ヒカシュー巻上公一、詩集『至高の妄想』刊行※コメントあり

結成40周年を記念して、CDアルバム『20世紀ベスト』『21世紀ベスト』そしてライヴ盤『絶景』を発売してきたヒカシューのリーダー巻上公一が、主にヒカシューの歌として綴ってきた詩を集めた詩集『至高の妄想』を2019年12月20日(金)に発売した。

なお、公式HPにて巻上公一書き下ろし朗読用BGMの購入もできる。(横澤魁人)


谷川俊太郎 コメント
はじめっからコトバが意味を道連れに音楽してるから、読んでると愉快になる。
悪戯っ子みたいに自由な、思いがけない現代詩の登場だ!

巻上公一 コメント
ヒカシューというバンドを40年続けてきて、はじめての詩集です。もともと歌の詩でありながら言葉がひとり歩きもできるように書いてきました。この度一冊の本になることは感無量です。


■書籍情報

巻上公一
詩集『至高の妄想』

発売日:2019年12月20日(金)
価格:2,970円(本体2,700円+税)
出版社:書肆山田
形態:B6変 216ページ
付録:町田康 帯:谷川俊太郎

公式HP:www.makigami.com

■イベント情報

巻上公一詩集『至高の妄想』出版記念Live&Talk バーティー
ゲスト 石井辰彦(歌人)

2020年1月15日(水)@渋谷Li-Po
時間:19:00より
パーティー参加費 4,000円(軽食付き・ドリンク代別)
詩集とパーティー参加券のお得なセットもこちらのサイトで販売中です!
https://hikashumusic.ecwid.com/BOOKS-c41306001

巻上公一初の詩集「至高の妄想」出版記念ライブ&パーティー開催!
ゲストを交えてのお話や巻上公一のソロ演奏、朗読など盛り沢山。

あわせて読みたい