【現地レポ】WACK合宿オーディション2日目①ーー早朝マラソン&脱落者コメントを掲載

BiSBiSHGANG PARADEEMPiREのマネジメントを行う株式会社WACKが、2018年31218日にかけて開催する合宿型合同オーディション「WACK合同オーディション2018」。

今回の合宿オーディションには、書類審査と2次オーディションを通過した24名に加え、現役メンバーも(2日目から)参加。

BiSからは、ペリ・ウブパン・ルナリーフィ
BiSHからは、モモコグミカンパニー
GANG PARADEからは、キャン・マイカ
が参加する予定となっている。

また、最終日の318日(日)には、大阪城音楽堂にて、入場無料のフリー・イベント「WACK EXHiBiTiON」が開催。合格者の発表に加え、BiSHBiSGANG PARADEEMPiREがライヴを行う予定となっている。

その様子は最終日までニコニコ生放送ですべて中継される。
http://live.nicovideo.jp/watch/lv310349013


合宿オーディション2日目6時半〜

あまりに衝撃的な脱落劇から一夜明けた合宿2日目。朝6時半よりWACK合宿オーディション恒例となった早朝マラソンが行われた。

今回は高低差のある山道を約3km走るルートとなっており、合宿参加者はどのような道かわからない中、スタートした。

 

折り返しの1.5km地点にはスタッフが待ち受けており、上位4名は下記を食べ切る、飲み切るまで復路を走れないという挑戦が待っていた。

前回の合宿オーディションでは、オオショージメグミことパン・ルナリーフィがめろんぱんに苦しめられながらも、もっともインパンクトを与え合格を勝ち取った。マラソンの順位は落とす可能性があるけれど、そういう意味でチャンスがあるといってもいい。

昨晩脱落した3名も審査に関係なく自主的にマラソンに参加した。

以下の4名がそれぞれの食べ物と飲み物に挑戦することとなった。

1位…ユイ・ガ・ジャクソン三ツ矢サイダー500ml
2位…みみらんどメロンパン
3位…ワキサカユリカクラッカー
4位…チョーショージメグミ罰ゲーム茶

そして、マラソンの最終結果は以下の通り。

1位…アユナ・C
2位…ヒラノノゾム
3位…チョウショージメグミ
4位…シャ・キーラ
5位…ミチハヤシリオ
6位…マイナ・ジ・エンド
7位…セントチヒロ・テッテ
8位…バグ・ミィ
9位…ユミノユア
10位…リソリソ
11位…ハシヤスメ・サムコ
12位…モモコグミinc
13位…フォースサマーウイカ
14位…ヨコヤマヒナ
15位…ヤヤ・エイトプリンス
16位…ナガヤマユキコ
17位…タンタンコ
18位…ガン・ギマリーフィ
19位…ギガ・フロント・フロンタール
20位…ユイ・ガ・ジャクソン
21位…ガミヤサキ
22位…オレンジコバンパイア
23位…みみらんど
24位…ワキカサユリカ

折り返し地点3位で到着しクラッカーを引き当てたワキサカユリカが、口の水分を奪われマラソン最下位になってしまったものの大きなインパクトを残した。

その後、朝食(5つにはデスソース入り)を24人で食べ、21人はダンス練習のため、スポーツセンターへ。脱落組の3人は港へ向かい、離島を後にすることとなった。

以下に、ハシヤスメ・サムコ、ユイ・ガ・ジャクソン、ギガ・フロント・フロンタールのインタヴューコメントを掲載する。

ユイ・ガ・ジャクソン


(涙を流しながら)悔しい。もうちょっとできることがあったと思う。(シンデレラタイムだったので)渡辺さんのTweetで脱退を知って、全然意味がわからなくて。自分の中で納得できなくて渡辺さんと2人で話しました。渡辺さんが何に対して怒っているのか、自分は渡辺さんの口から聞けていなかったので、それを聞いたので納得はできました。もともと旧BiSが解散した日にBiSをみつけて、BiSに入りたいと思って受けました。 旧BiSからいたプー・ルイさんもいなくなっちゃったけど、どうしても自分もBiSでやりたかった。BiSの好きなところは、周りの人がやっていないことをやったり、反対されたり批判されたりしてもずっとそれを貫いていていたこと。今回の合宿は普通にしていたら絶対にできないことだし、デスソースもマラソンも楽しかった。マラソンは1位になりたかったけど、折り返し地点で三ツ矢サイダーを飲んで吐いちゃって、走れなくて。自分からもっと自分のことをわかってもらえるようにならないと伝わらないし、いろんなことができなくなってしまうので、がんばりたい。渡辺さんが2人で話したときに、「ここで諦めて腐らないで、また来て」って言ってくれました(涙)。渡辺さんが絶対に私じゃなきゃいやだ、私がいいって言ってもらえるようにがんばります。

ギガ・フロント・フロンタール


昨日脱落って言われていたけど、最後にマラソンに参加できてよかったです。昔、地下アイドルをしていたことがあって、人前に立って歌って踊るのは好きだったけど、物販とかお客さんとしゃべるのがすごく苦手で、それを克服できずに今回も来てしまいました。そこを直さなくちゃいけないのに直せなくて。ニコ生は二の次になっちゃっていたし、結局は二コ生で脱落がきまっちゃった感じなので、悔しいけど驚きはなかった。気の緩みがあったと思います。私は、WACKの曲が好きで、他のアイドルと違った自分たちで考えたダンスをするところが好きで今回受けました。やっぱりダンスをしたいし、歌が歌いたかったから、キャラクターが大事なのもわかっていたけど素がでちゃいました。この合宿で学んだことは、当たり前のことなんですけど、最初から自分からグイグイ行きすぎるレベルでアピールしないと、外の世界でもやっていけないっていうこと。最初から全力投球でやること。今後WACKオーディションがあったら受けたいけど、もともとアイドル・プロデュースというか裏方をやりたかったんです。だから、お店で自分の好きなアイドルのコーナーを作ったり、1mmでもアイドルにかかわる仕事ができたらいいなって。どっちかというとアイドルのオタク側なんですよ。だから、今回も演者サイドになれていなかった。なので、今後も何かしらの形で関わっていきたいです。

ハシヤスメ・サムコ


がんばってダンスの練習をしていたんですけど、目立てていなかったので、仕方ないし悔しいです。カメラが回って来たときに一発ギャグでもできたらよかったのかなって。今までシンガー・ソングライターをしていて、あまりアイドルを見ていなかったんですけど、知り合いがこの曲おすすめだから聴けって言っていて知ったのがBiSHだったんです。BiSHだけじゃなく、BiSのリリイベも、ギャンパレのリリイベにも行ったら本当に格好よくて。送られて来たダンスの振り付け動画も練習なのにガチでやっていて、これはがんばらないといけないなと思った。私、松隈さんの作る歌がすごく好きで、渡辺さんの作る歌詞とかすごく格好いいなと思っていて。この合宿を通して学んだことは、なにごとも手を抜かずがんばること。次にオーディションがあったら受けたいけど、親と今回ダメだったら諦めるって約束をしてきたので、ちょっとキツイかなって。ニコ生では「WACKじゃなくてもいいんでしょ?」って書かれていたんですけど、私はWACKじゃないとダメなんです(泣)。昨日脱落って言われたあと、「マラソンやっていいよ」って言われて。マラソンをがんばったらまだチャンスあるかなと思ったし、ニコ生を見てくれている、私のことをいいと思っていない人にも頑張って走っているのを見てもらいたかった。とりあえず爪痕を残せたらなと思って走りきりました。

取材&文:西澤裕郎
写真:外林健太


WACKオーディション合宿2018 ニコニコ生放送 URL
http://live.nicovideo.jp/watch/lv310349013

WACK EXHiBiTiON 詳細
2018318()大阪城音楽堂
入場料 : 無料
出演 : BiSHBiSGANG PARADEEMPiREWACKオーディション参加者

WACK OFFiCiAL HP
http://www.wack.jp/

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。