【連載】Jumpei Yamada「illusionism」Vol.4────阿部しい奈 × ヒナタミユ(ヒナタとアシュリー)

 

泉谷しげるや曽我部恵一をはじめとしたミュージシャンのポートレート撮影を中心に、CD、書籍、広告、webや雑誌などの撮影を手がけている写真家のJumpei Yamadaが、写真をもっと自由に捉えてほしいという想いをもって、7月3日(火)よりスタートした新連載「illusionism」。公募で募ったゲストモデルを撮り下ろし、その写真を元にゲストライターが想像した文章を自由に執筆、写真と一緒に掲載していく。毎週火曜日更新予定。

 

「illusionism」Vol.1はこちら

「illusionism」Vol.2はこちら

「illusionism」Vol.3はこちら

 


「illusionism」Vol.4

 

 

少し重くなった頭で雑に畳まれた服を並べたけれど、
ふさわしい服がない。

流行りの中古通販サイトを狂ったように一晩中眺めた。

ワンピース一着分の値段でそこそこ気に入った服を三着買う。

 

 

鏡の前でだけ姿勢を正して
腹を凹ませる自分の姿を見る頃には、

さっきまでの自信は消えていた。

 

 

世話焼きな友人が贈ってくれた似合わなさそうな服が
袋に入ったままでリビングの端に置いてある。

いつか着てみようのその日はきっと来ないし、
眠ってしまえばまた大事なことが溢れていくんだろう。

 

 

薄化粧をし、似合わないその服を着て外に出る。
真っ暗な夜は静かで優しくて、無関心だから好きだった。

「夜を越えて明るくなった瞬間は見える景色を独り占めできるし、世界のだれよりも早起きでしょう?」と、昔好きだった人が言った。あの時はずいぶん、変わった人だと思った。

 

 

またぼーっと記憶を辿る。

記憶の中の深い川を越えても
今日はただ、懐しかった 許すことのほうがずっと難しい。

匂いや声が鮮やかなほど、
戻れないことを思い知らされて

 

 

いつの間にか、川の反対側まで来た。

ミー ンミー ンミー ン

急にあの人の顔が浮かぶから、おかしくて笑いそうになる。

どうでもいいと思っていた何かがわたしを助けた。

恥ずかしいくらい単純だ。

ずっと欲しかったものは
ずっと焦がれていた答えは

あの川じゃなく、いつもわたしの中にあった。

 

2018年7月31日更新予定
「illusionism」Vol.5へ続く

Text = ヒナタミユ(ヒナタとアシュリー)

ヒナタとアシュリーのボーカルギター。
月、初のタイアップソング「朝のにおい」を配信限定リリース(ドラマ # ハッシュダグ」書き下ろしED曲)。7月25日(水)には、映画「東京ブラフ」主題歌・挿入歌の配信がスタート(iTunes / spotify等、各サイトにて)!
挿入歌 longing(MV)」も16日に公開。https://youtu.be/2euexl0O5UQ

Web : http://hinatatoashley.com
Twitter : @hinatamiyu

Model = 阿部しい奈

Twitter : @sheena112_

Photograph = Jumpei Yamada(じゅんぺい・やまだ)

1987年富山県生まれ。
2007年より関西にて活動。
活動拠点を東京へ移し、2014年独立。
ミュージシャンのポートレート撮影を中心に、CD・書籍・広告・webや雑誌等各種媒体の撮影を手がけ、並行して自身の作品制作も行う。

2015年2月 写真集「ギミ!ギミ!ギミ!ダーリン!」発表。
2018年2月写真展「immanent」at 高円寺FAITH

Web : https://jumpeiyamada.com/
Twitter : @jumpeiyamada_

写真はもっと寛容で発想力を掻き立てるもの──写真家・Jumpei Yamadaが人生、連載を語る


被写体募集
illusionismに被写体として参加して頂ける方を募集中です。経験不問。興味のある方は「氏名」「年齢」「バストアップ写真、全身写真(3ヶ月以内撮影)」「芸能活動されている方は芸歴・活動歴」を明記・添付の上、件名:被写体募集にてillusionism.wanted@gmail.comまでご連絡下さい。応募者多数の場合、採用させて頂く方にのみご連絡させて頂きます。

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。