eastern youth、17年ぶりの野音ライヴを10年ぶりの映像作品へ

eastern youthが、明日9月28日に17年ぶりに開催する東京・日比谷野外音楽堂でのライヴを映像化し、来年3月4日にライヴDVDとして発売することが発表された。

本ライヴでは、今まで必ず”極東最前線”と銘打っていたタイトルをあえて付けず、”イースタンユースが日比谷野音を演奏する、ただそれだけ。”という思いで望む、初のノンタイトルライヴ。

川口潤監督の元撮影されるこちらのライヴ映像作品は、明日のライヴ会場でも予約受付が開始され、会場予約限定特典として『本公演ライブ写真B2ポスター』がつくとのこと。

eastern youthとしては、『その残像と残響音』(’01年)、『アーカイブス1997-2001』(’04年)、『ドッコイ生キテル街ノ中』(’10年)に続く、10年ぶりの映像作品となる。(横澤魁人)


■商品情報

eastern youth
『日比谷野外大音楽堂公演 DVD 2019.9.28』

発売日:2020年3月4日(水)
定価:4,500円+税
収録分数:120min予定
発売元:株式会社バップ
※仕様・内容等は予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承下さい。

公式HP:http://www.hadashino-ongakusha.jp/
公式Twitter:https://twitter.com/ey_chan

あわせて読みたい