【現地レポ】WACK合宿オーディション6日目③ーー3名が脱落、救済措置は「パプリカ」スクワット

StoryWriter

BiSBiSHGANG PARADEEMPiREのマネジメントを行う株式会社WACKが、2019年3月24~30日にかけて合宿型合同オーディション「WACK合同オーディション2019」を長崎県の離島・壱岐島を舞台に開催。

今回の合宿オーディションには、書類審査と2次オーディションを通過した22名(うち4名は前日壱岐島で行われた全員面接で合格)に加え、WACKによる育成プロジェクトWAggの7人(愛は不参加)、現役メンバーも途中から参加する。

BiSHからは、アユニ・D、
GANG PARADEからは、ヤママチミキ、
EMPiREからは、MAYU EMPiRE、
BiSからは、戦力外通告を受けたアヤ・エイトプリンス、YUiNA EMPiRE、トリアエズ・ハナ、ムロパナコ、
が途中より参加予定となっている。

また、最終日の3月30日(土)には、壱岐の島ホールにて、入場無料のフリー・イベント「WACK EXHiBiTiON」が開催。合格者の発表に加え、BiSHBiSGANG PARADEEMPiREがライヴを行う予定となっている。

その様子は最終日までニコニコ生放送ですべて中継される。

3月24日(日)12時~「前半」:https://live.nicovideo.jp/watch/lv318959031
3月27日(水)12時~「後半」:https://live.nicovideo.jp/watch/lv318959045


■17時30分〜 パフォーマンス審査

「合宿最後のパフォーマンス発表をしてもらいたいと思います。課題曲は各チームで話し合って選んでもらいましたが、どちらもBiSHの「オーケストラ」ということになりました」

合宿6日目。WACKメンバーチーム8名と候補生チーム6名の2チームが「オーケストラ」を披露するという、まさに最後のダンスパフォーマンスを象徴するようなものとなった。

「格好つけてもらって、とにかく自分が1番だと思ってパフォーマンスしてください」という渡辺の言葉を受け、候補生チームから順番に「オーケストラ」を披露した。

「どちらも気持ちがこもっていてよかったと思いました。惜しいなというところで、候補生は立ち位置がもうちょっと前でもよかったかな。自信のなさ、おびえが出ちゃっていたように見えた。勝負をつけるって話ではなかったけど、WACKのほうがよかったね。でも、この6日間で随分変わったとWACKも含めて思いました。アピールもありますので、最後まで気を抜かずに集中してやってもらえたらと思います」

そして、最後のダンスパフォーマンスは終了。WACK所属メンバーと候補生はバスに乗って定宿の太公望へと移動した。

■19時〜 アピールタイム

夕食を食べ、19時からはニコ生視聴者への最後のアピールタイムが設けられた。

1人3分で自分のことをアピールする。これまでの合宿において、ここでのスピーチで視聴者やスタッフの心を掴んだ候補生も少なくない。「泣いても笑っても、このスピーチで最後。悔いのないようにしゃべって」という渡辺の言葉のあと、1人ずつアピールを行なった。

太陽ノライオン
今日パフォーマンスした「オーケストラ」は、合宿で出会った候補生たちのことを想って歌いました。こんなに涙がでるのは久しぶりで、自分にとって悪いことではないこと。他の候補生をライバルだと思っていたけど、いいところや、学ぶところもあって、そこを思って涙を流せてよかった。一緒に戦った仲間のことは忘れたくないし、活かしたいし、そういう人たちのために負けちゃいけないと思いました。できないことはいっぱいあったかもしれないけど、やらなかったことは1つもなかったと思います。

セントチヒロノイモウト
応募したのは自分を変えたかったから。私はネガティヴで、すぐに諦めそうになるところがある。これまで悔しいと思わなかったけど、この合宿では初めて悔しいと思うことがたくさんあった。今日の「オーケストラ」は1番死ぬ気でやりました。他の候補生に勝つという気持ちより、昨日おとといの自分に勝つつもりでやりました。少しでも多くの人に伝わっていたら嬉しいです。変わったとは思うけど、まだまだ変われると思う。1週間で自信がついたのでアイドルになってたくさんの人に変われることを証明したいし、アイドルになって不安を取り去って楽しいという気持ちを伝えていきたい。

パルナ・パッ・チーン
私は昔学校に行けていなくて、青春の思い出も持っていなくて死にたいと思うこともありました。それは自分が逃げてきたかで、このまま死ぬ人生は怖いからこのオーディションに来ました。今は、悔し涙がでるくらい全力でぶつかってきた自信があります。こんなに感情がでてくることは初めて。それくらい全力で臨んだ合宿でした。誰かの人生に寄り添えるようなアイドルになりたい。挫折を味わったこそ、寄り添える歌を歌えると思う。私が誰より変わったと自信をもっていえます。明日で人生が決まってしまいます。いままで本当に苦しかった分、輝いた人生を送りたいから、明日まで気を抜かずやりたい。明日ステージに立てるよう応援よろしくおねがいします。

テラヤマユフ
ここに自信を持ってきました。でも歌唱審査でミスをして、すごく悔しかった。翌日から、候補生の中で1番マラソンを早く走ろうとしたけどダメでした。パフォーマンスにかけたけど、ただ歌って踊ってばかりで、自分は全然目立ってなかったです。次の日、自分のチームを自分で引っ張ろうと決断して、自分で考えてグループをまとめました。そこでリーダーの座をうばいました。次の日の面談は、渡辺さんに変人になれっていわれました。自分なりの変人になりました。セクシーなポーズとかいれました。候補生の中で、1番有言実行できたと思います。私は、アイドルになりたいのではなくて、WACKのアイドルになりたいです。壱岐の島のホールに立ちたいです。なかなかうまく気持ちを伝えることはできないけど、みなさんの前に経って、WACKの一員になります。

ウルウ・ル
合宿で過ごす1日が3日くらいの出来事に感じるくらい、すごいスピードで変わっていって。感情が変わるのが怖くなりました。渡辺さんは「怖がらなくていい」って言ってくれて。「オーケストラ」の落ちサビを私が歌ったら台無しになってしまうかと思いましたが、やりたいことをないがしろにしてはいけないと想いやらせていただきました。ステージで自信がなさそうな顔はしなかったです。自分のことを今1番信じています。自分に自信があります。もう臆病な人間じゃないし、私は強くなりました。やりたいことを絶対に叶えたいので、ウルウ・ルのことをよろしくおねがいします。

ナルハワールド
この合宿に、最初はもっとWAggを知ってもらうために参加しました。だけど、メンバーがどんどん落ちていって。1人落ちるごとに悲しくて泣いて、一生分の涙が枯れるくらい泣きました。自分が落ちたと思ったらと考えると怖かったけど、もっと自分のことを知ってもらいたいと思うようになりました。私は上にあがりたい。WAggのことも、メンバーのことも大好きだけど、上に登りたいです。なかなか自分のことを言えなくて繰り返したことを見抜いて、練習中に渡辺さんが名指しで呼んでくれて。そこから、絶対に後悔すると思って、全力を尽くしてきました。初日と比べて変わったと思います。しゃべれるようになったと思います。

ムイ・ガ・ドクソン
私はWACKのアイドルになりたくて応援しました。友達にBiSHを教えてもらって、初めてみた動画が「オーケストラ」でした。衝撃が強くて、私もこういう歌をうたい踊って衝撃を与えられるような人になりたいと思いました。この合宿を通して、メンバーさんと一緒に練習したり発表するなかで、ライヴだけじゃわからない熱い気持ちや刺激的なことが多くてたくさん学び、人生の糧になりました。私は普段悔しいとか思わない人間だけど、一度脱落したとき悔しくて、自分も負けず嫌いなんだと思いました。その気持ちを大事にしたいし、いろんな表現をしていきたいし、刺激を与えられるアイドルになりたいです。この合宿で変われたと思います。自信がついたし明るくなったし、みなさんの応援が糧になりました。応援よろしくおねがいします。

ドンドン
1番変わった瞬間は、BiSのメンバーさんと4人で「primal.」をしたとき。BiSにとって大切な曲で、安易な気持ちでできないプレッシャーがあったのに、3人は私を受からせようとがんばってくださって。BiSメンバーの脱退のきっかけになってしまうかと思って、自分なりにがんばりました。そこで1位をいただけたのが大きな自信につながったし、人のためにがんばる姿勢を目の当たりにしました。自分のためだけじゃなくて人のために体を張っているのをみて、だからWACKはこんなに強いんだと実感しました。自分が入って、強くなった自分を見せて、みなさんにWACKはこんなにすごいんだということを私のパフォーマンスで伝えたいです。今回私は直接面接で、自分で壱岐にきました。その場に来た100人の気落ちを背負っていると思ってやってきました。

YUiNA EMPiRE
BiSは戦力外の4人で参加させていただきました。その原因を考えたり、候補生の子に教えたり、いろんなことがあった合宿でした。頼りないところもあったけど、みんなの強い気持ちを実感できて、改めて私も初心に帰ることができました。4人だけじゃなくて、支えてくれる仲間がいて、信じて待ってくれている研究員の方もいて、BiSを守りたいと強く思いました。4月からのツアーも絶対に9人で回るので、信じて待ってくれているみなさんも楽しみに待っていてください。

ヤママチミキ
合宿前日まで不安を抱えたまま過ごしていました。前日にメンバーが送る会としてご飯会を開いてくれて、たくさんの激励や手紙をくれました。そこで不安は消えて、ギャンパレを背負って、代表としてここに来ることができました。ギャンパレをもっと知ってもらいたいし、好きになってもらいたい。あと候補生に先輩としての背中を見せようと4日間続けてきました。それができたのは、メンバーがすぐ近くにいる気持ちで応援を飛ばしてくれていたからです。候補生はみんなやさしくて、やる気に満ちている子たちばかりで、日々成長している人の姿を間近にみて、私自身変わらないといけないと思うようになりました。たくさんのことを学んだ充実していたと思います。ギャンパレの糧になる活動をできたと思います。はやくメンバーに会いたいな。

アンズピア
自信をつけるため合宿に参加しました。「オーケストラ」にはたくさんの思い入れがあって。BiSHさんとWACKを知ったきっかけの曲でした。私はBiSHさんに憧れてWAggに入りました。先輩の曲を歌わさせていただくことが決まったとき、出だしを歌いたいと思って歌わさせていただきました。WAggに入ってから、私にはまだ叶わないと思ってBiSHに入るのを諦めていたし、自信がなくなっているときがありました。でも今日は自信をもって「オーケストラ」を歌い踊りました。憧れのBiSHさんに昇格したいです。これからもがんばりますので、よろしくおねがいします。今のわたしには自信しかないです。

MAYU EMPiRE
候補生に1番身近な立場でいられたらいいなと思って、自分を動かすことをテーマにやってきました。最初は正直、誰も合格者がでないと思っていたけど日を重ねるうちにキラキラしていって、間近で見られたことが刺激的で自分も成長したいと思いました。メンバーがたくさん連絡をくれて、1人じゃないんだと感じたし、何があってもがんばれると感じました。すごく弱かったですが、少しは度胸がついたんじゃないかと思います。

ムロパナコ
正直、楽しいことばかりじゃなかったです。仲間の脱退が決まっちゃったから。それでも最後まで絶対、諦めないです。研究員のみなさん、待っていてください。絶対、9人でツアーをまわって最高にします。私は覆せると信じてかんばります。YUiNAも言っていたんですけど、BiS全員諦めないです。参加しているのは私たちですけど誰も諦めないです。一緒に世界を変えることを諦めないです。

アユニ・D
ここにいる人たちが体力や精神を削って臨んでいて、愛と感謝を忘れずにということを学ばされました。

上記スピーチを終えたあと、WACKメンバーが候補生の質問に答える和やかなコーナーを行い、合宿6日目の投票と結果発表が行われた。

■21時〜 合宿6日目の投票、結果発表

大広間に集まり、視聴者投票が行われた。

集計を待っている間、渡辺が「人間は縁とか運に影響されるもので、努力次第でそこの可能性を高めることはできるけど、どうしてもできないこともある。だから、今日脱落したとしても実力不足だったということではない」と語り、下記順位を発表した。

■視聴者投票順位
1. テラヤマユフ(2700票)
2. ムイ・ガ・ドクソン(2243票)
3. セントチヒロノイモウト(1914票)
4. 太陽ノライオン(1673票)
5. パルナ・パッ・チーン(1520票)
6. ドンドン(1274票)

■改名をかけたWACKメンバーポイント
1. ヤママチミキ(98P)
2. アユニ・D(92P)
3. ムロパナコ(74P)
4. YUiNA EMPiRE(69P)
5. ウルウ・ル(666P)
6. MAYU EMPiRE(60P)
7. ナルハワールド(53P)
8. アンズピア(45P)

上記発表を元に、本日の脱落者が発表された。

■本日の脱落者(3名)
・ドンドン
・太陽ノライオン
・ムイ・ガ・ドクソン

救済措置
明日朝6時に「パプリカ」を流している間、最も多くスクワットをできた人が残留

ーーーーーーーーーー

昨日のアヤ・エイトプリンスのBiS脱退に続き、トリアエズ・ハナの脱退の決定から始まった合宿6日目。22名いた候補生も6名となり、いよいよ明日合格者発表が行われる。早朝6時からは、本日の脱落者3名を対象に、BiSの楽曲「パプリカ」の楽曲中、どれだけスクワットができるかで敗者復活が決まる。

明日3月30日は、壱岐の島ホールにて、入場無料のフリー・イベント「WACK EXHiBiTiON」が開催。合格者の発表に加え、BiSHBiSGANG PARADEEMPiREがライヴを行う予定となっている。その様子はニコ生にて中継される。

取材&文:西澤裕郎
写真:外林健太


WACKのオーディション合宿を今年もニコ生で独占生中継

24時間、WACKオーディションに密着!布団監視も実施!6泊7日全て見せます!
最終日に行われるWACK EXiBiTiONも生中継!

3月24日(日)12時~「前半」はこちらから:https://live.nicovideo.jp/watch/lv318959031
3月27日(水)12時~「後半」はこちらから:https://live.nicovideo.jp/watch/lv318959045

■イベント詳細

WACK EXHiBiTiON概要
2019年3月30日(土)壱岐の島ホール(壱岐文化ホール)大ホール
時間:開場 12:00 開演 13:00
入場料:無料
※FCツアーの参加者が優先入場となります。
※9:00からイベント会場入り口付近にて整列開始いたします。
※整理券の配布はございません。
出演:BiSH、BiS、GANG PARADE、EMPiRE、WAgg、WACKオーディション参加者
特典会:CD販売開始時間:9:30〜
販売場所:壱岐の島ホール(壱岐文化ホール)大ホール  ロビー
特典会時間:
終演後〜17:00:BiS/EMPiRE/WAgg
17:00〜18:00:BiSH/GANG PARADE に分けて実施させて頂きます。

・WACK HP http://www.wack.jp/

WACK OFFiCiAL HP
http://www.wack.jp/

PICK UP