【ライブレポ】第2期BiS、2年8ヶ月間の活動に幕を下ろす「この解散がよかったと思えますように」

BiSが5月11日に〈Are you ready to go? TOUR〉のファイナル公演をマイナビBLITZ赤坂にて開催。このライブをもって、2016年より再始動した第2期BiSの活動に幕を下ろした。

2010年に結成し2014年に解散したBiSは、2016年に合宿オーディションを行い再結成。第2期BiSとして活動をはじめ、2018年3月にはBiSの創設者でもあるプー・ルイが両国国技館ワンマンをもって卒業。その後、《BiS.LEAGUE》というリーグ制を取り入れるなど試行錯誤しながら活動してきたが、2019年3月に長崎県壱岐島で開催されたWACK合宿オーディションで、メンバーの申し出により解散を表明した。

4月より全国11ヶ所を回るツアー〈BiS Are you ready to go? TOUR〉のファイナルをもって第2期BiSは解散することとになっており、関係者席を急遽開放し販売された当日券もすぐに売り切れるなど、大きな注目と熱気に包まれた会場で約2時間にわたるライブが繰り広げられた。

定刻になり、9人のメンバーたちがステージに登場すると「新生アイドル研究会BiSです」とお馴染みの挨拶をし、第2期BiSはじまりの楽曲「BiSBiS」からライブはスタート。世界を変えるんだと歌った「CHANGE the WORLD」ではパン・ルナリーフィが観客の上に立ちパフォーマンスをしたり、シングル楽曲「I can’t say NO!!!!!!!」ではゴ・ジーラが客席にダイブするなど、これまで第2期BiSでは封じ手とされていたパフォーマンスに会場は湧いた。

旧BiS1stのシングル『アゲンストザペイン』完全生産限定盤のみに収録されていた「イツカヤラレルゾ」を9人で初パフォーマンスするなど、第2期BiSでリリースしてきた楽曲たちをMCも休憩なしに24曲駆け抜け、アヤ・エイトプリンスが「たくさんの素敵な景色を、ありがとうございました」と語り「アゲンストザペイン」をパフォーマンスし、本編は幕を閉じた。

メンバーがステージを下りた後、観客たちがスマートフォンのライトを照らしアンコールを叫ぶ中、再びステージに登場した9人のメンバーたちは、1人ずつ挨拶をした。

ムロパナコ「スタッフさんも、ここに集まってくれた研究員のみんなも、愛がすごくて。愛がすごく溢れている場所に、今、私はいます。ここにいられるのがすごく幸せで、ここでもらった愛は、私が明日から生きていくための大きい糧になると思いました。みなさん幸せに生きてください。BiSのそして でんせつが はじまった!担当ムロパナコでした」

パン・ルナリーフィ「BiSとは私にとって第一の人生でした。これまで2年間、いろんな人や、今日来てくれたみんな、来れなかったたくさんの人に支えられて「世界を変えようね」と言って活動してきました。だけど、第2期BiSでは世界を変えることができず、今日5月11日に解散となります。でも、BiSの曲は影響に残って、不滅です。楽曲は生き続けるし、これからのBiSの楽曲と、私たちの生き様で世界を変えたいと思っています。みなさん、第2期BiSは好きですか?(大好きと研究員が叫ぶ)第2期BiSありがとうございました。私もBiSが大好きです。パン・ルナリーフィでした」

キカ・フロント・フロンタール「BiSとして活動してきた2年8ヶ月、本当に夢のような毎日でした。正直言うと、もっと夢を見ていたかったなと、悔しい気持ちもあります。これからはBiSという夢から覚めて、新しい私の夢に向かって進んでいきます。最後に、私はBiSが大好きでした。みなさん幸せになってください。私も幸せになります!」

ゴ・ジーラ「解散について無念はありますし、叶えられなかった夢も山ほどあるし、何より研究員の期待を裏切ってしまって悔しい気持ちなんですけど、BiSがすべてになった生活がすごく楽しかったので幸せやったなと思います。結局、誰が入っても抜けてもBiSはBiSやったということで、これからもBiSは続いていくみたいです。私はすべてなくなっちゃって何も考えられなくなっちゃうので、今日でゴ・ジーラは死にます。なので、これからもBiSをよろしくおねがいします。さよならー」

アヤ・エイトプリンス「私はずっと正直なことを言えなかったんですけど、今日、この解散当日までBiSを好きじゃなかったです。好きになりたかったけど、正直、ずっと好きになれない期間をこの1年間過ごしてきました。でも、今日ここに集まってくださったみなさんたち、ニコ生を見ているみなさんたち、来られなかったみなさんたちやスタッフさんやメンバーでBiSの曲を歌って、本当はBiSが大好きだったんだなって思いました。GANG PARADEのとき、BiSのとき、私を支えて応援してくださったみなさん、本当に、本当にありがとうございました。私は笑顔を忘れずに、これからもどんなことも乗り越えていきます。みなさんも笑顔を忘れないで生きていってください。BiSのアヤ・エイトプリンスでした」

YUiNA EMPiRE「BiSのYUiNA EMPiREです。みんなにとってBiSはどんな存在でしたか? 私は大切な居場所でした。それは去年移籍してきて、メンバーも、スタッフさんも、研究員のみんなも、暖かく受け入れてくれたおかげです。今日BiSは解散してしまうけど、私の中で大切な仲間ということに変わりはありません。だから、みんなの中でも、それぞれのBiS、格好いいBiSの楽曲が生き続いたらと本当に思います。私もBiSが本当に大好きでした」

トリアエズ・ハナ「私はもともとBiSになりたかった訳ではなくて、WACKオーデ2018を将来歌がうたいたい、アイドルになりたいと思って受けました。だけど、BiSに合格して、BiSのことがすごく好きになりました。もともと大好きだった歌やダンスももっともっと大好きになったし、家族とか友達とかのありがたさもすごく学んだし、こうやって大好きなメンバー、スタッフさん、研究員のみんなと出会えて、とっても幸せだったなと思います。BiSの歌姫になれたかはわからないけど、私の大切なBiSの曲たちがずっとずっと聴き続けてもらえたらなって思います。以上、BiSのカンパイ担当、そして歌姫、トリアエズ・ハナでした」

ペリ・ウブ「今まで支えてくださった関係者の方々や、応援してくれていたファンのみなさまのおかげで、私たちはBiSをすることができました。私をBiSにしてくれて、心の底からありがとうございます。BiSが再始動してからの2年8ヶ月間は、私にとってとてもとても大きなものです。これからはBiSで得た大きな蓄えを活かして、それぞれの第2章へと生きていきます。私は新しい未来へ挑戦することをワクワクしています。みなさまも未来にワクワクしながら、未来のためにある今を全力で楽しんでもらいたいです。以上、BiSの人生楽勝担当、ペリ・ウブでした」

ミュークラブ「BiSのミュークラブです…… という挨拶をするのも今日が最後の日になってしまいました。私にとってBiSは本気になれたもので、悔しくて本気で泣いたし、嬉しくて本気で笑えたものでした。みんなからもらったたくさんの愛とか、本気になれたことを私はこれからのパワーにしていきます。ざあまーみろーーーー!!!! 以上、BiSでした」

そして最後は、9人体制になって最初で最後のシングル楽曲「Are you ready?」をパフォーマンスして第2期BiSは活動にピリオドを打った。

その後、ステージにマイクがセットされ、BiSが所属するWACK代表の渡辺淳之介が登場した。

「BiS、本日で解散になるんですけど、メンバーの今後についてお話をさせてもらいたいと思います。

まず、ゴ・ジーラ&キカ・フロント・フロンタール。事務所との即時契約解除いたします。5月12日以降、弊社では一切の責任を負いません。どうやら2人は旅にでるようです。ゴ・ジーラに関しては空を飛ぶとかわけわからないことを言っております。キカは芸能の以外の活動をしたようなので、渡辺個人的にサポートしたいと思っております。

そして、パン・ルナリーフィ、ムロパナコ、YUiNA EMPiRE、弊社との契約を継続致します。続報をお待ちください。

そして、アヤ・エイトプリンス、ミュークラブ 、トリアエズ・ハナ、ペリ・ウブ、事務所との契約を即時解除いたします。そして、5月12日以降、弊社では一切の責任を負いません。ですが、よく聞いてください。先に挙げた4人のメンバーは活動を継続したいという意思があるようです。野球でいういわゆるFA宣言をさせていただきます。移籍金、契約金なし、人的補償なし、即時活動可能です。ご興味ある事務所の方は、fa@wack.jp まで、ご応募期限は5月末日とさせていただきます。なお、FAメンバーの弊社残留は認めません。

最後に。俺には俺の解散しなければいけない理由がありました。きっとメンバーにもあると思います。それはきっと研究員には一生わからないことなんだと思います。一生会わないと思いますが、また楽しいところで一緒になれたらいいかなーなんて思っています。いつの日か、この解散がよかったと思えますように。アディオス」

こうして約2年8ヶ月にわたる第2期BiSの活動は幕を閉じた。壱岐で行われたフリーイベント「WACK EXiBiTiON」で、BiS再結成オーディションの開催が発表されていたように、すでに第3期となるBiSは動き始めている。この解散の先に、どのようなBiSの活動が待っているのか。メンバー、そしてBiSのこれからの動向から目が離せない。

取材&文:西澤裕郎
写真:外林健太


〈Are you ready to go? TOUR〉ファイナル公演
2019年5月11日(土)マイナビBLITZ赤坂

セットリスト
1. BiSBiS
2. Did not
3. TiME OVER
4. NOT the END
5. CHANGE the WORLD
6. gives
7. YPP
8. Happy Birthday
9. Never Starting Song
10. ミステリアスホール
11. SOCiALiSM
12. I can’t say NO!!!!!!!
13. WHOLE LOTTA LOVE
14. Don’t miss it!!
15. ぎぶみあちょこれいと
16. Human after all
17. Not Special
18. SAY YES
19. ロミオの心臓
20. 明日が来るなら
21. イツカヤラレルゾ
22. FLY
23. twisted grunge
24. NAKODUB
25. アゲンストザペイン
ENcore. Are you ready?

あわせて読みたい