本格サウナ・ドキュメンタリー映画『サウナのあるところ』は日本にサウナブームをもたらすか

2019年9月14日(土)より、アップリンク渋谷、アップリンク吉祥寺、新宿シネマカリテほか全国順次公開する、サウナの本場・フィンランドから届いた本格サウナ・ドキュメンタリー映画『サウナのあるところ』の予告編が公開された。

 

世界幸福度ランキング2年連続1位(2018/19)となったフィンランドでは、自宅やオフィスのプライベートなサウナから湖畔や街のなかの公衆サウナまで、日本のお風呂のように暮らしにサウナが根づいている。予告編では、DIYによるキャンピングカー型、トラクター型、電話ボックス型などユニークなサウナが登場。また、身も心も裸になったサウナで、シャイで寡黙と言われるフィンランドの男性たちが、人生を語り涙する姿も映し出されている。


「サ活」「サウナー」が増殖中、7月からはサウナをテーマにしたドラマ(『サ道』テレビ東京)が始まるなど、日本でも空前のサウナブームが到来しているのかもしれない。気になる人はチェックしてみてはいかがだろう。(ヨコザワカイト)


■あらすじ/詳細
サウナのロウリュ(蒸気)は、やさしく心を溶かしていく。
寡黙なフィンランドの男たちが、身も心も裸になったサウナでは、人生の悩みや苦しみを打ち明け、号泣する。自宅やオフィスのプライベートなサウナから森の湖畔や街なかの公衆サウナまで、日常的にサウナを楽しむ国・北欧フィンランド。身も心も裸になったサウナの中ではシャイで寡黙と言われるフィンランドの男たちが、心の奥底にしまっていた人生の悩みや苦しみを打ち明け、次々と号泣する。
“サウナのあるところ”には、「なにか」がある? 世界幸福度ランキング2年連続1位となったフィンランドの人々の日常にサウナがある“幸せ”を感じさせる異色ドキュメンタリー。究極の癒しやデトックス、自分に戻る場としてだけでなく、日本の銭湯・温泉文化にも通じる、人とのつながりを生む場としてのサウナの魅力を再発見する。日本でも空前の「ととのう」サウナブームが到来中! 「サ活」や「サウナー」が増殖するなか、サウナの本場と言われるフィンランドで1年以上のロングラン上映となった本格サウナ・ドキュメンタリーが、フィンランド・日本外交関係樹立100周年記念の年に満を持して公開。

■作品情報
『サウナのあるところ』
2010年/フィンランド/フィンランド語/ドキュメンタリー/81分/原題:Miestenvuoro/英題:SteamofLife
監督:ヨーナス・バリヘル、ミカ・ホタカイネン/後援:フィンランド大使館、公益社団法人日本サウナ・スパ協会
提供・配給:アップリンク+kinologue ©2010OktoberOy.
フィンランド・アカデミー賞(ユッシ賞)2011最優秀ドキュメンタリー受賞
ヨーロピアン・フィルム・アワード2010ノミネート

・公式HP:
https://www.uplink.co.jp/sauna

・公式Facebook:
https://www.facebook.com/sauna.places.movie

・公式Twitter:
https://twitter.com/sauna_places

・公式Instagram:
https://www.instagram.com/sauna.places.movie/

あわせて読みたい