Awesome City Club、約1年5ヶ月ぶりとなる新曲「アンビバレンス」MV公開

Awesome City Clubの約1年5ヶ月ぶりとなる新曲「アンビバレンス」が本日配信された。

今作は3カ月連続配信リリース企画第1弾楽曲となり、Awesome City Clubの新たな可能性を提示する意欲作。タイトル「アンビバレンス」が表す通り相反する感情を同時に持ったり、相反する態度を同時に示すことを楽曲で表現。日常の中で自分が併せ持つ二面性を作り上げた内容となっている。

作詞/作曲はボーカルatagiが担当し、今作から新たな試みとしてESME MORI(エズミ・モリ)をアレンジャーに迎えている。ESME MORIは、シンガーソングライター・iriや、ラップユニット・chelmicoのプロデュースを手がける人物であり、Awesome City Clubとタッグを組むのは本作が初めてとなる。

アーティスト写真・ジャケット写真のアートワークを手がけるのは椎名林檎、スピッツなどを手がけるアートディレクター木村豊(Central67)。こちらもまた初めてのタッグとなる。

MVにはOfficial髭男dism「Pretender」や、あいみょん「どうせ死ぬなら」の監督を務めた新保 拓人(SEP)を迎えている。

 

新たにレーベルもcutting edgeに移籍し、デビュー5周年を迎えるAwesome City Clubの今後の活動に注目が集まる。(西澤裕郎)


■配信情報

Awesome City Club「アンビバレンス」
各配信サイト:https://lnk.to/ACC-ambivalence

■ツアー情報

〈Awesome Talks Acoustic Show 2020 ~New Year Special~〉

2020年1月19日(日)@仙台 retro BackPage
2020年1月23日(木)@Billboard Live TOKYO
2020年1月28日(火)@Billboard Live OSAKA

Awesome City Club Official HP:https://www.awesomecityclub.com/

あわせて読みたい