坂本慎太郎とデヴェンドラ・バンハートがフィーチャリングした、O Ternoの7インチが5月に発売

ブラジル・サンパウロを拠点に活動するバンド、O Ternoのニューアルバム『atrás/além』に収録される「Volta e meia」に、坂本慎太郎とデヴェンドラ・バンハートがフィーチャリングで参加。同楽曲が収録された坂本慎太郎によるアートワークの7inch vinylが、5月22日にzelone recordsよりリリースされる。

これは、坂本慎太郎がソロ初ライヴを行なった、2017年ドイツ・ケルンで開催された〈WEEK-END Festival #7〉に出演していたO Ternoとデヴェンドラ・バンハートとの交流がきっかけとなり、O Ternoからのオファーで今回のコラボレーションが実現した。

共演曲「Volta e meia」は、O Ternoの今までのソウル/ロック路線とはまた違う、淡いサウダージとメロウネスを醸し出す、洗練されたソフトサイケなMPB。カップリングに収録される「Tudo que eu não fiz」は、ニューアルバムの冒頭を飾る、ほのかにサイケな珠玉のトロピカリア/ソフト・ロック・チューンで、どちらも新作を代表する2曲となっている。

この3rdシングル『Volta e meia』は4月16日に、ニューアルバム『atrás/além』は4月23日にブラジルより世界配信される予定。(西澤裕郎)

アルバムからの先行1stシングル「nada/tudo / O Terno」配信中。
https://open.spotify.com/album/3mGGVuDTUHfwi2jHrCQ133?fbclid=IwAR0VHp01lPnjuFw22bhzciosIXZB2daLsUHBrHD9Q2KwVffwmrhyBFsxFYY

アルバムからの先行2ndシングル「Pegando Love / O Terno」配信中。
https://open.spotify.com/album/6Y1moKXx6lYvzjc22jX4wY?fbclid=IwAR3xjqKQpKPqM-ojGUMv86sziuLO7vX6PXE3C5UZNTDBFHd-pzqm74FgHNc


■リリース情報

Volta e meia『O Terno feat. Shintaro Sakamoto & Devendra Banhart』
2019年5月22日(水)zelone recordsより発売

SIDE A: Volta e meia / O Terno feat. Shintaro Sakamoto & Devendra Banhart [3:17]
Biel Basile – drums, mpc, percussion
Guilherme d’Almeida – bass
Tim Bernardes – vocals, acoustic and electric guitars, synthesizers
Felipe Pacheco Ventura – violins
Amilcar Rodrigues – flugelhorn, trumpet
Shintaro Sakamoto – vocals
Devendra Banhart – vocals

SIDE AA: Tudo que eu não fiz / O Terno [3:47]
Biel Basile – drums
Guilherme d’Almeida – bass
Tim Bernardes – vocals, electric and acoustic guitars
Felipe Pacheco Ventura – violins
Douglas Antunes – trombone
Amilcar Rodrigues – trumpet
Beto Montag – vibraphone

O terno: Biel Basile, Guilherme d’Almeida and Tim Bernardes
Compositions, Arrangements and Musical Production: Tim Bernardes
Co-production: Gui Jesus Toledo, Biel Basile, Guilherme d’Almeida

Recording and Sound Engineering: Gui Jesus Toledo
Mixing: Tim Bernardes
Mastering: Fernando Sanches

Art Work: Shintaro Sakamoto

あわせて読みたい