【GANG PARADE 連載 Vol.3】ヤママチミキ編「ギャンパレを人を幸せにするグループにしたい」

BiSH、BiS、EMPiREと同じ事務所WACKに所属する9人組アイドル・グループ、GANG PARADE。2019年4月17日には、ワーナーミュージック・ジャパン内の新レーベル「FUELED BY MENTAIKO」より、シングル『ブランニューパレード』にてメジャー・デビュー。5月19日には大阪・大阪城音楽堂、5月26日には東京・日比谷野外大音楽堂で野音ワンマンツアー〈CHALLENGE the LIMIT TOUR〉を行う。

また、2019年3月24~30日にかけて長崎県壱岐島で開催された合宿型合同オーディション「WACK合同オーディション2019」にて、WAggのナルハワールドのGANG PARADEへの昇格が決定、5月26日に行われる日比谷野外大音楽堂公演より10人体制として活動をしていく。そんな大きな舞台へと飛び立とうとしているGANG PARADEへの個別インタビューを毎月更新する。

2019年1発目となる今回は、GANG PARADEの前身グループPOP時代から活動を続けるヤママチミキ。「WACK合同オーディション2019」にWACK現役メンバーとして参加し、候補生とともにダンス審査に向けてチームを作ったり、早朝マラソンや、苦手な野菜などにも挑んだ。そんなヤママチが合宿で何を得たのか、そして10人体制のGANG PARADEをどうしていきたいのか、合宿翌日に話を訊いた。

インタヴュー&文:西澤裕郎
写真:Jumpei Yamada


「うわ、葉っぱだ……」無心で食べました

──2019年3月24~30日にかけて長崎県の離島・壱岐島で行われた〈WACK合宿オーディション〉に、ミキさんも現役メンバーとして3日目から参加しました。昨日東京に戻ってきたばかりですけど、振り返ってみてどんな合宿でしたか?

ヤママチミキ(以下、ミキ):去年、一昨年の合同オーディションは、WACKメンバーに焦点が当たって候補者があまり目立たなくなってしまったので、候補者やWAggの子たちをサポートできたらと最初は思っていて。だけど、よく考えたら(戦力外通告を受けた)BiSの子たちも自分の人生をかけて来ていたので、個人的に自分に焦点を当てないようにと思いつつ行動していたけど、正直思っていたようにはあまりできていなかったかもなと振り返ってみて思います。

──肉体的にも精神的にも大変な日々だったと思うんですけど、全体を通してどのような感情が強かったですか。

ミキ:思ったよりも自分は楽しめていたかなと思います。朝からマラソンをしたり、苦手な野菜を食べたりしないといけなかったんですけど、メインはダンス審査だったじゃないですか? たった数時間で候補生と1つのグループを作る難しさを感じつつ、少しずつ全員で共有できるものもあって。そこに楽しみを見出せていました。あと、(同じくWACKメンバーとして参加した)アユニ・DちゃんとMAYU EMPiREが結構しゃべってくれて。それもすごく楽しかったですね。

──最初のダンス審査では、WACK現役メンバーの3人でチームを組んでいましたもんね。ミキさんがチームを引っ張るという感じだったんですか?

ミキ:いや、しゃべり出すのが私だっただけで、アユニちゃんが「BiSHだとこういう動きはやらないから、ちょっとやってみたかった」って言ってくれたり、そこからヒントを得てMAYUが「こういう動きがいいんじゃないか?」って言ってくれたり。最初の課題の「WACK is FXXK」は、3人のアイデアや思いが均等に詰まったものができました。プロとしてステージに何回も立っていた3人が集まったので、お客さんのことを考えて振りを作ったり、雰囲気のよさも生まれたりして。それが結果として楽しさに繋がったのかなって思います。

──候補生に関してはダンス初心者の子たちも多かったですが、どういうところを重視してミキさんはチームを作り上げていったんでしょう?

ミキ:まずは振りとフォーメーションを通して、その子がどういう子なのかを見ていきました。ある程度できるようになったら、1人1人に「ここはこうしよう」って話をしていって。自分の中で最終的にチーム感を出すことが絶対条件だったし、1人1人の気持ちが入るものにしないといけないなと思ってやっていました。

──去年はキャン・GP・マイカさん、一昨年は(ユメノ)ユアさんと(テラシマ)ユウカさんがギャンパレから合宿に来ていました。毎回、合宿に参加していないメンバーがLINEなどで応援メッセージを送っているのが印象的でしたけど、今年はいかがだったんでしょう。

ミキ:今回もめっちゃLINEが来ました(笑)。始まる前は「頑張れ」って感じで、ダンス審査の結果発表の後は「おめでとう」っていう言葉を送ってくれたり。それが自分の力になって、本当に嬉しかったですね。1人だけど1人じゃないってことを、そういう部分でも感じることができました。

──日常生活ではまったく食べないくらい、ミキさんは野菜と刺身が苦手ですよね? 今回の合宿ではすべて完食できたんですか?

ミキ:意地で全部食べました(笑)。

──食べているときはどんな心境でした?

ミキ:無心です(笑)。「うわ、葉っぱだ……」と思ってから無心で食べました。〈WACK EXHiBiTiON〉前日の夜が最後のご飯だったんですけど、これでやっと野菜から解放されるんだ…… っていう嬉しい気持ちでいっぱいでした(笑)。

──あははは。合宿6日目のニコ生視聴者に向けた3分アピールタイムでの「早くみんなに会いたいな」っていうスピーチが印象的でした。

ミキ:私たちWACKメンバーって、改名は懸かっていたけど脱落とかはなかったから、何を言ったら観ている人に刺さるかが難しくて。残り時間が30秒になったとき、メンバーに対して思いを伝えられていないかなと思って、1番メンバーに伝えたい気持ちを最後の2秒くらいで伝えました(笑)。

10人って数の暴力がすごすぎる(笑)

──約1週間ぶりに会ったメンバーとともに立った〈WACK EXHiBiTiON〉でのライヴは、どんな思いで臨んだんでしょう。

ミキ:始まる前みんなで話したときに、私は単純に楽しみたいってことを話して。合宿中のダンス審査って、スタッフのみなさんがバーって1列に並んで真顔で観ているんですよ。その光景は異様で怖いというか不思議な空間で。お客さんを目の前にしたらもっと楽しいだろうなと思いながらダンス審査も臨んでいたので、そこでのちょっとしたフラストレーションを発散したいなと思って。私たちが楽しめばお客さんも自然と笑ってくれるだろうなと思っていたので。単純に楽しもうと思いつつ臨みました。めっちゃ緊張しましたけど。

──ライヴのMCもミキさんが務めました。どういうことを伝えたかったんでしょう?

ミキ:合宿は絶対に1人では乗り越えられなかったので、感謝の気持ちを述べたいと思っていて。たくさんの人に支えてもらった感謝をしつつ、GANG PARADEの未来が見えることを言おうという気持ちでいましたね。

──〈WACK EXHiBiTiON〉では、ナルハワールドのギャンパレ入りが発表されました。その時の心境はいかがでしたか。

ミキ:びっくりしました。でも、よくよく考えてみたら、アユニちゃんとMAYUと「WACK is FXXK」をやったとき以外、ダンス審査で私のチームに毎回ナルハがいた気がしていて。一緒にいっぱいやってきたからこそ、ナルハワールドが何を目指しているのか、どう見せたいのかとか、頑張っている姿が見えてきて。どんどん頼もしくなっていった姿を間近で見たからこそ、GANG PARADEに入ってきてくれるのがすごく嬉しいなと思いました。すごくいい子なんですよ。

──とはいえ、まさか9人以上になるとは想像していなかったんじゃないですか?メンバーも発表の瞬間きょとんとしていたというか。去年、月ノさんとハルナさんの名前が呼ばれて、うわーって駆け寄っていったのとは、またちょっと違った雰囲気だったなって。

ミキ:これまで9人で頑張ってきたし、誰も欠けずに続けていくためにGANG PARADEを知ってもらおうという気持ちで合宿に臨んでいたので、最初はびっくりしてしまって。それですぐ反応できなかったんですけど、ナルハが呼ばれてすぐに駆け寄ってあげられなかったのは本当に申し訳なかったなって。別に9人がダメだった訳では絶対なかったし、今よりもいいGANG PARADEを作るために、渡辺(淳之介/WACK代表)さんが考えて入れてくださったので。私もナルハがどれだけ努力をして、あれだけクオリティの高いものを作ってきたかも観ていたので、不安というのは一切ないんです。逆に10人って数の暴力がすごすぎるじゃないですか(笑)。ハルナとは違ったタイプのちびっこなので、そこでも全く違った見せ方になるんだろうなと。あと、ギャンパレはメンバー数が偶数だった時がほぼないので、フォーメーションも含め、新しく楽しめるものが見せられるかなと思っています。

真正面からぶつかるって結構怖いこと

──〈WACK EXHiBiTiON〉では、BiSの解散発表もされました。それに対しては、どういう気持ちだったんでしょう。

ミキ:経緯や詳しいことは知らないので、私が言うことではないなとは思うんですけど、アヤをはじめ、初期メンバーのキカ(・フロント・フロンタール)ちゃん、ペリ(・ウブ)、ゴジ(―ラ)はずっとライバル的な関係でやり続けてきたので、単純に悲しかったです。ただ、9人でちゃんと話し合って、その大きな決断をしたはすごいなと思いました。9人みんながBiSを守らなきゃと思っていたけど、なかなかいい方向に風を吹かせられない状態が続いていたので、そこで大きな決断をしたのはかっこいいなって。あの9人のBiSとは仲間であり、ライバルでもあったので、できることだったら関係をずっと続けていられたらよかったなという気持ちもあります。

──合宿4日目でアヤさんが脱落した時、ミキさんも涙を流していました。あの時はどんな心境だったんでしょう。

ミキ:アヤが1つのことにしかまっすぐに突き進めない子だということも、BiSに対してすごく考えていたのも知っていたし、すごく強い気持ちを持ってこの合宿に参加していたんだろうなというのが見えてきたので、悔しくなっちゃって。私は、GANG PARADEのアヤも大好きだったけど、めちゃくちゃかっこよく歌い上げているBiSのアヤが大好きだった。その姿をもう見れなくなるのかと、あの瞬間に思ったら涙が止まらなくなりました。

──レンタルトレード期間中、ギャンパレでアヤさんと過ごした日々があるからこそ、特別な気持ちもあったんでしょうね。

ミキ:やっぱり特別だったんでしょうね。GANG PARADEのアヤ・エイトプリンスと活動した期間はすごく特別な時間だった。その期間があったからこそ、アヤの脱落というのは仲間を失った感覚がありました。

──いろいろなストーリーが絡み合いながら同時並行していった合宿で、上手くいったところもあれば、残念なこともあったりとかしたと思うんですけど、合宿に参加したことで得たものはありますか?

ミキ:正直、この合宿で自分の何かが変われたか自分では分からなくて。ただ、この合宿を通して人との関わりの重要さを知りました。今までの活動でスタッフさんとしゃべることを私はあまりできていなかったので。今更なんですけど、すごい大事なことだったなって。あと、メンバーの大事さをすごく感じました。1人で行ったけど後ろに8人が立っていてくれていた。人に助けられた合宿でした。

──去年は「後悔するな」という言葉が印象的な合宿でしたけど、今回は「周りに好かれなきゃ」ということが印象に残る合宿だなとも思いました。

ミキ:それに加えて、小手先を使わないようにというのも言われていたので、真剣勝負をしようと思って。真正面からぶつかるって結構怖いことなんです。それこそ去年だったら、パンストを使うみたいなこともあって、今年も使おうと思えば全然使えたんですけど、それは今年求められているものではなかった。正面からぶつかる大事さみたいなものが大きかったかなと思いますね。

ハッピーになるものを作っていきたい

──これからギャンパレは、メジャー・デビュー、そして野音ツアーに向かっていきます。日比谷野音からナルハが入って10人体制にもなりますが、どういう気持ちでそれぞれに向かっていこうと思っていますか?

ミキ:まずは9人のGANG PARADEを最強にしてメジャー・デビュー・シングルのリリース、集大成の大阪野音を迎えたいです。これまで、GANG PARADEは事あるごとにスタートを切っているので、今回は9人の活動と10人の活動を切り離したくはなくて。日比谷では大阪野音を超えるものを作らなければいけないけど、そこで「日比谷の方がよかったね」と言われるのもむかつくので、演者としては全く違うものをパフォーマンスで見せたい。逆に「9人の方がよかった」って言われても、そんなこと絶対ないって思うだろうし。9人も10人もどちらもよかったから、今後のGANG PARADEめちゃくちゃ楽しみだね! と思ってもらえるくらいGANG PARADEらしいハッピーさを持って終われたらいいですね。お客さんにもスタッフさんにもそういう風に思ってもらえるものを作りたいです。

──メジャーデビューシングル「ブランニュー・パレード」に対しては、どのような思いがこもっていますか?

 

ミキ:合宿中の寝る前に聴いていたんですけど、本当に背中を押してくれる楽曲だなと思って。こんなに明るく人の背中を押せる曲ってなかなかないと思う。今までのGANG PARADEの曲って、自分たちを奮い立たせる応援歌系が多かった。「ブランニュー・パレード」は〈僕らは試されているんだな〉って言っているのに〈大丈夫なんです〉って自分たちで歌っていて。自信なさそうには歌えない曲なんです。GANG PARADEの中でギュッと詰まったメジャーへの強い気持ちをのせて歌える曲だし、人の心を動かせる曲なのでそういう気持ちで歌おうと思います。

──最近のシングルはわりとシリアス系な曲だったので、パッと開けるような明るさもある楽曲ですし、メジャーデビューにふさわしい曲だと思います。

ミキ:最近ギャンパレを知ってくれた人でも。これがGANG PARADEらしいんだと思ってもらえる楽曲に育てていきたいです。月とハルナが入ってきて「GANG 2」、「CAN’T STOP」と寄り添うみたいな感じの曲だったけど、元気を与えるという感じの曲をメジャー・デビュー1発目で出せるのはよかったなと思います。

──メジャーという舞台、そして10人体制になるGANG PARADE。この先、どんなグループにしていきたいと思いますか?

ミキ:〈WACK EXHiBiTiON〉のMCでも言ったんですけど、ココ、ユユ、ドク、マイカ、ユア、ミキ、サキの7人時代あたりから、お客さんがGANG PARADEのライヴを観て「楽しい」って言ってくれることが多くなって。BiSHは格好いい、BiSもエモーショナルでかっこいいって印象が強いと思うので、単純に嫌なことを忘れてもらったりできるグループになれたら強いなって。私はギャンパレを人を幸せにするグループにしたいとずっと思い続けているので、それをこれからも継続していきたいですね。楽しくない人生は嫌じゃないですか? せっかくGANG PARADEを知ってもらってライヴに来てもらうんだったら、楽しんでもらいたいし、幸せになってもらいたい。もちろん曲によっては悲しみをかみしめたりするものもあると思うんですけど、最終的にGANG PARADEを観るとやっぱりハッピーになるものを作っていきたいですね。


GANG PARADE PROFILE

「みんなの遊び場」をコンセプトに活動する、カミヤサキ、ヤママチミキ、ユメノユア、キャン・GP・マイカ、ココ・パーティン・ココ、テラシマユウカ、ユイ・ガ・ドクソン、ハルナ・バッ・チーン、月ノウサギの9人からなるアイドルグループ。2014年に結成されたプラニメが前身ユニットで、2度の改名とメンバーの増減を経て2018年4月17日、現体制での活動をスタートさせる。同年9月20日に自身最大規模のワンマンライブをZepp Tokyoにて成功させ、2019年1月8日に現体制での初AL『LAST GANG PARADE』をリリース。4月17日にワーナーミュージック・ジャパン内新レーベル「FUELED BY MENTAIKO」よりシングル『ブランニューパレード』でメジャーデビュー。

■ライヴ情報
CHALLENGE the LIMIT TOUR
2019年5月19日(日)大阪 大阪城野外音楽堂
Open/Start 16:30/17:30
[問]サウンドクリエーター 06-6357-4400

2019年5月26日(日)東京 日比谷野外音楽堂
Open/Start 17:00/18:00
[問]KM MUSIC 045-201-9999

チケットURL : w.pia.jp/t/gangparade/
指定席 6,000円(税込)
芝生席 5,000円(税込) ※大阪公演のみ
立見席 5,000円(税込) ※東京公演のみ

■リリース情報
GANG PARADE  MAJOR DEBUT SINGLE『ブランニューパレード』
収録曲:
1. ブランニューパレード (作詞:松隈ケンタ×JxSxK 作曲:松隈ケンタ 編曲:SCRAMBLES)
2. Dreamer (作詞:テラシマユウカ 作曲:松隈ケンタ 編曲:SCRAMBLES)(+Instrumental))
2019年4月17日(水)発売
品番:WPCL-13035
価格:1,000円+tax
WARNER MUSIC JAPAN/FUELED BY MENTAIKO
予約購入リンク:https://GANGPARADE.lnk.to/NEWSG0413AW

.

あわせて読みたい