CROWN主催フェス初開催、BAND-MAID、BiS、コレサワなど総勢10組が大熱演

老舗音楽レーベルの日本クラウンが、初の主催フェス「CROWN Fes. Presented by LIVEDAM STADIUM 」を、12月6日に東京・TSUTAYA O-EASTにて開催。クラウン所属の総勢9組のライヴに加え、元PASSPO☆の増井みおのバンド・BabooBeeがオープニングアクトを務めた。

クラウンによるレーベルフェスは今回が初開催。会場には1,000人を超える観客が集まった。

トリを務めたBAND-MAIDを始め、BiS1st/BiS2nd、コレサワ、UNCHAIN、磯部正文(from HUSKING BEE )predia、FABLED NUMBER、RAMMELLSといった様々なジャンルの人気アーティストが一堂に会したレーベルフェスのオフィシャルレポートを掲載する。


【出演者】
OPENING ACT:BabooBee(増井みお)
1. FABLED NUMBER
2. BiS2nd
3. predia
4. RAMMELLS
5. コレサワ
6. 磯部正文(from HUSKING BEE)
7. UNCHAIN
8. BiS1st
9. BAND-MAID


■FABLED NUMBER

「渋谷、始めるぞ〜!」と高らかに叫ぶN’Taici(B)のMCで幕を開けたFABLED NUMBERのステージは、彼らの持ち味であるEDMとラウドロックを融合したサウンドで、客席を一気にダンスフロアに変貌させた。

インディーズ時代からの定番曲に最新ナンバーまで、ひたすらアッパーかつハッピーなオーラを放ちながら歌うN’Eita(Vo/Gt)の日本人離れしたボーカルセンスが印象的なステージだった。

・︎セットリスト
1. I bet my life(or die)
2. AAO
3. Up All Night
4. The king

Photo by ヤマダマサヒロ

■BiS2nd

 

現在2グループ制で活動しているBiS2ndが、女性アーティストのトップバッターとして登場。

ステージに現れ、代表曲「BiSBiS」のイントロが流れると会場のボルテージが一気に跳ね上がり、熱狂のダンスフロアに変貌した。その後、クラウンでリリースした全シングル楽曲を続けてパフォーマンスし、破天荒アイドルとしての存在感をしっかりと示し、ステージを降りた。

ライヴでは、「BiSBiS」の振付を「C」「R」「O」「W」「N」と人文字で表現し、キャプテン・ムロパナコは、レーベルの象徴である手製の”王冠”を身につけ、登場するなどレーベル愛を全身で表現した、ハッピーなライヴを展開した。

・︎セットリスト
1. BiSBiS
2. WHOLE LOTTA LOVE
3. Don’t miss it !!
4. アゲンストザペイン

Photo by KENTA SOTOBAYASHI

■predia

続いて、平均年齢29歳の大人アイドル・prediaが登場すると、妖艶な大人の雰囲気が会場を包ま込み、prediaワールドを浸透させていく。

最新シングル「カーテンコール」を皮切りに、ラテンリズムの「Hotel Sunset」、その後は、フェスで映えるアッパーな楽曲を立て続けにパフォーマンスし、メインボーカル湊あかね、村上瑠美奈の圧倒的な歌唱力と色気が溢れる大人女子の魅力でフェスに艶やかな一面を加えた。

・︎セットリスト
1. カーテンコール
2. Hotel Sunset
3. SUPER WOMEN
4. 禁断のマスカレード
5. The Call

Photo by ヤマダマサヒロ

■RAMMELLS

紅一点、ボーカルの黒田秋子の特徴ある声と、ブラックミュージックを独自の解釈で噛み砕いた楽曲で耳の肥えたリスナーから注目されているオルタネィティヴ・バンド、RAMMELLS。

この日は2曲のみと言う短いステージにもかかわらず、抜群のテクニックに裏付けされたグルーヴィーな演奏で観客の腰を揺らし続け、その存在感を示してくれた。

・︎セットリスト
1. Sensor
2. Night out

Photo by MASANORI FUJIKAWA

■コレサワ

続いて登場したのは、中高生を中心に支持されているシンガーソングライターのコレサワ。

女子に大人気の楽曲「あたしを彼女にしたいなら」からアップテンポの「バックアップ」で会場を一気にコレサワールドに染め上げる。

その後、一転して、YouTube再生回数が1,700万回を超える代表曲「たばこ」をしっとりと聴かせて、最後は1st.アルバムのリード曲「SSW」で再び会場を沸かせステージを後にした。

・︎セットリスト
1. あたしを彼女にしたいなら
2. バックアップ
3. たばこ
4. SSW

Photo by 小坂茂雄

■磯部正文(from HUSKING BEE)

サウンドチェックでいきなり嶋大輔の「男の勲章」を歌い始め、客席を沸かせた磯部。

のっけから観客を自分のペースに巻き込むとそのまま本編に突入。

この日共演したBiSのパン・ルナフィーリがMVに出演した「夜と霧の中で」、HUSKING BEEの代表曲「Walk」等を味のある弾き語りで披露した。

ステージ途中で「子守で連れて来ました」と言う磯部の娘がステージに現れ歌うという微笑ましいサプライズを含め、まさに“自由”なライヴであった。

・︎セットリスト
1. 後に跡
2. 夜と霧の中で
3. Walk

Photo by MASANORI FUJIKAWA

■UNCHAIN

結成22周年を迎えた実力派ロックバンド・UNCHAINが落ち着いた雰囲気でステージに現れるとライヴのスタートは、代表曲「make it glow」。アコースティックライヴが続いた会場を一転、ダンスタイムに変貌させる。

UNCHAINの円熟したテクニックと谷川正憲(Vo/Gt)の抜群のボーカル力に焦点が当てられることが多いが、キャリアで積み上げてきたライヴ巧者としてのスキルを見せつけ、新人が多く出演するフェスの中で大人のライヴを見せつけた。

「Get Ready」で再び熱狂のダンスタイムが到来し、アダルトながらアッパーなライヴは終了した。

・︎セットリスト
1.make it glow
2. Super Collider
3. Back to Zero
4. Get Ready

Photo by ヤマダマサヒロ

■BiS1st

ファンの人気投票で所属を決める”BiS.LEAGUE”を開催中のBiSで得票上位で構成されるBiS1stが登場。

キャプテン/ゴ・ジーラの「クラウンの諸先輩方、大型新人、BiS1stです!」と絶叫しながらメジャーデビューシングル「WHOLE LOTTA LOVE」でいきなり会場をBiS一色に塗り替える。

そのまま、アツさ全開でキラーチューンの「I can’t say NO!!!!!!!」「SOCiALiSM」で続けざまにパフォーマンスする。

ライヴ後半は、メンバーのエモさ全開のライヴを展開し、会場を熱狂の渦に落とした。

中盤に、メンバーのパン・ルナリーフィがステージから落下するアクシデントがあったが、終始、心の奥底にある感情を抉られるような”BiSらしい”ライヴで大型新人たる所以を証明したライヴを見せた。

・セットリスト
1. WHOLE LOTTA LOVE
2. I can’t say NO!!!!!!!
3. SOCiALiSM
4. gives
5. Fly
6. アゲンストザペイン

Photo by KENTA SOTOBAYASHI

■BAND-MAID

CROWN Fes.のラストを飾ったのは、今や日本国内だけでなく、海外でも確かな人気を獲得し、ワールドワイドに活躍するメイドによるハードロックバンド・BAND-MAID。

「クラウンフェス、声出せるよな!」とVo彩姫の攻撃的な煽りとともに登場したBAND-MAIDのお給仕(ライヴ)がスタートした。

見た目からは想像もつかない重厚なロックサウンドが響き渡ると、会場からどよめきの声と共に大きな歓声が上がり、ハイテンションのままお給仕(ライヴ)は進行していく。

テレビ東京系で絶賛放送中のアニメ「遊⭐︎戯⭐︎王VRAINS」エンディング曲「glory」や「Play」では、BAND-MAIDのテクニカルな演奏に観客が反応し、会場全体がBAND-MAIDとシンクロし、O-EASTをまさにフェスティバル会場と変貌させた。

ラストは、「世界征服」をテーマに制作した「DOMINATION」で観客を圧倒し、レーベルの隆盛をロックで祈願しクラウン初の主催フェスの幕を閉じた。

・︎セットリスト
1. the non-fiction days
2. FREEDOM
3. glory
4. Play
5. DOMINATION

Photo by MASANORI FUJIKAWA

あわせて読みたい