【現地レポ】WACK合宿オーディション6日目② WACKメンバー vs 候補生「オーケストラ」対決

BiSBiSHGANG PARADEEMPiREのマネジメントを行う株式会社WACKが、2019年3月24~30日にかけて合宿型合同オーディション「WACK合同オーディション2019」を長崎県の離島・壱岐島を舞台に開催。

今回の合宿オーディションには、書類審査と2次オーディションを通過した22名(うち4名は前日壱岐島で行われた全員面接で合格)に加え、WACKによる育成プロジェクトWAggの7人(愛は不参加)、現役メンバーも途中から参加する。

BiSHからは、アユニ・D、
GANG PARADEからは、ヤママチミキ、
EMPiREからは、MAYU EMPiRE、
BiSからは、戦力外通告を受けたアヤ・エイトプリンス、YUiNA EMPiRE、トリアエズ・ハナ、ムロパナコ、
が途中より参加予定となっている。

また、最終日の3月30日(土)には、壱岐の島ホールにて、入場無料のフリー・イベント「WACK EXHiBiTiON」が開催。合格者の発表に加え、BiSHBiSGANG PARADEEMPiREがライヴを行う予定となっている。

その様子は最終日までニコニコ生放送ですべて中継される。

3月24日(日)12時~「前半」:https://live.nicovideo.jp/watch/lv318959031
3月27日(水)12時~「後半」:https://live.nicovideo.jp/watch/lv318959045


■6時30分〜 早朝マラソン

毎朝行われている早朝マラソンが6時30分より行われた。

これまで連日、折り返し地点にメロンパンや炭酸水など課題が準備されており、その日設定された順位で到着した人はそれを食べ飲みきらないと復路を走れないルールだったが、この日は裏をかき何も用意されておらず単純にマラソン勝負となった。

「嘘か本当かわかりませんが、大変なものが用意されています」と渡辺がスタート前にメンバーに告げていたため、折り返し地点で何も課題がないことをメンバーたちは知ることになった。折り返し地点に3位で到着したアユニが、一気に前の走者も追い抜き、そのままぶっちぎりの1位を獲得。2018年のパン・ルナリーフィに続き、3連覇を成し遂げた。

また、上位8位までをすべてWACK所属メンバーが獲得し、先輩としての意地を見せる形となった。

マラソンの順位は下記の通り。

■マラソン順位
1. アユニ・D
2. YUiNA EMPiRE
3. ムロパナコ
4. MAYU EMPiRE
5. ナルハワールド
6. ヤママチミキ
7. アンズピア
8. ウルウ・ル
9. テラヤマユフ
10. 太陽ノライオン
11. ムイ・ガ・ドクソン
12. ドンドン
13. パルナ・パッ・チーン
14. セントチヒロノイモウト

マラソン後は、宴会場にて朝食タイム。時間内に完食できないとポイントがマイナスされるルールの中、それぞれ朝食を食べた。その後出発までの約30分間を使い各チームダンスの打ち合わせやレッスンなどをして練習場である体育館へバスで移動した。

■9時〜 ダンスレッスン、

今回組まれていたチームは以下の3チーム。課題曲はBiSの「レリビ」。

ーーーーーーーーーーー
アユニ・D
セントチヒロノイモウト
バシヤスメ・アツコ
ムイ・ガ・ドクソン
オキタユア
ーーーーーーーーーーー
ヤママチミキ
YUiNA EMPiRE
ナルハワールド
ウルウ・ル
パルナ・バッ・チーン
ーーーーーーーーーーー
MAYU EMPiRE
テラヤマユフ
太陽ノライオン
ドンドン
ムロパナコ
ーーーーーーーーーーー

渡辺のリクエストにより、この発表では順位づけはされない。とにかくやってみせるんだという気持ちを見せることをテーマに、フリは変えなくても変えてもいいという指示の中、3チームは楽曲の内容を理解したり、振り付けを考えたり、フォーメーションを合わせるなどして、約3時間を過ごした。

そして、12時よりダンス審査が行われた。

3チームとも「レリビ」のオリジナル振り付けをベースにしつつ、WACK所属グループのBiSH、GANG PARADE、BiS、EMPiRE、WAggのフリをところどころに入れ込んだりして、自然体な笑顔を見せつつパフォーマンスをした。

下記、渡辺の総評。

「すごくよかったと思います。惜しむらくは、MAYUのチームが詰め込みすぎてごちゃごちゃしていたかな。でも全員、表情がよくなっている。ここをこうしたほうがいいってところはないかな。「レリビ」は、僕がはじめてアイドルを手がけたときに作った曲です。本当に不思議なんだけど、「レリビ」で最後にぐるぐる走り回るだけとか、「primal.」のサビで後ろを向いて手をあげるだけとか、代表的なフリはBiSの初期時代にできていて。なんなんだろうなと考えたんだけど、たぶん、BiSを始めて1番最初に作った曲には強い意志があるんだろうなって。そういう時に作ったから生まれたのかなって。だから、1番はじめの気持ちは忘れないようにしてほしいなと思います」

そして、再びチーム分けがされた。

ーーーーーーーーーーー
アユニ・D
YUiNA EMPiRE
ヤママチミキ
ムロパナコ
ナルハワールド
MAYU EMPiRE
ウルウ・ル
アンズピア
ーーーーーーーーーーー
テラヤマユフ
太陽ノライオン
ムイ・ガ・ドクソン
ドンドン
パルナ・パッ・チーン
セントチヒロノイモウト
ーーーーーーーーーーー

ここで初めて、WACK所属メンバーと候補生で完全に二分された形となった。発表曲は、それぞれ合宿の中でやった課題曲の中から1曲をチーム全員で話して選ぶことに。

「WACKメンバーは、負けないようにしてください。圧倒してもらいたい。そして、候補者。かつて、今の君たちより踊れないBiSがお客さんを増やしていきました。そういう意味では、もしかしたら大番狂わせを起こせる可能性が君たちにはあります。それをふまえて曲を選んでください。お昼のあとにどの曲を選んだか聞きます。

とにかく、格好つけてください。自分が1番格好いいんだと思うようにパフォーマンスしてほしいなと思います。同時に、候補者、WAgg、メンバー個々人で見ています。常に気を抜かないようしてください」

その後、バスで移動し昼食タイムを経た後、2チームに発表する曲を渡辺が問うと、どちらのチームもBiSHの「オーケストラ」と回答。図らずしも、WACKメンバーと候補生の真っ正面からの対決という様相を呈してきた。

ここから約4時間をそれぞれのチームが練習にあて、17時30分より発表を行う。

果たしてWACKメンバーが圧倒的なパフォーマンスを見せるのか、それとも候補生が大番狂わせを起こすのか。

いよいよ合宿も終盤戦。17時30分からはパフォーマンス審査、そして夜には合宿恒例となっている最終アピールタイムが行われる。

取材&文:西澤裕郎
写真:外林健太


WACKのオーディション合宿を今年もニコ生で独占生中継

24時間、WACKオーディションに密着!布団監視も実施!6泊7日全て見せます!
最終日に行われるWACK EXiBiTiONも生中継!

3月24日(日)12時~「前半」はこちらから:https://live.nicovideo.jp/watch/lv318959031
3月27日(水)12時~「後半」はこちらから:https://live.nicovideo.jp/watch/lv318959045

■イベント詳細

WACK EXHiBiTiON概要
2019年3月30日(土)壱岐の島ホール(壱岐文化ホール)大ホール
時間:開場 12:00 開演 13:00
入場料:無料
※FCツアーの参加者が優先入場となります。
※9:00からイベント会場入り口付近にて整列開始いたします。
※整理券の配布はございません。
出演:BiSH、BiS、GANG PARADE、EMPiRE、WAgg、WACKオーディション参加者
特典会:CD販売開始時間:9:30〜
販売場所:壱岐の島ホール(壱岐文化ホール)大ホール  ロビー
特典会時間:
終演後〜17:00:BiS/EMPiRE/WAgg
17:00〜18:00:BiSH/GANG PARADE に分けて実施させて頂きます。

・WACK HP http://www.wack.jp/

WACK OFFiCiAL HP
http://www.wack.jp/

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。