【GANG PARADE 連載 Vol.9】ココ・パーティン・ココ編「自分たち独自のものを発信していきたい」

2019年9月より、グループ史上最大規模の全国10箇所12公演〈PARADE GOES ON TOUR〉を開催中の10人組アイドルグループ、GANG PARADE(以下、ギャンパレ)。9月4日には東阪野音ツアーの映像作品『CHALLENGE the LIMIT TOUR at 日比谷野外大音楽堂』を発売し、11月13日にはメジャー1stアルバム『LOVE PARADE』のリリースも控えている彼女たちのソロ・インタビュー・シリーズ。

今回は、2016年10月にギャンパレに電撃加入したココ・パーティン・ココのロング・インタビューをお届けする。グループのムードメイカーで、メンバー同士納得いくまで話し合いをする雰囲気を作った立役者の1人でもある彼女。そんなココに、2019年8月25日から約1週間に渡り挑戦した、ギャンパレ主演のミュージカル『プレイハウス』のことから、今週末に迫った彼女の地元である全国ツアー名古屋公演まで、じっくりと話を訊いた。

取材&文:西澤裕郎
構成:横澤魁人
写真:大橋祐希


ここからはGANG PARADEのターンにしていきたい

──先日、ギャンパレ初のミュージカル『プレイハウス』の東京公演が、無事終わりました。大阪公演はまだこれからですけど、初めての演劇をやってみて率直にいかがでしたか?

ココ・パーティン・ココ(以下、ココ):これまで個々人でやったことはあっても、グループとして舞台をやった人たちはWACKでいなかったじゃないですか? BiSHをはじめ、他グループがいろいろなことに挑戦している中、まだやっていなかった大きなことに挑戦できたのは、ギャンパレの今後の糧になっていくんじゃないかと思える経験になりました。

──夏のほとんどを稽古期間に充てていたので、あまりライヴもできなかったじゃないですか? 本番を迎えるまで、お客さんに受け入れられるか不安もあったのかなと思います。

ココ:これまで私たちはライヴベースの活動をしてきたので、それを封印した1ヶ月半は非日常すぎて変な感じがしましたね。その間、第3期BiSが発足したり、他のグループの情報が出たりしていて。確かに、ギャンパレのトピックは少なかったけど、それ以上にみんなが驚くようなものを準備している期間だったので全く不安はなかったです。もちろんBiSの登場には焦ったし、このままじゃダメだと思うこともたくさんあったけど、自分は今目の前のことをやるしかないし、これを成功させれば自分たちのプラスに繋がると思って必死にやっていました。夏はライヴイベントがめっちゃあるから、ライヴを楽しみにしてくれる人もたくさんいたと思うんですけど、『プレイハウス』でつけた勢いを、秋からの全国ツアーにも繋げて、ここからはGANG PARADEのターンにしていきたいです。

──『プレイハウス』は、GANG PARADEそれぞれのメンバーの普段のキャラクターを感じるような配役で、まるで普段のメンバー間を見ているようでもありました。

ココ:根本(宗子)さんとメンバー全員でご飯を食べに行った時に、私たちの言い回しだったり、メンバー間の空気感だったりをメモしてくださっていて。実際にあったエピソードも織り込んでくださったりしたので、演技に入りやすくて助けられました。もし、いきなりフランスのお姫様の役とかだったら、絶対に無理じゃないですか(笑)。

──あははは。本当にあったエピソードも入っているんですね。

ココ:めっちゃ入っています。まず、ハッキングされたこととか。

──あれ本当なんですか?!

ココ:はい(笑)。他にも、化粧品の話とかお清めスプレーの話とか、めっちゃ本当にやっていることだから、おもしろいなと思って。

全部見せてオッケーとは考えていない

──演技をしている“ココ・パーティン・ココ”と、本来の素の自分とはどれくらい違うんでしょうね。

ココ:ほぼ本名の自分と近いと思います。でも気をつけているのは、WACKが人間性を大事にしてくれる会社だからこそ、全部見せてオッケーとは考えていないところで。例えば、しんどいこととかを全部お客さんにぶつけてしまうのは違うと思う。それって、お客さんからしたら関係ないじゃないですか。だったら、その気持ちを昇華させて、パフォーマンスに繋げていきたいと思うし、そういう意味では100%素ではないんだと思います。

──ココさんは、メンバー同士、なんでも話し合える雰囲気を作っていきたいということをインタビューでも話してきていますけど、実際10人って多いじゃないですか? そのあたりの話し合いって、今もできているんですか?

ココ:舞台は人から役割を与えられて、それを絶対やらなきゃいけない状態だったからこそ、普段喋らない子とかも平等に表に出なきゃいけない状況だったんです。普段から10人で一致団結してやっているけど、話し合いで喋る子は決まってきちゃうところもあったので、すごく試されている子もいれば、上手くやっている子もいたりして。その経験をいい感じにツアーでも出したいよねって雰囲気が生まれてきました。最近、各々の役割をちゃんと考えて、個を立たせてできたらいいよねって話をサキちゃんとかドクとしていて。そういうところは変わったらいいなと思いますね。ただ、練習や稽古が長かったので、メンバーと喋る機会が昔よりは少なくなっているのも事実で。

──毎日一緒に稽古をしていたけど、話し合う機会はなかなか作れなかった?

ココ:話す時間は全くなかったですね。無理やり作らないとなかったし、今までのやり方では絶対できないスケジューリングだったので、それに適応していくことに必死でした。これからもっと忙しくなったとき、毎回、話せる機会を設けられるかと言ったら、そうじゃないタイミングも絶対に出てくるはずで。そうなったときに、話し合いだけじゃなく分かり合えるような環境を作り上げたいなというのはあります。とはいえ、適度に話し合いをしないと、お互い思っていることって絶対に分からなくなっちゃうので。話し合いもしつつ、肌で感じたり、その温度感を持ってできるようになりたいですね。

──今回、生バンドの演奏で歌っているのも新鮮でした。そのあたりも初めての経験ですよね。

ココ:対バンで1曲コラボとかは今まであったんですけど、「BREAKING THE ROAD」をやることが多かったので、他の曲のアレンジで歌えるのは自分たちでも「こんな感じになるんだ」と思ったし、お客さん的にも嬉しかったんじゃないかと思います。実際、ギャンパレの曲は生バンドにすごく合うねって言ってもらえることも多くて、嬉しかったです。

──発声方法も普段の歌唱方法とは違いましたか?

ココ:舞台の中で歌うから、歌詞が聴き取れないといけないので、「歌詞は本当にはっきり言うように」って指導してもらっていました。そこは新鮮でしたね。いつも松隈(ケンタ)さんに指導してもらう時は、音を大事にしているというか。WACKって歌詞を聴き取れないけどかっこいいみたいな部分も結構あるので。

──振り付けは、東京ゲゲゲイさんがつけてくれているんですよね。普段ギャンパレはメンバーが振り付けを考えているので、そのあたりの動きもまた全然違ったんじゃないですか。

ココ:全然違いましたね。東京ゲゲゲイのMARIEさんが振りをつけてくださったんですけど、本当にプロの方が作ってくださったという振りで。ベースだったり、ドラムだったり、メロディだったり、曲によってどこの音を使うのかも違うし、体の使い方も今までと違くて。最初は苦戦したけど確実に新しいものができていった感じがあったので、みんな楽しいってずっと言っていました。

逆に超正統派みたいなやつをやったら驚かれると思う(笑)

──そして先日「LOVE COMMUNICATION」のMVが公開されました。〈ギャンパレ999〉のご褒美でハワイに行ったことは知っていましたけど、まさかこんなMVを撮っていたとは知りませんでした(笑)。ハワイはどうでしたか?

 

ココ:めっちゃ楽しかったです! 実は私、海外旅行が好きなんですけど、海外旅行に行けないということが、この仕事をやっていていて唯一難点で。仕事で海外に行くしかないなと思って活動してきたので、今回全員で行かせてもらったことが嬉しかったし、あんな素敵なMVを作っていただいてありがたいです。丸2日かけて撮ったんですよ。バーベキューをしたり、海に入ったり、あとは船に乗っているところも撮ってもらいました。ダンスシーンとリップシンク以外は、本当にレジャー感覚でしたね(笑)。

──下ネタ満載の曲で、ギャンパレは振り幅が広いなと思ったんですけど、『プレイハウス』でのメンバーの役も風俗嬢だから、別にそんなに変なことでもないというか(笑)。

ココ:そうそう、下ネタも多いから。

──とはいえ、下ネタ満載すぎな気もします(笑)。

ココ:それ言われることが多いんですけど、ぶっちゃけ麻痺していて。ほんっとうに何も思わないんですよ(笑)。「ナルハちゃんがあんなこと言って……」とか言われても何もピンと来なくて。でも、そこをおもしろがってもらえるのは、ありがたいというか。自分としては別に嫌でもなんでもないし、何の違和感もない(笑)。なんだったら、仮歌より歌詞がマイルドになっているので。逆に、アイドルなのにすごいねとか、アイドルらしくないみたいな枕詞を、私たちはフルに活用させてもらっているところもありますね。

──たしか狙いにいっている感はないというか、自然な感じはしました。

ココ:そう、だからたまにギャンパレの新しいMV下ネタすぎない? とかってコメントを見ると、新鮮な方もまだいらっしゃるんだなと思って。もはや、何をやっても驚かれないみたいな。逆に超正統派みたいなやつをやったら驚かれると思っているので(笑)。

──「LOVE COMMUNICATION」は新アルバム『LOVE PARADE』に収録される曲ですけど、どんなアルバムになるか楽しみですね。

ココ:アルバムは本当に期待してほしいです。いい曲ばかり。ナルハが入って、10人の声色がかなりおもしろい感じになっているので是非楽しみにしていてください。

中野サンプラザでどういう自分たちに会えるのかが超楽しみ

──全国10箇所12公演〈PARADE GOES ON TOUR〉が始まりました。毎回ギャンパレはツアーを経て、グループの結びつきが強くなったり、成長を見せてきた部分も大きいので、大切なツアーになりそうですね。

ココ:ツアーは、グループが1番成長できるものだと思っていて。でも別に成長をするためにツアーをしているわけではなくて、お客さんは毎公演毎公演私たちを観に来てくれているし、1回きりの方も絶対いらっしゃると思うので、、毎回最高のものをやって、自ずと成長していけばいいなと思っていて。セットリストをどうよくしていくかみんなで考えながら、ツアー・ファイナルを良いものにできたらいいなと思っています。

──そういう意味では、『プレイハウス』も同じセリフや流れがあって、毎日演じていったわけじゃないですか。ライヴとの共通点って感じたりしますか?

ココ:そこは結構違いますね。ライヴはセトリが同じだとしても、毎回違う感情で挑むじゃないですか。曲に乗せてどう表現するかって、歌う瞬間で決まることなんですけど、お芝居は感情も決まっていて、一言一句同じことを繰り返さなきゃいけない。その部分は根本さんに最初に言われました。ライヴをやっている人が演劇をするとき、すごく難しい部分だって。言葉の言い回しとかニュアンスを変えすぎちゃうと、お芝居のバランスが崩れちゃったりするんですよ。舞台は、自分にとってそれが本当に新しい挑戦で。決まったことを一言一句同じことを言うのが、すごく苦手なんですよ。ライヴのMCも一応考えては臨むんですけど、絶対そのときどきで言い回しが変わっちゃう。でも演劇では、そういう感覚人間は許されないんですよ。そこがすごく大変でした。

──演劇を経てのライヴは、思いっきり感情を出せるというところで言うと、どんな変化があるか楽しみですね。今回、ココさんの地元名古屋公演はDIAMOND HALLですけど、ワンマンとしては初めて立つステージですよね?

ココ:ワンマンでは初めてですね。名古屋の人なら誰でも知っている箱なので、純粋に嬉しいです。他の箱と比べても、DIAMOND HALLは確実に思い出がある場所で。初期BiS最後のツアーもDIAMOND HALLに観に行ったし、BiSHも観ました。地方であれぐらいの大きさの箱に立つというのがいかに大変なことかというのは、この活動を続けて身にしみて分かったことなので、すごく感慨深いですね。特別気負いすぎずやりたいです。

──今回のツアーファイナルは中野サンプラザです。まさに、BiSHも立ってきた場所ですけど、中野サンプラザに関してはどういう想いがありますか?

ココ:今までのファイナルって、赤坂BLITZだったり、Zepp Tokyoだったり、日比谷野音だったり、自分がお客さんとして行ったことのある場所だったんですよ。でも中野サンプラザは行ったことがないので全然想像がつかないんです。しかもホールじゃないですか? それも未知な感じ。でも、中野サンプラザでどういう自分たちに会えるのかが超楽しみです。マイカはハロプロが好きだから、すごく喜んでました。特別思い入れがあるんだと思います。私は逆にそれがない分、フラットにどういうファイナルを迎えればいいんだろうって。いい自分たちに会うためには、このツアーを一生懸命愚直にやらないといけないので、何事にも手を抜かずにやっていきたいと思います。

喋りを生業としている人に超憧れます

──いま、ギャンパレはどんな方向に向かって進んでいるんでしょうね。

ココ:いい意味で、BiSHやBiS、EMPiREとは違う感じの方向性に逸れることができた気がしていて。『プレイハウス』もそうですけど、他のグループがやっていないようなお仕事をいただけたりしていて。周りを気にするよりも、目の前のことを突き詰めないといけないじゃないですか。よくBiSHが大きい箱でライヴをすると、ギャンパレもいつかあそこにって言われるんです。たしかに立てたら嬉しいけど、別に同じところを目指すより、違うベクトルで新しいことをどんどんやっていった方がいいなと思うから。もちろん横浜アリーナや幕張メッセでやりたいという気持ちはすごくあるんですけど、それを追い続けても意味がないかなというはすごく思っていて。どのグループへのリスペクトも絶対欠かさないけど、自分たちは自分たち独自のものをどんどん発信していきたいなとすごく思います。

──確実に、ギャンパレにしかできない方向に進んでいるからこそ、この先何をやっていくのか、注目も高いと思いますよ。

ココ:そうなんですよね。次は何をやるんだろうって期待もしていてほしいし、それに応えられるようにいろいろなことができるようにしていたいです。

──ココさん個人では何かやりたいこととかありますか?

ココ:すごくたくさんあるんですけど、個人の仕事をいただけるなら頑張りたいですね。私、(ファーストサマー)ウイカさんがずっと好きで。歌も上手だし、何より芸達者じゃないですか? 下積みの経験が今に活かされていると思うし、喋りを生業としている人に超憧れます。ただ、ウイカさんみたいになりたいかと言われたら、そこまで想像はできていなくて。でも、タレントとして活躍できて、ライヴになったら歌も上手いのはめっちゃすごいです。

──初期BiSのときから考えると、しっかりと下積みをしてきたからこそ、ここで見つかって花開いたというのもありますからね。

ココ:最近ウイカ さんを知った人は、パッと出てきたって思っているかもしれないけど、ウイカさんは下積みを重ねてこられているじゃないですか。だからそれだけ人間として深みがあるし、どこに出ていっても、あれだけ肝がすわっているんですよね。感謝を忘れない姿勢もかっこいいなと思います。ユアがラジオをやったり、ドクがラーメンで仕事をもらったりしているのを見ると、自分ももっと頑張らないとなって刺激を受けるので、もっと大きいことをできるくらいの人間になるために努力し続けていこうと思います。


GANG PARADE PROFILE

「みんなの遊び場」をコンセプトに活動する、カミヤサキ、ヤママチミキ、ユメノユア、キャン・GP・マイカ、ココ・パーティン・ココ、テラシマユウカ、ユイ・ガ・ドクソン、ハルナ・バッ・チーン、月ノウサギ、ナルハワールドの10人からなるアイドルグループ。2014年に結成されたプラニメが前身ユニットで、2度の改名とメンバーの増減を経て、2019年4月17日にワーナーミュージック・ジャパン内新レーベル「FUELED BY MENTAIKO」よりシングル『ブランニューパレード』でメジャーデビュー。 同年5月に東阪野音ツアーを成功させ、5月26日より同事務所所属グループWAggよりナルハワールドが加入し、現体制での活動をスタートさせる。PCゲーム「マジカミ」の主題歌および挿入歌を担当し、その楽曲を収めた配信限定EP『THE MUSIC AND THE GAME CREATES MAGIC』を6月19日にリリース。9月より自身最大規模の全国10箇所12公演を巡るツアー〈PARADE GOES ON TOUR〉を開催中。

■ライヴ情報

PARADE GOES ON TOUR
2019年9月7日(土)神奈川 横浜Bay Hall
2019年9月8日(日)神奈川 横浜Bay Hall
2019年9月14日(土)愛知 DIAMOND HALL
2019年9月15日(日)静岡 浜松窓枠
2019年9月21日(土)福岡 DRUM LOGOS
2019年9月22日(日)広島 CLUB QUATTRO
2019年9月29日(日)大阪 なんばHatch
2019年10月5日(土)北海道 PENNY LANE24
2019年10月6日(日)北海道 PENNY LANE24
2019年10月12日(土)宮城 仙台Rensa
2019年10月20日(日)新潟 NEXS NIIGATA
2019年11月4日(月祝)東京 中野サンプラザ

チケット料金(税込)
【通常チケット※ライブハウス】
スタンディング 4,000円(税込)※入場時にドリンク代別途必要
2階指定席 5,000円(税込)※なんばHatchのみ
【通常チケット※中野サンプラザ】
全席指定 5,000円(税込)
年齢制限/スタンディングチケットの未就学児童入場不可

チケット一般発売日
2019年7月13日(土)AM10:00〜

■リリース情報
Live Blu-ray
『CHALLENGE the LIMIT TOUR at 日比谷野外大音楽堂』
2019年9月4日(水)発売
【初回生産限定盤】WPXL-90204~90205 15,800円+税 Blu-ray2枚組
100P写真集ブックレット+スリーブケース付トールサイズ・デジパック仕様
【通常盤】WPXL-90206 7,000円+税 Blu-ray1枚組
予約購入リンク
https://GANGPARADE.lnk.to/CtLTAW

Major 1st Full Album
「LOVE PARADE」
11月13日(水)発売
【初回生産限定盤】WPZL-31666~31668 12,000円+税 CD2枚組+Blu-ray1枚組
(100P写真集ブックレット+スペシャルBOX仕様)
【通常盤】WPCL-13110 3,000円+税 CD1枚組
予約購入リンク
https://GANGPARADE.lnk.to/LOVEPARADEAW

WARNER MUSIC JAPAN/FUELED BY MENTAIKO

.

あわせて読みたい