新井浩文、クッキングパパを読んで感動。──しょうもにゅーす


映画『GO』で鮮烈なデビューを果たし、アンダーグラウンドからオーバーグラウンドまで、独自の存在感と役を選ばない幅広い演技で、日本を代表する俳優として確たる地位を築く新井浩文が、先日、漫画・クッキングパパを読んで感動した模様。

本人のTweetによると、クッキングパパを読んで「めっちゃ泣け」たようだ。更に、「連載当初のクッキングパパより年上になって」いることに衝撃を受けた模様。クッキングパパこと荒岩一味は、連載当初、金丸産業の営業主任で31歳だった。

尚、荒岩という名字は日本に約120人しかいない珍しい名字で、千葉県や長崎県に見られるという。ちなみに「新井」は約204,000人、「荒井」は約124,000人、「新居」は約10,800人、「荒居」は約1,700人、「洗井」は約30人、「阿良井」は約10人といるとされている。

“しょうもにゅーす”では、引き続き、新井浩文の機微を見守っていくつもりだ。

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。