【LIVE REPORT】台湾のギターポップ、ファンク──台湾音楽シーンが上陸〈Taiwan Plus〉2日目

2019年9月28、29日の2日間に渡って、日本最大級の台湾カルチャーイベント〈Taiwan Plus〉が上野恩賜公園にて開催された。台湾現地の雑貨屋、飲食店も数多く出店して大盛り上がりとなった今回のイベントは、開演の午前10時前から観客が集まり、2日間で述べ8万人の来場者数となった。その中でも、今盛り上がりを見せている台湾のバンド・アーティストが数多く集まった野外ステージは、特に大きな盛り上がりを見せた。日本人・台湾人の垣根を超えて大盛況となった29日のライヴ2日目の様子をお送りする。

取材・文:エビナコウヘイ


DSPS

〈Taiwan Plus〉2日目。野外ステージ開演の午前10時になると、ステージにトップバッターのギターポップバンド、DSPSが現れた。今年は春夏秋の3度に渡って日本ツアーを敢行してきた彼・彼女ら。「こんにちは。台湾からのDSPSです!」とエイミーが挨拶をすると、暖かな陽気とピッタリの爽やかなギターリフが印象的な「19歲的秋天之歌」からライヴをスタート。セットリストは先日リリースしたばかりのEP『Fully I』をメインに、代表曲を盛り込み、DSPSの魅力を全開にしたものだった。チキンのハイハットのキレの良い刻み、重すぎず曲に馴染むサウンドのアンディーのベース、時には歯切れが良く、時には柔らかさを曲に添えるサポートギターのセン、そしてギターボーカルのエイミーの歌声は若干のあどけなさもありつつ、芯があり余韻を感じさせるものがある。屋外のステージに立つDSPSを観たのは初めてだったが、大自然に囲まれた場所での彼女らのライヴは一層映える。今年は日本での活動に精力的だったせいかお客さんの反応も分かりやすく良く、身体を思い思いに揺らすファンが多く見られた。雰囲気が良かったのは観衆だけではなく、ステージの場面場面でお互いに顔を見合わせてライヴを楽しむ姿にも微笑ましさを感じられた。

DSPS

 

雷擎(レイチン)

2番手は「雷擎(レイチン)」。台湾で有名なヒップホッパーのLeo王など多くのサポートドラマーも務める雷擎は、自身のバンドのライヴ活動を始めてから1年足らずで、落日飛車(Sunset rollercoaster)やYOUR SONG IS GOODのサポートアクトにも抜擢されるなど、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの台湾インディR&B界の新星。そんな雷擎が、前日の〈りんご音楽祭〉で初来日公演を果たし、続けて〈Taiwan Plus〉に出演した。ドラムボーカルのスタイルで、他の出演者とは異なるアーバンな雰囲気を作り上げていき、ライヴが始まるや否やお客さんがどんどん詰め掛けてくる様子にも彼がかなりの実力派であることが分かる。また、自身の初配信曲「心肝寶貝」や、高凌風による80年代の台湾ディスコソング「多少柔情多少淚」をよりゆったりとしたチルなカバーで披露して魅せた。前日に出演したR&Bシンガーの9m88といい、台湾インディー音楽シーンではR&Bもジャンルも見逃せないものであることを感じさせるものだった。

 

宇宙人

続いては人気のファンクロックバンド「宇宙人(Cosmos people)」。2013年の〈Summer Sonic〉に出演をきっかけに日本デビューを果たし、日台問わず活動しており、会場にも彼らのグッズを身に付けたファンが多く見られた。宇宙を想起させるような幻想的なシンセサイザーのイントロが流れると、「不用大腦」からライヴはスタート。Vo&Keyの小玉(シャオユー)が「Stand up, please!!」と煽り、ステージ前の座席の客も一気に前方に詰め寄る。続けてベースのファンキーなスラップが楽曲全体の勢いを生み「你以為」、代表曲「那你呢?」なども披露、ステージを両端まで駆け回る小玉(シャオユー)、身体や頭もガンガンに揺らしていくBa.方Q(ファンキュー)とGt.阿奎(アークェ)。ファンクのノリの良さに爽やかなメロディが心地よい彼らの魅力が全面に現されたライヴだった。更に途中のMCでは来年2月の台北アリーナでのワンマンライヴに加えて、2月29日の大阪・JANUS、3月1日の東京・恵比寿リキッドルームでのワンマンジャパンツアーも発表され、会場からは大きな歓声が上がった。終演後にチラシを配り始めると、人が集まりものの1、2分で全てチラシが無くなってしまったことから、彼らの日台からの注目度の高さが伺える。今後も彼らのより大きくなっていくスケールから目が離せない。

 

Tizzy Bac

そして、今回の〈Taiwan Plus〉の最後のトリを飾ったのは1999年に結成され、今年で活動20年を迎えたベテラン・ピアノ・ロックバンド「Tizzy Bac」。ライヴは自身のバンド名のセルフタイトルでもある「鐵之貝克」からスタート。聴衆の人生経験と共鳴する歌詞である故に「アダルト・オルタナディブ」と称されるTizzy Bacの音楽。Vo&Keyの張惠婷は時には力の入った様子で、時には軽やかに鍵盤を叩く。失恋の悲しみの激情を歌った歌詞を太く歪んだ弦楽器に乗せつつも、舞うようなピアノのメロディで不思議と軽やかに耳に入ってきて、観衆も身体を揺らしてのめり込んでいく。余裕のあるベテランの風格も見せつつ、「Heather」や「Ce soir」では高揚した張惠婷がマイクを持って立ち上がり、ステージをキュートに動き回る場面もあり、表現力の高さを痛感した。自身が日本好きであることから、MCは日本語で行う姿も日本のファンを喜ばせ、今年の12月に台北で20周年記念ライヴ〈鐵之貝克 XX〉を行うこともアナウンスし、往年のファンからは歓喜の声が上がった。最後には「この2日間のTaiwan Plusに来てくださってありがとうございます。機会があれば、台湾に来てもっと本格的な文化や食べ物、もちろんオリジナルミュージックも楽しんでみてください。」と告げると、イベントを通して最後となる曲「鞋貓夫人」を披露。明るいポップな曲調に終始ハンドクラップが止まず、イベントの大団円を感じさせた。

 

普段、なかなか身近で触れられる機会が少ない台湾の音楽が一堂に会した今回のイベント。会場に見に来た観衆にも、会場の食べ物や雑貨品などを通して台湾文化のみならずリアルな台湾音楽シーンを感じていただけたはず。特に最近は台湾のインディーズ音楽が来日公演を果たす機会が非常に多くなっている現状もあり、今回のイベントのみならず、普段から彼らの活動を能動的にチェックしてみてはいかがだろうか。

・出演者コメント

DSPS:日本の皆と音楽を共有できて本当に楽しかったです。皆さんがライヴを観て、台湾の風景を感じてくれていたら嬉しいです!

レイチン:上野公園で皆と楽しむことができて、とても嬉しかったです! 会場に来てくれた皆さん一人一人に感謝しています。皆さんからの愛を台湾に持ち帰ってこれからも創作に励んでいきます!

宇宙人:僕らの音楽を聴いて感じて、力強く跳ねている姿をみることができて本当に嬉しかったです!(上野動物園の動物たち、うるさくしてごめんね~)

TizzyBac:国境のない音楽の世界で、台湾と日本の皆と2日間遊ぶことができて、とても楽しかったです!日本の皆さんも12月14日の台北公演のライヴも観に来てね!


■イベント詳細
〈Taiwan Plus〉
2019年9月28(土)、29日(日)@上野恩賜公園
=2日目セットリスト=

DSPS
1. 19歲的秋天之歌
2. 我想進入感情的海洋
3. 我會不會睡到下午了
4. FULLY I
5. 三月的街頭
6. 成為日常
7. Folk Song For you

雷擎
1. DLC
2. 小野馬
3. 多少柔情多少淚
4. 神仙
5. 薄荷
6. 心肝寶貝
7. 那卡西

宇宙人(Cosmos People)
1. 不用大腦
2. 你以為
3. 那你呢
4. 禁止觸摸
5. 踢踢他
6. 陪我玩
7. 一起去跑步

Tizzy Bac
1. 鐵之貝克
2. 我所深愛的人們
3. Heather
4. Ce Soir
5. 我又再度依戀上昨天
6. You’ll See
7. 鞋貓夫人

あわせて読みたい