【現地レポート】WACK合宿オーディション初日①ーー開始4時間にして離脱者が出る波乱の幕開け

BiSBiSHGANG PARADEEMPiREのマネジメントを行う株式会社WACKが、2019年3月24~30日にかけて合宿型合同オーディション「WACK合同オーディション2019」を長崎県の離島・壱岐島を舞台に開催する。

今回の合宿オーディションには、書類審査と2次オーディションを通過した22名(うち4名は前日壱岐島で行われた全員面接で合格)に加え、WACKによる育成プロジェクトWAggの7人(愛は不参加)、現役メンバーも途中から参加する。

BiSHからは、アユニ・D、
GANG PARADEからは、ヤママチミキ、
EMPiREからは、MAYU EMPiRE、
BiSからは、戦力外通告を受けたアヤ・エイトプリンス、YUiNA EMPiRE、トリアエズ・ハナ、ムロパナコ、
が途中より参加予定となっている。

また、最終日の3月30日(土)には、壱岐の島ホールにて、入場無料のフリー・イベント「WACK EXHiBiTiON」が開催。合格者の発表に加え、BiSHBiSGANG PARADEEMPiREがライヴを行う予定となっている。

その様子は最終日までニコニコ生放送ですべて中継される。

3月24日(日)12時~「前半」:https://live.nicovideo.jp/watch/lv318959031
3月27日(水)12時~「後半」:https://live.nicovideo.jp/watch/lv318959045

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

初日10時〜14時ーー歌唱審査@スクランブルスタジオ福岡

3月24日朝10時、スクランブルスタジオ福岡に29名の女性が集結した。

同スタジオは、BiSHをはじめとしたWACK所属グループの楽曲すべてを手掛けるサウンドプロデューサー松隈ケンタが運営する音楽スタジオ。そこに集まったのは、WACKが開催する合宿オーディションを通過した18名、前日に壱岐島で行われた全員面接を通過した4名、そしてWACKの育成プロジェクトWAggの8人のうちメンバー愛を除いた7名の計29名。

彼女たちには合宿期間中、WACK所属アーティスト名を文字った下記の名前が与えらた。

・キイロコ・バンパイア
・パルナ・パッ・チーン
・フィフスサマーウイカ
・ムイ・ガ・ドクソン
・ポリ・ウブ
・ミャークラブ
・ゴミヤ・ガキ
・テラヤマユフ
・カリン・トウ
・ギャン・マイカ
・太陽ノライオン
・バシヤスメ・アツコ
・アイノ・ジ・エンド
・パンダ・ルナリーフィ
・セントチヒロノイモウト
・アユノ・B
・モモチハマカンパニー
・パー・ルイ
・オキタユア
・ウ・ンコ
・チン・パーティン・ココ
・ドンドン

今日がほとんど初対面の、全国各地から集まった候補生の女の子たち。お互い同じ目的を持って参加しているものの、スタジオには緊張感が漂っており、静かにオーディションのスタートを待っていた。

毎年WACKの合宿オーディションは、歌、ダンスのレッスンや審査だけでなく、学力テストやマラソンなど、アイドルとして活動していくにあたって必要な適正を見るものから、活動していく上での基礎を作るブートキャンプ的な意味合いを持つものまで様々だが、2019年のオーディションは歌唱審査からスタートした。

10時10分過ぎ頃、ニコニコ生放送の中継がスタート。WACK代表の渡辺淳之介がカメラに向かって挨拶をすると、課題曲としてBiSの「primal.」を1人ずつが歌い、松隈ケンタと渡辺淳之介が審査することを明らかにした。候補生たちはレコーディングブースで歌い、松隈と渡辺はモニタールームにてその様子を眺めるという形で審査は進んでいった。

途中、WAggメンバーであるマリン・バの様子が歌唱している候補生の真後ろで真剣に眺めている様子がニコ生で盛り上ったり、パンダの帽子をかぶったパンダ・ルナリーフィが倒立したりするなど、重い雰囲気の中にもそれぞれが自分たちの個性を出そうと、時には笑いを巻き起こし、時には注意されながらも、思い思いに行動を起こした。

約4時間にわたって行われた歌唱審査の順位は下記の通り。

1. 太陽ノライオン
2. ゴミヤ・ガキ
3. キイロコ・バンパイア
4. ムイ・ガ・ドクソン
5. オキタユア
6. ウ・ンコ
7. パルナ・パッ・チーン
8. チン・パーティン・ココ
9. フィフスサマーウイカ
10. パンダ・ルナリーフィ
11. バシヤスメ・アツコ
12. アユノ・B
13. アイノ・ジ・エンド
14. ミャークラブ
15. セントチヒロノイモウト
16. ドンドン
17. テラヤマユフ
18. カリン・トウ
19. パー・ルイ
20. ギャン・マイカ
21. ポリ・ウブ
22. モモチハマカンパニー(脱落)

最下位となったモモチハマカンパニーが脱落することが発表された。

脱落者が出ることは事前に発表されていなかったため、スタジオは一瞬にして緊張感に包まれた。審査途中、松隈と渡辺は「歌はうまいかもしれないけれど、歌詞をまったく覚えてきていない」という点に着目。モモチハマカンパニーは2番手として歌ったが歌詞が曖昧だったため、他の候補生が20人以上歌ったあと、再三に渡って歌うチャンスを与えられたが、それでも歌詞を覚える姿勢が見てとれず、最下位で名前を呼ばれた。

「敗者復活もあるから、残りたければ残ってもいい」という渡辺の言葉に、モモチハマカンパニーは壱岐島まで行くと返答。

それぞれが荷物の準備をし29人の女の子たちが壱岐島へ移動するためのバスに乗った瞬間、渡辺から衝撃の事実が告げられた。

「本人の申し出で、ギャン・マイカが離脱することになりました」

続けて渡辺は下記を候補生とWAggに向けて告げた。

「(このオーディションは)遊びじゃないので、真剣に自分がどうしたらいいのか含めて考えて。1つ1つ真剣にやらないと、すぐに大人に見透かされます。逆にいうと、真剣にやってくれたら大人も手伝いたくなる。そこはよく考えてください。あと、帰りたくなった方はいつでも帰ってもらって大丈夫なので。よろしくおねがいします」

まさに波乱の幕開けとなった2019年のWACK合同オーディション。28名となった候補生とWAggメンバーたちは、このあとジェットフォイルで壱岐島に移動し、様々な試練に臨んでいく。

取材&文:西澤裕郎

 □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

WACKのオーディション合宿を今年もニコ生で独占生中継

24時間、WACKオーディションに密着!布団監視も実施!6泊7日全て見せます!
最終日に行われるWACK EXiBiTiONも生中継!

3月24日(日)12時~「前半」はこちらから:https://live.nicovideo.jp/watch/lv318959031
3月27日(水)12時~「後半」はこちらから:https://live.nicovideo.jp/watch/lv318959045

■イベント詳細

WACK EXHiBiTiON概要
2019年3月30日(土)壱岐の島ホール(壱岐文化ホール)大ホール
時間:開場 12:00 開演 13:00
入場料:無料
※FCツアーの参加者が優先入場となります。
※9:00からイベント会場入り口付近にて整列開始いたします。
※整理券の配布はございません。
出演:BiSH、BiS、GANG PARADE、EMPiRE、WAgg、WACKオーディション参加者
特典会:CD販売開始時間:9:30〜
販売場所:壱岐の島ホール(壱岐文化ホール)大ホール  ロビー
特典会時間:
終演後〜17:00:BiS/EMPiRE/WAgg
17:00〜18:00:BiSH/GANG PARADE に分けて実施させて頂きます。

・WACK HP http://www.wack.jp/

WACK OFFiCiAL HP
http://www.wack.jp/

あわせて読みたい