吉祥寺の新ライヴハウス「NEPO」オープニングシリーズ第1弾に曽我部恵一、DOTAMAら出演

吉祥寺に3月にOPENする新ライブハウス「NEPO」のオープニングシリーズ第1弾ラインナップが発表された。

「NEPO」は、ヒソミネやkilk recordsを運営し自身もAureoleやTemple of Kahnといったバンドで活動している森大地、KAGERO / I love you Orchestraの白水悠、LAGITAGIDA、SuiseiNoboAzの河野岳人の3人によって吉祥寺に立ち上げられる新ライヴハウス。

キャッシュレスやセルフオーダーシステムなどの試みが話題を集めている中、プレオープンからGWまで開催予定のオープニングシリーズ第1弾ラインナップが発表された。曽我部恵一、DOTAMA、world’s end girlfriend、快速東京、MASS OF THE FERMENTING DREGSらが出演する。

NEPOのキャパは120名程度で、NEPOの公式Twitterアカウント(@ nepo_kichijoji )などでチケット発売日の情報を随時チェックしておこう。

また現在NEPOで実施中のクラウドファンディングでは、リターン商品には会場で割引などが受けられるリストバンドや先行プレビューイベントへの参加権などが用意されているので、興味がある人は公開ページを覗いてみてはいかがだろう。(西澤裕郎)


■NEPOクラウドファンディング公開ページ
https://kibidango.com/934

■NEPOインフォメーション
・NEPO 問い合わせ先:info@nepo.co.jp
・NEPO Twitter:nepo_kichijoji
・NEPO Instagram:nepo_kichijoji
・NEPO Facebook:https://www.facebook.com/nepokichijoji/

あわせて読みたい