那須川天心、父と妹と自然食を食べる。──しょうもにゅーす

天才的なセンスとテクニックで勝利を重ね、アマチュア時代からキックボクシング界の“神童”の名を欲しいままにし、16歳の時、史上最年少でRISEバンタム級王者を奪取。2016年末のRIZINでは、中1日で2連戦を行い2連勝を飾り、日本中に衝撃を与えた、“キックの神様が作り上げた最高傑作”とも称される格闘家・那須川天心が、先日、父と妹と自然食を食べた模様。

本人のBlogによると、この日は「朝からランニング」をした後、「自然食を食べに行」ったようで、帰宅後、「めちゃ×2イケてるッ!」の最終回を見たようだ。

尚、マクロビオティックを実践している人のことをマクロビアン、肉・魚・卵・乳製品・ハチミツを一切食べない純粋菜食主義者のことをビーガン、野菜中心の食生活をする人のことをベジタリアンと呼ぶ。

“しょうもにゅーす”では、引き続き、那須川天心の休日を見守っていくつもりだ。

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。