg THE NEW RiCE with EMPiRE
2018年10月21日(土)宮城県 enn 2nd
2018年10月28日(日)愛知県 DAYTRIVE
2018年11月3日(土)大阪府 ROCKTOWN
2018年11月11日(日)愛知県 X-HALL -ZEN-
2018年11月18日(日)北海道 COLONY
2018年11月23日(金・祝)宮城県 SENDAI CLUB JUNK BOX

・WAggオフィシャルHP
http://www.wagg.tokyo/

・WAgg Official Twitter
@WAggidol

・EMPiREオフィシャルHP
https://empire-official.com

・EMPiRE Official Twitter
@EMPiREIDOL

あわせて読みたい