ヒナタとアシュリーとねぇカルチャー共同制作による音楽劇座が高円寺2にて開催

ヒナタとアシュリーとねぇカルチャーの共同制作による音楽劇〈Spooning Spooning〉が、2019年12月27日(金) 座・高円寺ホール2にて開催される。

本公演はアーティスト・ヒナタとアシュリーと劇レーベル・ねぇカルチャーの共同制作による舞台。ヒナタとアシュリーによる唯一無二のファンタジックでリアルな音楽と生演奏、テオ・ポー独自のシニカルなブラックジョークとユーモアが込められた現代思想劇。

タイトルの「SpooningSpooning」はテオが発案。“ベッド”や“朝”など、“眠り”に纏わるキーワードが多いヒナタとアシュリーの楽曲から着想し、「スプーンをしまうとき、スプーン同士を重ねる形から連想して、男性が女性の背後から抱きつくようにして寝ることを現したスラング“Spooning”」から名付けられている。

〜あらすじ〜
1人の少女が東京に生まれ、7歳になった頃には両親が別々の部屋で寝るようになったので母と寝た次の日は父と寝る、と交互にベッドに入るようになった。10歳の頃には両親が離婚して母の家で寝た次の日には父の家で寝る、と交互に行き来するようになった。17歳の頃には父の家で寝て母の家には帰らずに、男の家で寝た。20歳の頃に父を亡くしてからは誰かの傍で寝て、また別の誰かの傍で寝ることを繰り返している。彼女の朝は誰がいようとも、いないのと同じ。そんなこんなで24歳になった頃…… のおはなし。

■イベント情報
音楽劇「Spooning Spooning」
2019年12月27日(金) 東京・座・高円寺ホール2
時間:開場 18時30分/開演 19時
チケット:
前売り券 4,500円/22歳以下 3,500円/高校生以下 2,500円
※当日券は全て+500円

音楽:ヒナタとアシュリー
作・演出:テオ・ポー
出演:齋藤大貴、白土良介、田村幸大、テオ・ポー、倫平(以上、ねぇカルチャー)
ヒナタミユ、トヨシ(以上、ヒナタとアシュリー) 他

あわせて読みたい