【GANG PARADE Vol.14】ナルハワールド編「ギャンパレをもっと大きくしていきたい」

2019年9月よりグループ史上最大規模の全国10箇所12公演の〈PARADE GOES ON TOUR〉を開催し、11月4日には即完した中野サンプラザでのワンマンを大成功、11月13日にはメジャー1stアルバム『LOVE PARADE』をリリースした10人組アイドルグループ、GANG PARADE(以下、ギャンパレ)。2020年4月からは初のホールツアー〈MY FIRST HALL TOUR〉も決定している彼女たちのソロ・インタビュー・シリーズ、第2周目がスタート。

第4回目は、2019年3月のWACK合宿オーディションでWAggからギャンパレへの昇格を勝ち取ったナルハワールド。ギャンパレ加入後初のツアーを経て、ファイナルの中野サンプラザ前、「ギャンパレが変わることは、私が変わること」とボロボロと涙を流しながらインタビューで語った。ナルハはどのような気持ちを抱え、ギャンパレでの日々を過ごしているのか。じっくりと話を訊いた。

取材&文:西澤裕郎
写真:宇佐美亮


自分たちとギャンパレの間に隙間ができているのかと感じた

──ナルハさんは、ツアー前のインタビューで「この10人がギャンパレだと証明したい」と話してくれました。実際、ツアーが終わってどうですか?

ナルハワールド(以下、ナルハ):ツアー初日に比べたら、10人でギャンパレだなと思えるようになったんですけど、個人的に距離を置いてしまうところがちょっとあって。タメ語で話せたらいいんですけど、私がまだ敬語を使ってしまうんです。タメ語を試してみたんですけど、留学してきた子のような片言になってしまって(笑)。何かを言ったからといって嫌いになることはないから、思っていることは言ってほしいって言ってもらっているんですけど、私が言えなくて。

──中学時代のあだ名が「腹黒天使」だったと、『IDOL AND READ』のインタビューで話してくれましたよね。その部分は、まだメンバーに出せていない?

ナルハ:最近はメンバーからも腹黒いって言われます(笑)。自分では出してないと思っていたんですけど、ほとんどのメンバーが思っているみたいで。「このメンバーはどんな人?」ってアンケートで、「悪女」とか「腹黒い」って回答がめちゃめちゃ多くて(笑)。7人ぐらいに、腹黒いって書かれました。

──あははは。中野サンプラザワンマン前のインタビューで、グループの雰囲気がよくないってことをメンバーが言っていました。ナルハさんは、ギャンパレの雰囲気をどう感じていたんでしょう。

ナルハ:練習のとき、雰囲気がよくなかったWAggの初期に似ているなと思ったことが1回あって。正直ショックだったし、そういうとき、私が思っていることを言えたらよかったんだろうなってすごく思います。

──WAggの初期と共通する、よくない雰囲気というのは?

ナルハ:練習が始まるまで時間がかかるとか、決めていた時間の半分ぐらいしか練習しないことが初期のWAggではあったんです。ギャンパレでもそれに近い状況のときがあって、気になっていました。中野ワンマン前に、サキさんがメンバー全員にそれを話してくれたときがあって。たしかに、サキさんは練習中に1回も気を抜いている部分がなかった。

──そういうグループ内の状態に反して、遊び人(GANG PARADEファンの総称)の期待値はすごく上がっていましたよね。

ナルハ:すごく楽しみにしてくれる人がたくさんいたし、地方でも「楽しかった」と言ってくれる方がいっぱいいて。そうした状況と、グループの事情に差があったのは気になっていました。

──中野サンプラザの本編終了後に流れた映像「GANG PARADEの、現在。」で、「自分が入ったから、こうなっちゃったのかも」とナルハさんは涙を流しながら語っていました。あの発言は、どういう気持ちで話したんでしょう。

ナルハ:私が入って10人体制になってから、こういう雰囲気になってしまったのかなと思って。7人から9人になったときは、すごくいい方向に変わったということを聞いていたので、10人になってこうなってしまったのは、私のせいなのかなみたいに思ってしまったんです。

──「GANG PARADEの、現在。」では、他のメンバーも苦しいという気持ちを語っていました。それを観て、どう思いましたか?

ナルハ:みんな似たような気持ちなんだと思いました。映像用のインタビューで、「ナルハはギャンパレから一歩引いて話をしているんじゃない?」って西澤さん(インタビュアー)も言っていたじゃないですか。あの映像を観て、私だけじゃなくて、みんなが同じような感じで一歩引いて考えているのかなと思って。自分たちとギャンパレの間に隙間ができているのかと感じたんです。

──そのインタビューの夜、全員で話しをしたそうですね。どんなことを話したんでしょう。

ナルハ:1人1人がGANG PARADEのことを、もっとちゃんと考えて向き合っていかなきゃいけないんじゃない? ってことを話しました。それによって、練習の時点から変わった部分もあるし、もっと細かくどういうライヴにするか共有したり、積極的に変わろうとしている姿勢が強くなったと思います。

──これまでのギャンパレは、逆境を乗り越えるというストーリーがありました。現在は、わかりやすく乗り越えるものが見えづらくて、苦しい部分もあるのかなと思います。ナルハさんは、WAggからギャンパレに昇格したことで、自分の中の気持ちが満たされたりはしていないですか?

ナルハ:満たされるということはないです。そこがゴールじゃなくて、昇格先で頑張れる実力をつけるためにWAggがあると思うので、それをギャンパレで活かさなきゃいけない。私がすごいねと思われれば、WAggがもっと注目されると思うんです。そういう役目も私にはあるので、ギャンパレでどう頑張れるか、私はもっと突き詰めたいんです。

最終的には自信もついたし楽しかった

──2019年は、ミュージカル『プレイハウス』への挑戦も大きい出来事でした。

ナルハ:これまで感じたことのない、現実じゃないような感じがして。稽古のときから俳優さんがいらっしゃったので、すごく緊張しました。ライヴであれば、その日の感情をバーって出せるんですけど、『プレイハウス』の演技は自分の感情とか関係なく、毎日同じことをやらないといけないので、慣れないところはありました。すごくいい役をもらって、その役を演じたことで自分に自信がついたというか、堂々とできるようになりました。

──ギャンパレでライヴをやるのと、『プレイハウス』でお客さんの前に立つのでは、やっぱり感覚は違いますか?

ナルハ:全然違いますね。ライヴだったらお客さんが一緒に目を合わせたりして盛り上がってくれるんですけど、『プレイハウス』はお客さんと目を合わせることもできないですし、それぞれどうやるのがいいか戸惑う部分も最初はありました。最終的には自信もついたし楽しかったです。

──ツアー初日は、十分な準備ができずに迎えてしまったそうですね。

ナルハ:ライヴの練習時間があまりとれない中、『プレイハウス』が終わってすぐツアーが始まって、全然練習が足りてないことに気づいて。直前まで練習したんですけど、それだけじゃ足りなくて、初日はやるしかないって感じだったんです。でも、終わった後にそれじゃダメだと指摘いただいて。練習不足だったのが1番大きかったです。

──これまでのギャンパレは、どんな状況でも準備を欠かさず臨んできたと思います。今回どうして練習不足のままツアー初日を迎えてしまったと思いますか?

ナルハ:これを言ったらあれなんですけど、なんとかなるという気持ちが片隅にあったのかなって。大丈夫じゃない? みたいな気持ちに頼ってしまった部分があるかもしれない。私もそれを言いたいのに言えなくて。練習の帰り道に、やっぱり言えばよかったって反省することが、めちゃめちゃ多かったです。

──中野サンプラザのワンマンは、会場の左右後方から楽器を持ったメンバーが登場するなど、演出にこだわったステージでした。ナルハさん的にライヴの手応えはいかがでしたか?

ナルハ:ライヴ自体はよかったところもあるんですけど、後々もうちょっとできたところもあったなとか、もっと盛り上げられたんじゃないかと思う部分もあって。悪いライヴというわけではなく、もっと上を目指したかったよねという反省はありました。

壁を乗り越えていきたい

──ナルハさんは、これまでのギャンパレの道を推し進めていくのか、違うギャンパレを作っていく必要があるのか、そこらへんについてはどう思いますか?

ナルハ:もっとたくさんのお客さんに知ってもらったり、ギャンパレというグループを広めるためには、新しいあり方を作っていくほうがいいと思います。

──中野前のインタビューで、「私が変わることがギャンパレが変わることなのかな」と言っていました。あれはどういう気持ちからの言葉だったんでしょう?

ナルハ:新しく入った子が引っ張っていった方が広まるんじゃないかなと、スタッフさんに言われたことがあって。そのために、他の9人と比べてもパフォーマンスですごいねって言われるようになりたいし、まだ私を見たことがない人が見てくれたときに「いいじゃん」と思ってもらわないといけない。昔みんながどういう感情で頑張ってきたかは記事で読んで知ってはいるけど、実際そこにいなかったから本当の感情を知らないんです。だからこそ、新しい方向に引っ張れるのは、私とか、月ノさん、ハルナさんとか、新しく入った子なんじゃないの? って言われて。私が変わっていけたらいいのかなと思っています。

──月ノさんやハルナさんと一緒に、ギャンパレの先頭に立って引っ張っていくんだという気持ちもあるんじゃないですか。

ナルハ:ギャンパレをもっと大きくしていきたい気持ちはすごくあります。ただ、自分がそこまでのレベルに達していないんじゃないかなと思ってしまって。だから、そこまで強く思い切れないですね。

──逆に、ナルハさんが1番目立って突き進んでいくチャンスでもあると思います。芸能の世界だから遠慮せずにいったもの勝ちな気がしますよ。

ナルハ:なんか遠慮しちゃうんです…… 自分でも分からないんですけど、そういうところを変えていかないといけないですね。

──『IDOL AND READ』では、学校では目立たないようにしてきたいうことも話してくれましたよね。

ナルハ:そうですね。この世界では目立たなきゃいけないのに逆の性格だったんです(笑)。

──この世界で活動をはじめて、見られることも嫌じゃなくなってきたとも話してくれましたよね。思い切って前に突き進んじゃったらいいんじゃないですか?

ナルハ:はい。もうちょっと壁を乗り越えていきたいです。

──この先、ナルハさんはギャンパレをどんなグループにしていきたいですか?

ナルハ:よくない雰囲気は出したくないし、人数が多いからギャンパレはホール映えするよねという期待もいただいていて。大人数を武器にしたグループにしていきたい。春からホールツアーもやらせてもらうんですけど、もっとギャンパレという存在について考えて、さらにそれを世に広めて、どんどん大きくなっていきたいです。

悩んでいたこととホールツアーの集大成のライヴにしたい

──ナルハさんが入って初めてのアルバム『LOVE PARADE』は、どんな作品になりましたか?

ナルハ:私にとって初めてのアルバムで、すごく思い入れの深いものになりました。作詞もさせてもらっているし、自分にとっても大切だし、みんなにとっても特別感があるんじゃないかと思います。LOVEという、純粋でストレートなテーマを歌っていると、改めて愛について考えることが増えました。

──『LOVE PARADE』の中で、思い入れがある曲をあげるとしたら?

ナルハ:全部好きなんですけど、歌詞に関しては「Plastic Smile」が1番好きです。「言いたいことが言えない」という歌詞が、自分の気持ちに合っているなと思って。「ALONE」は振り付けにすごい苦労して、何回も注意されてやったんですけど、今ではめちゃくちゃ好きな振り付けになりました。1つ1つにすごく思い入れがあります。全部大好きです。

──すごく大切なアルバムなんですね。作詞は、これが初めてなんですよね?

ナルハ:初めてです。やってみたかったから嬉しかったんですけど、歌詞を書くのがすごく難しくて。でも、やってみたらすごく楽しかったし、採用してもらった歌詞をみんなが歌っているのが緊張しました。自分の書いた歌詞が流れている! と思って不思議な感じでした。

──歌詞を書くときに、自分の中でテーマを考えて書いているんですか?

ナルハ:仮歌に「希望」のような言葉が入っていたので、誰かの心に寄り添える曲を書きたいと思っていたんですけど、書いているうちに自分のストーリーと重なってしまって。途中から自分のことみたいになっちゃっています。でも、誰にでもあるようなことなんじゃないかなと思ったりもしていて。この曲を聴いて、ちょっとでも勇気が出たなと思ってもらえたら嬉しいです。

──ナルハさんが思春期で思い悩んでいるとき、テレビでBiSHを見て救われて、この世界を目指したそうですね。自分もそういう存在になりたい?

ナルハ:私みたいな人が、自分の曲で救われてくれたらいいなと思って。めちゃくちゃ心に残る曲を歌う、そういう存在になりたいです。

──4月からはホールツアーが始まります。全員の悩みを解消して、ツアーに臨めるといいですね。

ナルハ:このホールツアーは本当に大事なんです。ツアーに向けて、みんなでいっぱい話し合って気持ちを整えられたらと思っています。中野サンプラザを1回経験したので、直していけるところは直したいし、ホールツアーを6箇所7公演でやらせもらうので、1つ1つ来てくれる人に想いが届けられたらと思います。

──ファイナルの中野サンプラザは、どんなライヴにしたいですか?

ナルハ:今回は2DAYSあるので、どちらも最高のパフォーマンスをしたいです。今回悩んでいたこととホールツアーの集大成のライヴにしたいです。


GANG PARADE PROFILE

「みんなの遊び場」をコンセプトに活動する、カミヤサキ、ヤママチミキ、ユメノユア、キャン・GP・マイカ、ココ・パーティン・ココ、テラシマユウカ、ユイ・ガ・ドクソン、ハルナ・バッ・チーン、月ノウサギ、ナルハワールドの10人からなるアイドルグループ。2014年に結成されたプラニメが前身ユニットで、2度の改名とメンバーの増減を経て、2019年4月17日にワーナーミュージック・ジャパン内新レーベル「FUELED BY MENTAIKO」よりシングル『ブランニューパレード』でメジャーデビュー。 同年5月に東阪野音ツアーを成功させ、5月26日より同事務所所属グループWAggよりナルハワールドが加入し、現体制での活動をスタートさせる。PCゲーム「マジカミ」の主題歌および挿入歌を担当し、その楽曲を収めた配信限定EP『THE MUSIC AND THE GAME CREATES MAGIC』を6月19日にリリース。9月より自身最大規模の全国10箇所12公演を巡るツアー〈PARADE GOES ON TOUR〉を開催中。

■ツアー情報

〈MY FIRST HALL TOUR〉

2020年4月12日(日)埼玉 三郷市文化会館
時間:Open 15:00 / Start 16:00 [問]KM MUSIC 045-201-9999

2020年4月26日(日)愛知 名古屋市公会堂
時間:Open 17:00 / Start 18:00 [問]ジェイルハウス 052-936-6041

2020年5月2日(土)兵庫 あましんアルカイックホール
時間:Open 17:00 / Start 18:00 [問]サウンドクリエーター 06-6357-4400

2020年5月5日(火・祝)北海道 道新ホール
時間:Open 17:00 / Start 18:00 [問]WESS 011-614-9999

2020年5月16日(土)宮城 仙台銀行ホール イズミティ21
時間:Open 17:00 / Start 18:00 [問]G/I/P 022-222-9999

2020年5月22日(金)東京 中野サンプラザ
時間:Open 18:00 / Start 19:00 [問]SOGO TOKYO 03-3405-9999

2020年5月23日(土)東京 中野サンプラザ
時間:Open 16:00 / Start 17:00 [問]SOGO TOKYO 03-3405-9999

チケット料金(税込)
NORMAL TICKET 5,800円(税込)
CHEAP TICKET 3,800円(税込)
年齢制限 / 未就学児童入場不可

◆チケット一般発売日
2020年1月18日(土)AM10:00〜

あわせて読みたい