『夫のちんぽが入らない』から1年──天才・主婦こだまが綴る“おしまいの地”での日々

読んでいて惚れ惚れする。主婦であるこだまが書いた処女作『夫のちんぽが...