【ライヴレポ】GANG PARADE、新メンバー2人を加えZepp DiverCityで魅せた“9 SOUL”

2018417日、GANG PARADEが、Zepp DiverCityTOKYOにて、自身最大級となるワンマン・ライヴGANG 2を開催した。

3月3日をもってカミヤサキとアヤ・エイトプリンスのレンタルトレードが終了し、カミヤが戻った7人体制で1ヶ月強ライヴを行なってきたGANG PARADE。この日は「WACK合同合宿オーディション2018」で合格したハルナ・バッ・チーンと月ノウサギの2名が加入し、9人体制でライヴが行われるということも発表されており、雨降る平日にも関わらず多くの遊び人(※GANG PARADEファンの呼称)たちが会場に詰め掛けた。

今年2月23日にマイナビBLITZ赤坂で行われたワンマン・ライヴ〈MAKING THE ROAD〉をなぞりながらも、新しい9人が当時のGANG PARADEを塗り替えていくという、新しい幕開けとなるライヴとなった。

■WACK史上初の9人体制の幕開け

Blurの楽曲がBGMとして流れる中、開演5分前にマネージャーのWACK辻山が登場し注意事項を述べ、定刻になると暗転、大きな歓声が湧き上がった。

おなじみのオープニングSEとともに9人がステージに登場。前回はフラッグが上昇する大掛かりなセットの中登場したが、この日はそうしたギミックはほとんどなしで9人の歌とダンスを偽りなく見せるという潔いステージセットの中でライヴがスタートした。

1曲目は「Beyond the Mountain」。ハルナ・バッ・チーンと月ノウサギのパートでは大きな歓声がおこり新メンバーへの注目の高さが会場を包んだ。「イミナイウタ」、「とろいくらうに食べたい」を現9人体制のフォーメーションでパフォーマンスをすると、「私たちエンジョイプレイ、みんなの遊び場、GANG PARADEです。よろしくおねがいします!」と挨拶をし、メンバー個人の自己紹介へ。

新メンバーが挨拶して盛り上がりを見せるなか、ココ・パーティン・ココが「以上9名でGANG PARADEをやっていくわけですけど、今日新生GANG PARADEの最初の目撃者であるみなさん。今夜は絶対に、一瞬たりとも目を離さないでくださーーい!! ここにいる9人と、今日Zeppに集まってくれたみんあなで最高の遊び場を作りましょう!」と力強くアナウンスし「GANG PARADE」へ。

続く「BREAKING THE ROAD」だけは前回とは違う流れだが、これ以降はアンコールまでマイナビBLITZ赤坂と同じセットリストで9人はライヴを行なっていった。

途中、とある指令を受けた芸人のサンシャイン池崎が登場し、メンバーたちとのトークが行われた。この様子は、後日日本テレビ『バズリズム02』で公開される予定なのでチェックしておこう。

そして、コント流れからのキャン・GP・マイカがストッキングをかぶり「WE ARE the IDOL」へ。「こんなことされてもマイカはギャンパレが大好きだーーー!!」と叫び後半戦へ。「UNIT」、「3rd FLOOR BOYFRIEND」「sugar」、「QUEEN OF POP」とパフォーマンスするとマイカがMCを行なった。

マイカ「今日、月ノとハルナがGANG PARADEに加入しました。2人には「WACKオーディション」で初めて出会ったんですけど、合宿参加者の中でも月ノとハルナはメラメラしていて、私が個人的に刺激を受けるところがたくさんあったので、GANG PARADEに加入が決定したときは本当に嬉しかったです。加入が決まってから1ヶ月、とても限られた時間の中で2人は死に物狂いでものすごく真剣にぶつかってきてくれました。本当に感謝しています。ありがとう。

そして、私もその合宿の最終日で改名をして「GP」がつき、キャン・GP・マイカとなったわけですが、そこから1ヶ月が経って、渡辺さんにGPをつけられたときに、「GANG PARADEを一生背負っていけ」って言われたんですけど、背負うってリーダーみたいな感じなのかなと最初は考えていて。でもそうではなくて、私はパフォーマンスでGANG PARADEを一生背負っていきたいと思います。

GANG PARADEはライヴの前に、いつもみんなで「誰よりも高く飛ぶ」とか「死に物狂いで暑苦しく全力でがむしゃらに」って言ってからステージに立っているんですけど、その言葉をこれからも胸に、みんなの遊び場を最高の場所にして、いまが1番最高だって胸をはって言えるようにします。GANG PARADEはこの9人でがんばっていきます!」

そして、「TIE」「pretty pretty good」「CAR RADIO」「FOUL」と畳み掛けてライヴ本編は終了。「まだ足りない」というアンコールに応え、再び9人がステージに登場した。

■BODY & 9 SOULの誕生

「本日はわたくし、GANG PARADEのユイ・ガ・ドクソンからお知らせがありまーーーす!!」と、ユイ・ガ・ドクソンが、昨年行われた「WACK総選挙」で獲得したソロ・デビューの発売日とタイトルが決定したことを発表。発売日は6月12日、タイトルは『Like a virgin』。「みなさん、想像を膨らませて楽しみに待っていてください。そしてたくさん買ってください! よろしくおねがいします!」と挨拶をすると大きな拍手が会場に鳴り響いた。

続いてユメノユアが、7月から全国9ヶ所を廻る「REBUILD TOUR」の開催を発表。 ツアー・ファイナルは9月20日、ZEPP TOKYOで行われる。「いつも応援してくれる遊び人のみなさん。そして新たに加わった2人の仲間。9人の仲間とともに、すべての人とともにこれからも諦めず高みを目指し前に前に進んでいきます。これからもよろしくおねがいします」とユメノが挨拶をした後、新メンバー2人がそれぞれコメントを述べた。

月ノウサギ「改めまして、新メンバーとして加入した月ノウサギです。よろしくおねがいします。GANG PARADEに加入して1ヶ月経って、「GANG PARADEになってどうなりたいんだ」って訊かれたことがあって、1ヶ月考えても正直その答えはまだみつけきれていないんですけど、ちょっとだけ思ったことがあって。私はGANG PARADEでエースになりたいわけでもなくて、GANG PARADEの中で1番になりたいわけじゃなくて、GANG PARADEを1番にしたいです。何の1番とか具体的なことはまだわからないですけど、私はそのために必要な存在になりたいです。私はハルナみたいに強い個性とかないけど、(涙を流す)、私は努力しかできないけど、それでもGANG PARADEに必要だって思ってもらえるような存在になれるように死ぬ気でがんばります。これからもよろしくおねがいします」


ハルナ・バッ・チーン
「GANG PARADEの新メンバーのハルナ・バッ・チーンです。まず、私がオーディションに参加しようと思ったのは、あんまり自分のことが好きになれなくて、自信がなくて、たくさん苦しい想いをしたことがあって、そんな自分を変えたくてオーディションに参加しました。最初は受かると思っていなくて、いま1ヶ月経って、どんどん日にちは過ぎて行って、気持ちがあまりついていかなくて、たくさん迷惑もかけて。でも今をがんばろうと思えたのはメンバーさんとかやさしくて、格好よくて、強いからがんばろうと思っていて。ダンスができなくても教えてくれるし、できなくてももっとできるって信じてくれるし、レッスンが終わったあとにも「明日もがんばろうね」ってLINEが来るし、だからがんばろうと思えて。私がGANG PARADEに必要にされたいし、みんなが大好きで、GANG PARADEで1番になりたいです。GANG PARADEを1番にしたいです」

2人は涙ぐみながらも自分の言葉で誠実な言葉を語ると、ハルナの「新曲やります」という言葉とともに、ライヴ前日にMVが公開された「GANG 2」を披露。ストリングスと強いビートで構成された9人体制で初めての楽曲であり、GANG PARADEの新たな代表曲になるであろう堂々としたパフォーマンスを見せた。

そして、ヤママチミキが「Zeppダイバーーーーー! まだ足りなくないですか? 足りなくないですか?? みなさん、まだ飛べますか?? 今日はありがとう。次は「REBUILD TOUR」で会いましょう」とアジテートし、GANG PARADEの原点でもある楽曲「Plastic 2 Mercy」を披露。遊び人とともにこの日1番の盛り上がりを見せるなか、2番の歌詞部分で、ハルナが〈何度もSay hello〉と歌い、9人のGANG PARADEがスタートしたことを強く印象付けた。そして、最後ユメノユアが「これがGANG PARADEだーーーーー!!!」と叫びライヴは終了。

最後に9人は手をつなぎ「BODY & 9 SOULーーーー!!!」と挨拶して、遊び人たちに感謝の気持ちをしばらく伝えステージをさった。

GANG PARADE加入後1ヶ月強しかなかったこともあり、新メンバー2人のパフォーマンスはまだまだな点もあったが、いきなり1000人を超える観客の前で堂々と23曲を披露したハルナ・バッ・チーンと月ノウサギ。そして、その2人を受け入れフォーメーションも9人に組み替え新しいGANG PARADEを作った7人のメンバーたち。マイナビBLITZ赤坂ワンマンからわずか2ヶ月足らずにして、すでに当時の7人の面影はないくらいの進化を遂げてみせた。

WACKグループの中でも初めての9人体制という大所帯となったGANG PARADE。ここから全国9箇所のツアーを巡り、9月20日のZEPP TOKYOへと向かっていく。運命に翻弄されながらも何度もグループを作り直し、ストーリーを作り上げてきたGANG PARADE。この日のライヴを見て、9人のGANG PARADEは革命を起こすかもしれない。そんなことを思う希望に満ちたワンマンライヴだった。

テキスト : 西澤裕郎
写真 : 外林健太

■初インタヴュー掲載中
・ハルナ・バッ・チーン、初インタヴュー「生命をかけて合格した」
・月ノウサギ、初インタヴュー「偽りない自分らしいアイドルでいたい」

ワンマン・ライヴ〈GANG 2
2018417()東京 Zepp DiverCity(TOKYO)

セットリスト
1. Beyond the Mountain
2. イミナイウタ
3. とろいくらうに食べたい
4. Are you kidding?
5. GANG PARADE
6. BREAKING THE ROAD
7. I need you I love you I want you
8. ペニンシュラ
9. Happy Lucky Kirakira Lucky
10. 普通の日常
11. Barely Last
12. WE ARE the IDOL
13. UNIT
14. 3rd FLOOR BOYFRIEND
15. sugar
16. QUEEN OF POP
17. WINTER SONG
18. TIE
19. pretty pretty good
20. CAR RADIO
21. FOUL
アンコール
1. GANG 2
2. Plastic 2 Mercy

【GANG PARADE「REBUILD TOUR」詳細】
■ 2018年7月1日(日)沖縄 output
Open/Start 16:00/17:00
[問]output 098-943-7031

■2018年7月22日(日)福岡 DRUM Be-1
Open/Start 16:00/17:00
[問]BEA 092-712-4221

■2018年7月29日(日)札幌 KRAPS HALL
Open/Start 16:00/17:00
[問]WESS 011-614-9999

■ 2018年8月18日(土)大阪 BananaHall
Open/Start 16:00/17:00
[問]サウンドクリエーター 06-6357-4400

■ 2018年8月26日(日)広島 SECOND CLUTCH
Open/Start 16:00/17:00
[問]夢番地 広島 082-249-3571

■2018年9月1日(日)新潟 Golden Pigs RED STAGE
Open/Start 16:00/17:00
[問]Golden Pigs RED STAGE 025-201-9981

■2018年9月8日(土)仙台 CLUB JUNKBOX
Open/Start 16:00/17:00
[問]G/I/P 022-222-9999

■ 2018年9月9日(土)名古屋 CLUB QUATTRO
Open/Start 14:00/15:00
[問]JAILHOUSE 052-936-6041

■2018年9月20日(木)東京 ZEPP TOKYO
Open/Start 17:00/18:00
[問]KM MUSIC 045-201-9999

【チケット情報】
通常チケット ¥4,000(税込)
※入場時にドリンク代別途必要
未就学児童入場不可
WACK FAMiLY CLUB先着先行受付
4/18(水) 22:00〜4/19(木)22:00
URL▶http://wackfamilyclub.com

■WACK FAMiLY CLUB抽選先行
4/20(金)18:00〜4/23(月)23:00
URL▶http://wackfamilyclub.com

■HP抽選先行受付
4/25(水)18:00〜4/30(月)23:00
URL▶http://w.pia.jp/t/gangparade/

チケット一般発売日 5/19(土)AM10:00~
プレイガイド
チケットぴあ http://w.pia.jp/t/gang/

【「Like a virgin」商品情報】
ユイ・ガ・ドクソン シングル「Like a virgin」
発売日:2018年6月12日(火)
レーベル:WcDONALD Records
収録曲:
1. Like a virgin
2. Like a virgin(inst)
【通常盤】
形態:CD
価格:1,000円+税
品番:WCDO-0001

【GANG PARADE公式サイト】
http://www.gangparade.com/

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。