【CARRY LOOSE Vol.1】パン・ルナリーフィ「たくさんの人に寄り添えるグループになっていきたい」

パン・ルナリーフィ

2019年5月に解散した第2期BiSのメンバー、パン・ルナリーフィ、YUiNA EMPiRE、WACKが運営する育成ユニットWAggを卒業したウルウ・ル、オーディションに合格したユメカ・ナウカナ? の4名で構成されたアイドルユニット、CARRY LOOSE。松隈ケンタ率いる音楽クリエイターチーム・SCRAMBLESのT.S.Iによるサウンド・プロデュースの元、CARRY LOOSEメンバー自ら作詞した楽曲を含む全13曲収録のセルフタイトルアルバムで10月22日にデビューを果たした。

11月2日、3日には、BiSとのグループ対抗200km駅伝〈BiS vs CARRY LOOSE対抗駅伝〉を行い、11月4日には初ワンマン・ライヴ〈ゆるくはこんでください〉を渋谷GARRET udagawaで開催した彼女たちのソロ・インタビュー連載がスタート。記念すべき第1回は、第2期BiSでエースになると全身全霊で臨んできたパン・ルナリーフィのロング・インタビュー。BiS解散後、彼女は何を思いCARRY LOOSEでの活動の道を選んだのか、そして第3期BiSへの想いとは? じっくりと話を訊いた。

取材&文:西澤裕郎
写真:大橋祐希


ぶっ殺すぞってくらいの気持ちでマラソンは挑みました

──11月4日に開催された初ワンマン・ライヴ〈ゆるくはこんでください〉のMCで、パンさんは「第2期BiSから今日までの自分を自分で殺しに来ました」と語っていました。どういう気持ちで語った言葉なんでしょう?

>>【REPORT】CARRY LOOSE、初ワンマン「途切れた夢の続きを取り戻しに来ました」

パン・ルナリーフィ(以下、パン):第2期BiSが解散してから、BiSのことを考えない日はないくらい、いい方向に消化できずに引きずってしまっている自分がいて。スタッフさんから「まだBiSのパン・ルナリーフィがCARRY LOOSEで見える」とワンマン当日に言われたんです。今までの自分を最後にしたいなと思って、その言葉を言いました。

──そういう気持ちで臨んだ初ワンマンはどうでしたか?

パン:MCを考えるのに直前まで悩んでしまって。本当だったら、声出しとか、みんなの気持ちや空気を先輩である私が作らないといけないのに、個人個人で準備をしてしまったんです。本番に向けてもっと話し合ったり、いい空気を私が作らなければいけなかった反省があります。でも、CARRY LOOSEが始まるワクワクは感じました。

──ワンマン直前の11月2日、3日には、BiSとのグループ対抗200km駅伝〈BiS vs CARRY LOOSE対抗駅伝〉を行いました。200kmマラソンをしたことで、メンバー間の距離が縮まったり、グループとしてまとまった印象はあるんじゃないですか?

パン:あります。4人とも自分の気持ちをその瞬間にズバッと言えるメンバーではないんですけど、たくさん考えていると思うんです。それが4人の共通として普段伝わっていなかったり、何を考えているのか分からないというのがマラソン前まではちょっとあって。みんな一生懸命打ち解けようとしていたんですけど、控えめな部分が出てしまったり、はっきりお互いを分かりきれていなかった。マラソンで限界までいったことで、やっと心が通じ合ったというか、言葉じゃなくて気持ちで繋がった。CARRY LOOSEのために頑張ったことによって、4人がそこで1つになることができたなと思います。

──駅伝中、どんな会話をしたか、記憶に残っていることはありますか?

パン:私はスタッフの小嶋さんとユメカちゃんと2人で走ったんですけど、ユメカちゃんは明るくて、プラスに引っ張ってくれるような大事な存在だなということを思いました。自分では無意識なんですけど、私は常日頃マイナスな雰囲気を気づかぬうちにまとってしまっているみたいで。それをユメカちゃんは打破してくれるというか、明るく変えてくれる。マラソンのときも「笑顔で頑張ろうね」と言ってくれたり、映画の舞台挨拶のときも3人が暗い感じになっちゃっても「頑張れ!」って明るく一気に変えてくれたりして、ユメカちゃんの存在はとても大きいなと思いました。

──レーベルの古木さんや野口さんなど、スタッフ陣も走ってくれてチーム感も感じられたんじゃないですか?

パン:スタッフさんのほうがつらいはずなのに、めっちゃ声をかけてくれて。最初は走れないって言っていたスタッフさんが引っ張ってくれた。WACKとCARRY LOOSEのために走ってくれていたわけじゃないですか? その思いを感じて私も走れたし、古木さんも死にそうになりながら走ってくれたり、野口さんもCARRY LOOSEの流れを変えてくれて。それこそ往路でBiSに負けていたから、めっちゃ焦ってしまっていたんですけど、野口さんが逆転して繋いでくれて一気に状況が変わった。そこで火がついて、スタッフさんとも、より絆が深まりました。

──対抗の相手がBiSだったわけですけど、それに関してはどんな気持ちでしたか?

パン:最初に企画を聞いたとき、逃げ出したくなる気持ちもあったんですけど、そういう気持ちをぶち壊すぞってくらいの気持ちでした。CARRY LOOSEとBiSは一緒の時期にデビューしたから、これからも比べられていくと思うんです。自分たちもBiSのことはめちゃくちゃ意識しているし、事前に「CARRY LOOSEは速いから、余裕勝ちしちゃうんじゃないか」「つまんないんじゃないか」って言われたりもしていたので、ぶっ殺すぞっていうぐらいの気持ちでマラソンは挑みました。

──それこそ、かつてのBiSHとPOP(※GANG PARADEの前身グループ)の200km対抗駅伝を連想する部分もありました。POPがマラソンには勝ちましたが、BiSHのほうが物語を作って盛り上がったというエピソードがあります。

パン:渡辺(淳之介/WACK代表)さんやスタッフさんからも、あのとき物語を作ったのはBiSHだったと言われていたんですよ。ただ勝つだけでは意味ないよって。だからといって物語を作るために負けるのも違うし、BiSもCARRY LOOSEもグループのために死ぬ気で走ったから、私たちがマラソンの勝利を勝ち取ったけど、お互いいい勝負になったのかなと思います。

BiSという存在に自分の中で勝つことを選びました

──2017年の合宿オーディションに参加しているときから、パンさんは直向きでまっすぐな性格でした。BiSに入ってからも、まっすぐ一生懸命努力してやってきたと思うので、映画『IDOL-あゝ無情-』で、パンさんがこれ以上BiSを延命してもダメなんじゃないかと思っているシーンにはビックリしました。2期BiSの活動で、どんな気持ちの変化があったんでしょう。

パン:〈BiS.LEAGUE〉が始まったとき、メンバーの力でBiSのためにプラスにすることができなくて、自信が皆無になってしまったんです。BiSがすごいんだぞって胸を張って言える状態の更新を途絶えさせてしまった。そこからメンバー間でも上手くコミュニケーションが取れず、本当に何も考えられていなかったなって。その時期から「このままだとやばいよ」と言われていたんですけど道を戻すことができずに、どんどんぐちゃぐちゃになり負の連鎖が続いて。BiSをみんなが大切にできなくなってしまったから、BiSのために頑張ることもできない。BiSをみんなが愛していないから、そのために自信を持って、死ぬ気で頑張ることも合宿ではできなくなってしまったんです。うちらで限界を決めるのはおかしいと思うんですけど、そのときはそういう状況まで陥ってしまっていました。

──活動していること自体、パンさん自身、苦しかった?

パン:それまでは自分に自信がなくても、グループには自信があったんです。それをどんどん更新できていたし、していくぞという気持ちだったけど、あのときは全員つらかったと思います。

──パンさん自身、解散後の活動をどうするか、かなり悩んだんですよね?

パン:期限まで自分では答えを決められず、渡辺さんに「決められないです」という電話をしました。「今決められないということは、WACKにいたいと思っていないんじゃない?」って言われて、電話をしながら考えたんですけど、私にとってはWACKを辞めるか死ぬかくらいの選択だったので、やっぱり辞めるって選択肢はなかったんです。でも、そのときは自信がとにかくなかったから決められなくて。もしWACKに残ったとしても、グループを同じことにしてしまう恐怖もあった。めちゃくちゃ変われる自信もなくて。でも辞めるわけにはいかない。まだ何もできていなかったし。BiSへの想いを越えられるのはWACKに残ることだなと自分では思ったから、残ることを決めたんです。そこで、BiSという存在に自分の中で勝つことを選びました。

──『世界でいちばん悲しいオーディション』のZINEでインタビューしたときも、BiSをやるか、死ぬかしかないと言っていて、心配になったことを覚えています。中間がない?

パン:極端なんです。そのときは中間は全くなかったです。

──歌って踊ることというのが、パンさんの中ですごく大事なことなんですね。

パン:根本は、憧れていたあーりんさん(※ももいろクローバーZ・佐々木彩夏)みたいになりたい気持ちからアイドルになったんです。学生のときに憧れてから、今もその気持ちは変わらなくて。歌って踊って誰かを幸せにする。憧れられる人になりたい、というのはBiSで活動していたときも変わってはいないんですけど、その気持ちを失ってBiSじゃなければいけないという方向に走ってしまっていたんです。

──BiSの子たちは、加入したてに比べて話が上手くなったと思います。ただ、いつの頃からか、自分たちの言葉に縛られているように見えて。特にパンさんは感情でうわーってなっていたものが、いつの頃からか自分の言葉に捕らわれていたんじゃないかなって。

パン:私は言葉とか目標とか数字にとらわれる人間だから、人の空気感とかじゃなくて見えているものとか発した言葉にしか真っ直ぐ向かっていけないんです。

──WACKに残らない選択をした人も多かったですが、そこに対してはどのように思ったんでしょう。

パン:やりたいことがあって、そのためにBiSを頑張っていたメンバーも多くて。ちゃんと未来を考えて行動していたからこそ、辞める選択肢を選んで次の道に進めたと思うんです。私はそれができていなかったんだとめちゃくちゃ感じました。BiSでしか生きれないと思い込んでいた。そんなはずないのに。私だけ考えられていなかったことをめちゃくちゃ痛感しました。

──パンさんは「私はBiSだ! BiSじゃなきゃ死ぬ」くらいまで言っていました。生きがいだったBiSが解散したとき、自分というものが何なのか問われたんじゃないかと思います。

パン:BiSが大好きでBiSじゃなきゃ死ぬって言っていたのに、WACKに残って違うグループで活動したら、言っていたことが嘘になってしまうと思ったんです。第3期BiSができることを聞いたとき、2期BiSのメンバーは必要ないと渡辺さんから言われて真っ白になっちゃって。BiSじゃない自分を見出すことができなかったから、WACKに残るかどうかを決められなかったんです。

たくさんの人に寄り添えるグループになっていきたい

──CARRY LOOSEでの活動が始まるまで、どんな気持ちで過ごしていたんでしょう。

パン:プーちゃんは、「プー・ルイ=BiS、BiS=プー・ルイ」で、プーちゃんがいないBiSはBiSじゃないって思わせてくれるような人で。私も「パン・ルナリーフィがいないBiSはBiSじゃない」と思ってもらえるぐらい、BiSになることを目標にしていた。だからこそ、第3期BiSを見るのがとても苦しくて。でも、自分にできることは、新しいグループとして進むことしかなかった。BiSに対する気持ちと、前に進まないといけないという気持ちが上手くいかない時期もありました。

──CARRY LOOSEは「ゆるい」というのがコンセプトにありますけど、気持ちとしてはすぐにゆるくはなれなかった、と。

パン:難しいですよね。しかも、今話した私の気持ちは、新メンバーには関係ないじゃないですか。CARRY LOOSEはBiSとは別物なわけで。曲も踊りもメンバーも全く別だからこそ、BiSのことは消し去るわけではないけど、自分の中で殺したいという気持ちでいたんです。だからと言って、明るく偽ってCARRY LOOSEをやりますというのもできなくて。1番いいプラスになるBiSに対する気持ちと、CARRY LOOSEとして前に進む割合を探りながら活動しています。

──CARRY LOOSEの1stアルバムは、楽曲制作がSCRAMBLESで、歌詞も渡辺さんが書いている曲も多いですよね。感情的な曲も多いし、ある意味でBiSやWACKが培ってきたものを正面から継承したグループだとも思います。実際動き出してみて、どんなグループにしていきたいと思っていますか?

 

パン:私とYUiNAとウルちゃんとユメカ、それぞれにそれぞれの過去があるし、悔しい思いもあって、ここで頑張るぞ! という強い気持ちが全員にある。4人がいた前のグループを見ていてくれた人は、寂しい気持ちや苦しい気持ちになることもあると思うんです。それを無視して、新グループCARRY LOOSEをやっていくんじゃなくて、過去を知っている人にも寄り添えるグループになっていきたい。最初は、そんな過去を忘れさせるぐらい、無理してでも明るくいくぞという気持ちではあったんですけど、曲をいただいたときにたくさんの人に寄り添えるグループになっていきたいなと思いました。第二の人生、CARRY LOOSEを応援したいと思ってもらえるグループになっていきたいです。

楽しく夢中に

──パンさんはグラビアデビューをしたり、BiS時代にやらなかったことにも挑戦しています。少しずつ視野を広げられているんじゃないですか?

パン:自分にしかできないことを見つけていきたいから、いろいろなことに挑戦したいと思っています。前みたいにBiSでしか生きられないってなっちゃうのもダメなんですけど、CARRY LOOSEにしかできないことを見つけていきたい。

──ワンマンのMCで「私はBiSに本気でぶつかる事ができませんでした」ということも言っていました。それはどういう意味なんでしょう。

パン:日本語が下手でした。諦めてしまったと言ったら変なんですけど、途中から自信を失くして、全体に対して見過ごすことが増えてしまった。どんどんそういう雰囲気が広がっていってしまったことを言いたかったんです。本当に真剣に死ぬ気でぶつかって最後まで諦めなかったら、強く言うべきものがあったときに自分の中で我慢することはないはずなので。言わなかったことが1番大きな後悔なんです。

──そういうところはCARRY LOOSEでは見過ごさないでやりたい、と。

パン:変わらなきゃなって。4人ともズバズバ言えない性格だからこそ、ちゃんと話す時間や話せる空気を私が作っていかなきゃと心に強く決めたんです。言わなきゃいけないことがあったらズバッと言わなければいけない。そこは頑張るんだぞという気持ちです。

──みんな優しいというか、譲り合うようなところがあるメンバーたちですもんね。

パン:遠慮してしまうところがあって。そこが、いいところでもあると思うんですけど、それを変えていけるようにしたいです。気づいたら後輩もいて、私は憧れられなきゃいけない存在なので。

──パンさんが楽しく夢中になれるようなグループになっていくといいですね。

パン:そうですね。楽しく夢中に。頑張ります!

※記事初出時に本文中に誤字がありました。修正させていただきました。(2019年12月11日 20:30)


CARRY LOOSE PROFILE

2019年結成。パン・ルナリーフィ、YUiNA EMPiRE、ウルウ・ル、ユメカ・ナウカナ? の4 人からなるアイドルグループ。 2019年10月22日にアルバム『CARRY LOOSE』でデビュー。

■ツアー情報

〈ルーズに場所はずしてみましたツアー〉
2019年12月1日(日)@京都VOX hall ※SOLD OUT
OPEN/START 16:00 / 17:00
[問] 京都VOX hall 075-255-1596

2019年12月15日(日)@長崎DRUM Be-7
OPEN/START 13:00 / 14:00
[問] 長崎DRUM Be-7 095-827-7020

2019年12月22日(日)@岩手Club Change ※SOLD OUT
OPEN/START 13:00 / 14:00
[問] 岩手Club Change 019-652-7182

2020年1月5日(日)@静岡・浜松Force ※SOLD OUT
OPEN/START 16:00 / 17:00
[問] 浜松Force 053-415-9988

2020年1月25日(土)@埼玉・HEAVEN’S ROCKさいたま新都心VJ-3 ※SOLD OUT
OPEN/START 17:00 / 18:00
[問] HEAVEN’S ROCKさいたま新都心VJ-3 048-858-7251

※ダイブ・リフト・サーフ禁止

■チケット料金/(税込)
通常チケット スタンディング 3,800円(税込)※別途ドリンク代

 

 

あわせて読みたい