【INTERVIEW】BiS2nd「明るい雰囲気とかバカをやっている感じが出せたら」

2016年9月に2度目の再スタートを切り、メンバーの脱加入を経て、BiS1stとBiS2ndに分裂し活動中のBiS。2018年7月4日リリースのシングル『Don’t miss it!!』タイミングで、ファンの投票の順位によってBiS1st、BiS2ndのメンバーが決まる第1回『BiS.LEAGUE』が開催、その得票数5位~10位メンバーがBiS2ndとして選ばれ活動をはじめた。

BiS2ndには、新生BiS活動時からのメンバーであるペリ・ウブ、キカ・フロント・フロンタールに加え、ムロパナコ、ミュークラブ、YUiNA EMPiRE、そしてBiS1stからネル・ネールが加入。比較的新しく入ったメンバーが多く、子供っぽいと言われることもあるというが、その賑やかな雰囲気はグループのオリジナリティになってきている。

インタビュー中も、6人それぞれが間髪なくしゃべり、笑っており、終始和やかな雰囲気だったのが印象的だった。BiS1stに比べて露出の機会が少ないBiS2ndへの貴重なインタビューをお届けする。

インタヴュー&文:西澤裕郎
写真:外林健太


ようやく自分たちに自信が生まれてきた

──インタビュー前からおしゃべりが止まりませんけど(笑)、最近のBiS2ndの雰囲気はどうですか?

キカ・フロント・フロンタール(以下、キカ):元気です! 前までは怒られたり、ライヴがよくないって評価をされたりすることがあって落ち込むことも多かったんですけど、ようやく自分たちに自信が生まれてきたと思います。

ペリ・ウブ(以下、ペリ):1stはすごい大人で、2ndは子どもって言われ続けているんですけど、それを受け入れて違いを見せられたらおもしろいなとポジティブに捉えられるようになりました。

──ネルさんがBiS2ndに加入して大きく環境が変化したと思いますが、この6人での体制には慣れましたか?

ネル・ネール(以下、ネル):それはまあ、最初より(笑)。

ムロパナコ(以下、ムロ):ネルが入ってきて、BiS2ndはめちゃめちゃ変わったと思います!

キカ:1人変わるだけでも全然変わるっていうのが《BiS.LEAGUE》の楽しいところでもあると思うんですけど、ネル・ネールは本当に起爆剤で、ダイナマイト担当だなって一緒にやっていて思いますね。

──どういう時にダイナマイト感を感じるんでしょう?

ペリ:笑いのツボがおかしいんだよね。

ネル:私が日常の中で小ボケをよく入れるんですけど、私とムロしか笑ってないんですよ。

ムロ:こんなにおもしろい人間とはもう二度と会えないと思っているんです。なんでこんなにおもしろいのに、みんな笑わないんだろうって。

ミュークラブ:2人ともくだらないから。

一同:(笑)。

──ミューさんは突っ込み役なんですね(笑)。

ミュークラブ:私は精神年齢が高いので。

一同:(笑)。

キカ:ネルは先頭きってふざけたことを言うんですけど、ライヴではシメるところをしめて、メリハリがあるんです。

ネル・ネール

ムロ:あとネルは観察力がある。私はネルのMCが大好きで、BiS1stだったときからライヴを観る度、ネルのMCがいいなとずっと思っていたんですよ。毎回期待を超えてすごいMCをしてくれるから好きです。

キカ:BiS2ndの中でネル・ネールはずば抜けて語彙力があると思う。拙い6人の脳みその中でも(笑)。

ネル:たしかに、バカが多いんだ(笑)。

一同:(笑)。

ムロ:バカといえば、YUiNAなんですよ(笑)。私が「西郷隆盛とYUiNAだったら、西郷隆盛の方が好きだな」って言ったんですよ。そしたら「西郷隆盛ってお札の人?」って聞いてきて。

──あははは。YUiNAさんはメンバーにむかついたことはないですか(笑)?

YUiNA EMPiRE(以下、YUiNA):どうなんでしょう?

キカ:YUiNAは意外とキレたりしていると思う。おっとりしている割には喜怒哀楽の怒の感情が全然ある人だから。基本的に、BiSの癒しキャラなんですけど。

YUiNA EMPiRE

ペリ:怒っていてもムロとミューとネルの3人は空気が読めないしね(笑)。

YUiNA:私が怒っているの、分かる(笑)?

ペリ:ムロは分かってないだろうね(笑)。YUiNAは練習の時に、早く位置ついてって言ってくれるんですよ。それでもムロは笑うから(笑)。

YUiNA:たしかに、むかつくことはありますね(笑)。

あの一瞬がなかったら、あそこで私は立てなかった

──(笑)。メンバー間の風通しがよくなったというか、それぞれのキャラクターが出てきた印象がありますね。この間のクアトロ公演を観て思ったんですけど、いい意味でペリさんとキカさんの先輩感がなくなって、6人がフラットになった感じがしました。

キカ:よくキカ・ペリが…… って言われて。自分が目立つことよりも、6人でどう見られるかを意識するようになりました。自分はここでちょっと抑えようとか、代わりにここはめっちゃいきますみたいに、適材適所をすごく考えるようになりましたね。ライヴの中でも、普段の活動の中でも。

ペリ:私は逆で、めっちゃ自分を出していこうとしました。前回のBiS2ndでは、私がしっかりしなきゃと思いすぎて、ダメになっちゃったんですよ。私には教えるっていうのは難しかった。自分のライヴ・パフォーマンスにはずっと自信があったから、今まで通り常にかっこいいペリ・ウブの姿を見せられたらいいんだって気付いて。たくさんかっこつけて、自分のパートとかをめちゃくちゃ私が目立つようにやっています。

──ペリさんは一時期、すごく落ち込んでる時期があったって聞きましたけど。

ペリ:はい、そこから徐々に考え方が変わりました。活動以外の時間でなるべくたくさんのものに触れて、心を揺さぶらせたいなと思って。インスピレーションを受けてわくわくできたら変われるなって思ったんです。新しい気持ちをいっぱい取り入れて、新鮮なペリ・ウブになろうと思って行動していました。

──BiS2ndのキャプテンにはムロさんが任命されましたけど、どんな役割を担っているんでしょう。

ムロ:私はマジで何もしていなくて申し訳ないです。グループが上り調子だった時期に私が怪我をして、それを壊してしまった。しかも、その時はごめんなさいとも、ありがとうとも言葉に出して言えなかったんですよ。キャプテンに選ばれたのに壊したのは自分だし。

ムロ・パナコ

──他の5人は、壊れたと思っていないんじゃないですか。

ペリ:思ってないです! 今だから思うけど、すごくいい機会だった。

キカ:いい機会に変えないといけなかったしね。

ペリ:急遽フォーメーションも変えないといけなくて、1stの振り付けをパクったりもしたんですよ(笑)。

ムロ:数時間で、それをみんなが覚えてくれて。だから、私はなにも言えない。

キカ:怪我とか事故は、誰にでも起きる可能性があるから。

──ミューは、ムロが怪我したことで、どんなことを考えましたか?

ミュークラブ:仲間だから、ムロの分をカバーしなきゃいけないなと思いながらライヴをしました。

ムロ:ミューはLINEをくれたんです。アリオ橋本のライヴ中に私がステージから落ちて消えてしまって怪我をしたんです。最初は痛くて立てなかったんですけど、「CHANGE the WORLD」の〈いろいろ迷惑かける その時は みんなで助けてね〉っていう歌詞のタイミングでミューが頭をなでてくれたんですよ。あの一瞬がなかったら、あそこで私は立てなかったと思います。

ミュークラブ

──歌詞とリンクしていたんですね。左足首靭帯損傷と診断されたそうで、結構な怪我でしたよね。全治どれくらいなんでしたっけ?

ムロ:ギブスがとれるのに約2ヶ月かかるって言われたんですけど、嬉しいことに昨日、2ヶ月早くギブスがとれました。

──そんな早くとれるものなんですか(笑)?

ペリ:もしかしたら切れてなかったのかもって思いますよね(笑)?

ムロ:でも診断書あるよ! 紙ももらったし。

YUiNA:でもよかったよね、よくなってね。

ムロ:お医者さんからは、痛くないのがありえないって言われて。

今までのBiSになかったエモさの入り方

──そして、この6人で初のシングル「アゲインストザペイン」がリリースされます。BiSらしい曲だと思うんですけど、どのような気持ちで歌っていますか?

 

ペリ:私は、どの曲よりも本心で歌える曲です。自分のありのままの姿を出せる曲。リーグ戦が始まって悩んで苦しんでいたんですけど、その時にこの曲を頂いて。痛みに対する答えというか、光を見ているみたいだなと思ったんです。私は2番のAメロを歌っているんですけど、その歌詞が本当に響いて。〈耐えきれず放つ言葉たち 大嫌いだったものばかり 傷つけられるように仕掛けられてる〉って部分なんですけど、私が歌いたいって松隈さんに直接言ったんです。いろんな感情が溢れ出てくるんですよ。素敵な明るい未来のために今は傷つけられるように仕掛けられているんだなと思ったので、私はここの歌詞がすごく好きです。

──その時のペリさんの心境にすごく刺さったというか。

ペリ:本当はこれ私が書いたんじゃない? ってぐらい(笑)。

ペリ・ウブ

キカ:渡辺(淳之介/BiSマネージャー)さん自身も「BiS史上最高傑作」って自負して言うぐらいなので、私たちもそれぐらいの気持ちを持って歌わないといけないし踊らないといけない。売らなきゃと思いますし、売れると思います。

──キカさんは曲に対してどんな印象を持っていますか?

キカ:最初聴いたとき、びっくりしました。曲調もそうなんですけど、今までのBiSになかったエモさの入り方だなって。〈感情よ くたばれ〉って普段の生活でも思わないし言わないじゃないですか? 2ndはエモさ大爆発とか感情をさらけ出すような歌がやりやすいなと感じたし、うちらにすごくハマっているなと思います。

──YUiNAさんはどうですか?

YUiNA:最初聴いた時に感動して泣いちゃいました。誰にでも刺さる曲だなと思ったんです。私も〈感情よくたばれ〉っていう歌詞が1番印象的だったし、これを聴いて音楽に助けられたと思った。改めて、音楽が好きになりました。〈過ごした日々全部捨てない〉って部分はEMPiREのことも思いながら歌えるんですよ。

キカ:そうだよね。私はサキさんとかプーちゃんとかのBiSを思い浮かべたりしますね。

──ムロ、ミュー、ネルの3人は、どんなことを考えて歌っていますか。

ネル:私たちは活動自体がまだ半年で、短い期間しかBiSにいないから、元からいたメンバーとは解釈の仕方が違うのかもしれないですね。あまり濃い人生を送ってこなかったけど、自分の人生に照らし合わせてみるというか。

キカ:PVもそうだけど、過去の自分の写真とか、それこそみんなの人生が思い浮かぶような曲だもんね。

ペリ:私もこれから人生で立ち止まったとき、一生聴いていくと思う。

キカ:誰にとってもそういう曲だったらいいなと思いました。私たちはそういう解釈で歌っているけど、聴いてくれる人それぞれが、この曲で助けられたって思ってもらえたらいいなって。

──ミューさんはどうですか?

ミュークラブ:私は地元福井のことを考えました。〈つらいことも楽しいことも全部味わったね〉って歌詞を聴いて、それだ…… って。でも、私もまだほやーって感じです。長いこと喋れるような経験はまだないので、これからの活動で積み重ねていきます。

ムロ:私はみんなと逆で、初めて聴いた時は何とも思わなかったんですよ。覚えるのに必死だった。マネージャーさんから「わがまま言うな」ってよく怒られるんですけど、この時期もわがまま言うなって怒られて。

ネル:毎日だよね(笑)。

ムロ:「もっと大人になりなさい」って怒られるんですよ。あるとき、マネージャーさんに「私、ムロに怒るの辞めようかな」って言われたんですよ。それまで「アゲインストザペイン」に対してなんとも思ってなかったのに、その時にわがままって気持ちは辞めたいと思ったんです。〈感情よ くたばれ〉って言う言葉は、私にとってはわがままの感情なんですよ。だから、お客さんの助けになってほしいというより、自分の気持ちを全部ぶちまけている。唯一、お客さんのことをあんまり考えてないで歌っている曲です。他の曲は全部お客さんに向かって歌っているけど、これだけはお客さんに向けていないですね。

──ムロさんはよく、お客さんのことを考えたMCをしていますよね。そのときの言葉を聴いていて思うのは、お客さんにも言っているけど、あの場を借りて自分の気持ちをメンバーに向けて伝えているのかなって。

ムロ:めっちゃそうです。いつもライヴ前にみんなとMCの内容を共有するんですけど、渡辺さんに送るMCと、みんなに送るMCと、ライヴで言うMC、3つ考えているんです。

一同:えー、そうだったの?

ムロ:そう。例えば、ペリが元気ない時とかだったら本番ではペリに自信をつけるMCに変えたりとかしています。YUiNAが落ち込んでいたときもそうでした。

キカ:ムーちゃんは子どもだけど気遣いなんです。すごい周りを見て、メンバーに気を遣っている。

──やっぱり直接伝えるのは恥ずかしい?

ムロ:うん、言えないんです。

──みんなはキャプテンとしてのムロさんをどういうふうに見ていますか?

ペリ:キャプテンだからっていうのは特別ないですね。ムロ自身、キャプテンだからってことも全くないので。メンバーにも頼ってくれるから対等だなと私は思います。

ムロ:私はみんなに助けられているんですよ。週に1回、渡辺さんも交えたキャプテン会議があるんですけど、何をすればいいのかも、みんなに何を言えばいいのかも分からなくて、1人で抱え込んでいた。そしたら、みんなが私たちに聞いてよって言ってくれて。みんなと一緒にやっているというより、みんなが私を助けてくれるんです。私はみんながいないとできない人間だから、キャプテンになってよかったと思うことが多い。

キカ:メンバー全員1人ずつ考える力がつくので、BiS2ndにとってすごくいいと思います。誰か1人が引っ張ろうとするのもいいかもしれないですけど、どうしてもその人に頼ってしまったり、考えることを辞めてしまうので。

1回きりの人生だから間違ってもいいし、羽目外してもいいし、楽しんじゃえばいいじゃん

──BiS2ndらしい関係ができているんですね。2曲目に収録されている「YPP」はキカさんの作詞ですよね。

キカ:はい! 「アゲインストザペイン」にアゲインストしている感じの曲です(笑)。「アゲインストザペイン」が表題だと分かっていたので、それを分かった上で、これはふざけるしかないと思って真逆な歌詞を書きました。絶対使われないだろうなと思いつつ、遊び心を入れて書いたら採用していただいたんですよ。なぜ「YPP」ってタイトルかというと、「よっぱっぴー」の略なんです。よっぱっぴーの「よ」は「酔」ですね。

キカ・フロント・フロンタール

ペリ:これはキカの休日の1日の歌詞なんです(笑)。

キカ:そう、キカ’ズライフ。酔っぱらいで飲みまくっていえい! って曲ではあるんですけど、深読みもしていただきたくて。1回きりの人生だから間違ってもいいし、羽目外してもいいし、楽しんじゃえばいいじゃんっていう明るいメッセージの曲ですね。

──キカさんはQJ増刊の「WACKな本」の歌詞コンテストでも1位をとっていましたし、歌詞の才能が発揮されてきましたね。

キカ:めちゃくちゃ嬉しかったし、書くのがめっちゃ楽しいんです。もともとBiSに入る時に、歌詞とマラソンをやりたいって言っていたので嬉しいんです。

──どちらの夢も叶っていますもんね。みなさん、レコーディングはどんな気持ちで歌ったんでしょう?

ペリ:レコーディングは、ただただハッピーでしたね。

YUiNA:めっちゃ楽しかった。

ペリ:1番最初の英語の部分〈ライフイズパーティー〉から〈踊れハイハイ〉まで、みんなで一緒に歌っているんですよ。一斉に歌っているところが多いので、すごく楽しかった。

──今6人のBiS2ndが上り調子というのは、雰囲気からも伝わってきました。これから《BiS.LEAGUE》が始まっていきますけど、どんな気持ちでいますか?

ムロ:みんなでおもしろいことを思いついたので、それをやるのが楽しみです。

ペリ:BiS2ndのメンバー間で話したバカみたいなことネタとかを動画に撮ってTwitterにあげようってアイデアも出たりして。私たちはグループとして上がっていきたい。楽しそうな人を見ていたら楽しくなるから、そういうところを発信していきたいなって思いますね。

キカ:バチバチしていてもおもしろいとは思うんですけど、楽しそうなところに人は寄ってくると思うので。2ndは明るい雰囲気とかバカをやっている感じが出たら、グループの雰囲気もお客さんに伝わって楽しいのかなって。

──そして4月からスタートした47都道府県ツアーも終盤ですね。

キカ:初日の沖縄公演からいたのは、キカ、ペリ、ゴジ、アヤ、パンだけで、途中から新メンバーが入って体制が変わったんですよ。私個人としては、みんなでまた全国を周りたいなと思っていて。全国にBiSのことを待ってくれている人がいるから、今のメンバーと一緒に会いに行きたいなって思います。

──ミューさんは2回目のライヴが地元福井公演でしたしね。

ミュークラブ:もっとドヤ顔をして帰りたいから、もう1回行けるように頑張りたいです。

──ネルさんも岡山で新体制お披露目公演でした。

ネル:なんの因縁かって感じでしたね(笑)。

──気は早いですけど、全部まわりきったあと、もう1周回りますって言われたらどうしますか(笑)?

一同:もしそうなったとしても全力で頑張ります(笑)!


BiS2nd PROFILE
ペリ・ウブ、キカ・フロント・フロンタール、YUiNA EMPiRE、ムロパナコ、ミュークラブ、ネル・ネールからなる6人組グループ。


■BiS2nd Single「アゲンストザペイン」
発売日:2018年11月14日
通常盤(CDS、BiS.LEAGUE券封入)
CRCP-10418 / ¥1,080(tax in)【CD】
※BiS.LEAGUE券:各タイプの初回生産分のみ封入

収録曲:
1. アゲンストザペイン
2. YPP
3. アゲンストザペイン (instrumental)
4. YPP (instrumental)

■BiS.LEAGUE Official HP
http://bisleague.tokyo/

◼︎BiS「I don’t know what will happen TOUR」日程
2018年11月17日(土) 愛知:ボトムライン
[2nd] OPEN12:30/START13:30 [1st]18:30/START19:30
2018年11月24日(土) 宮城:Rensa
[2nd] OPEN12:30/START13:30 [1st]18:30/START19:30
2018年12月2日(日) 広島:CLUB QUATTRO
[2nd] OPEN12:30/START13:30 [1st]18:30/START19:30
2018年12月24日(月・祝)大阪:味園ユニバース
[2nd] OPEN12:30/START13:30 [1st]18:30/START19:30
2018年12月29日(土)東京:Zepp Tokyo
[1st/2nd] OPEN16:00/START17:00
◆チケット料金
【通常チケット】¥4,000(税込)
※学生キャッシュバックあり 公演当日に会場にて学生証提示で¥1,000キャッシュバックいたします。
受付URL:http://w.pia.jp/t/bis/
.

あわせて読みたい