新代田FEVER代表・西村がライヴハウスを守り攻めるための呼びかけ、チャンネル登録と動画視聴を

StoryWriter

東京・新代田のライヴハウスFEVERが、YouTubeの課金性システム利用を行うための呼びかけを行っている。

昨今のコロナウィルスの影響によって、各地の大小様々ななイベントが中止になるなど、ライヴハウスも大打撃を受けている中、スタッフと協力を名乗り出たバンドとでいち早く4カメを駆使してYouTubeでのライヴ配信を行っている同会場。

現在、YouTubeの課金性システムを利用し収益化するために、下記の条件をクリアすることを目指し呼びかけを行っている。

  1. 1000人以上のチャンネル登録数
  2. 4000時間の再生回数

これまでに、おとぎ話やフラワーカンパニーズといったミュージシャンがライヴ配信を行なっており、そのアーカイヴ映像が観れるようになっているので、ぜひチャンネル登録と動画視聴をして上記の達成に協力してほしい。

3月15日にはセカイイチのライヴ、3月16日にはFRONTIER BACKYARDのライヴ映像の配信も予定されている。

また、FEVER代表の西村仁志は、FEVERの決め台詞「新代田から世界へ、羽根木から宇宙へ」を「新代田から宇宙へ、羽根木から未来へ」に変更することも表明。ライヴハウスの音が鳴り止まないために、ぜひ動画を再生してみてはいかがだろう。


■FEVER西村からのお願い(LIVE HOUSE FEVER代表 西村仁志Instagramより引用

皆様こんにちは。新代田FEVERの西村です。
目に見えない敵にヒリついているこの世界で、皆様にお願いがあります。
FEVERも延期、中止のライブが多くなっています。
そんな中でライブハウスの音を止めない為には?と考え、
協力してくれるバンドと、イケてるスタッフ一同とで
YouTubeで4カメを駆使して配信中です。
これがまた素晴らしく…演奏者のテンション、スタッフのガッツ、その都度上がるクオリティ…
毎回心の涙が止まりません。
こんな状況はいつまで続くのか?誰にも分からない。
このまま売上も無く、お店が回らない状況では音も止まってしまう。
そこで、投げ銭、課金制などやり方は模索中ではありますが、
その1つとしてYouTubeの課金性システムの利用を考えています。
ただ、これが誰でも使えるということではなく、
*1000人以上のチャンネル登録数
*4000時間の再生回数
これをクリアしなければなりません。
このハードルをクリアする為に皆様にお願いしたいことがあります。
具体的には
1,YouTube FEVERチャンネルの登録
2,現在配信したライブの視聴
この2つをお願いしたいです。
下記、YouTube LIVE HOUSE FEVER Channelです。
https://www.youtube.com/user/LIVEHOUSEFEVER
このお願いがFEVERからのアカウントではなくなぜ西村個人のSNSでと思う方もいると思いますが、
やはりライブハウスは夢の詰まった場所であり、FEVERはカッコいいライブハウスであり続けたい、という気持ちがあり、まずは今までFEVERを支えてくれた皆様に自分が頭を下げたいと思った次第です。
とはいえ広げて頂きたいのでシェア歓迎、結果一般の方々まで広がっても嬉しい限りです。
現在残っているアーカイブ、是非ご覧ください。ライブの熱量、ガッチリ伝わってきます。
あと、デッカイことを言いますが、
もはやスタッフやFEVERを守らないと、という意識はもちろんありますが、
「新代田からライブハウスカルチャーを守るぞ、守る以上に攻めるぞ」
という意識の方がでかくなっています。
LIVEHOUSEの先輩の方々、若造が生意気言ってすいません。
でも、本気でそう思ってます。
FEVERなら出来るんじゃないか。
っつうか、出来る。
FEVERの決め台詞「新代田から世界へ、羽根木から宇宙へ」
このタイミングで変えます。
新しい決め台詞は
「新代田から宇宙へ、羽根木から未来へ」
皆様、頼らせて下さい。
皆様、頼って下さい。
西村が出来ること、なんでもやりますので。
何卒宜しくお願いします。
LIVE HOUSE FEVER代表 西村仁志


■チャンネル情報

YouTube LIVE HOUSE FEVER Channel
URL:https://www.youtube.com/user/LIVEHOUSEFEVER

LIVE HOUSE FEVER 公式ホームページ:http://www.fever-popo.com
LIVEHOUSE FEVER公式Twitter:@livehouse_fever

PICK UP