【6/47】BiS、47都道府県ツアー北海道編「この4人のことが大好きだなって毎日思っています」

4月15日の沖縄公演を皮切りにはじまった、BiSの47都道府県ライヴ・ツアー「I don’t know what will happen TOUR」。6箇所目となる北海道公演が、2018年5月12日(土)、13日(日)、札幌KLUB COUNTER ACTIONにて行われた。

これまでのツアーもご当地ネタを取り入れてライヴをしてきた5人のメンバーたち。北海道でもご当地ネタを取り入れてライヴを進めていった。

キカ・フロント・フロンタールは、初日はアスパラ、2日目は北海道の形を顔にペイントして登場。「北海道ってアスパラ有名だよね? 黄緑と緑使ったり茶色を使ったり細かく塗っています」と塗り方にもこだわりを見せた。ゴ・ジーラは「北海道のご当地怪獣はタマゴノドンです」と、怪獣担当としてお馴染みのご当地怪獣を紹介した。

また初日には、北の国をメンバーが口ずさむ中、ゴ・ジーラが「本日はBiSワンマン・ライヴにお集まりいただき、誠にありがとうございます。ライヴはまだまだ始まったばかり。今日だけは全部忘れて、最後まで自由にお楽しみください。札幌のみなさんとBiSの私たち。今日の最高の出会いに感謝です。どうせ人間、結局人間、されど人間。いまを全力で生き抜いていきましょう」というアナウンスとともに「human after all」へ繋げた。

2日目は、同じくゴ・ジーラがクイーンの「We Will Rock You」のリズムを足で刻みながら「俺らは人間、それでも人間、結局人間、どうしようもない。We are We are 人間!」と研究員(※BiSファンの呼称)たち歌い、「人間万歳!」といって「human after all」へ繋げ、同じ北海道でも違う演出で会場を湧かせた。

初日のMCはアヤ・エイトプリンスが、2日目のMCはパン・ルナリーフィが行なった。それぞれのMCを記載する。

アヤ・エイトプリンス「BiSは、2016年9月に再始動してから、メンバーが抜けてしまったり、本当にいろいろなことがありました。6月1日から、BiSは2つに分かれて活動することになります。これからもきっとそういうことがたくさん起こるグループだと思っています。メンバー自身も、研究員のみんなも、体制が変わることでいろいろ不安になったり、どうなってしまうんだろうと思ってしまうかもしれないけど、人生は1回きりなので何事も楽しんでいきたいと思います! みんなで楽しんでいきませんか? これからいろんなことがあると思うんですけど、みなさん一緒にBiSの歴史を刻んでください」

パン・ルナリーフィ「今日で「「I don’t know what will happen TOUR」も7公演目です。Jリーグ制度の発表から2ヶ月間が経って、徐々に1stと2ndに分かれての練習やお仕事が増えてきたんですけど、正直、私は気持ちの整理がうまくつかなくて、本当につらくて仕方ありませんでした。1stと2ndに分かれるということで、キカ、アヤ、ペリと無意識に私が距離を開いてしまったり、心を閉ざしてしまったり、とても苦しかったし、どうしたらいいのかわからない時期もありました。今、こうやっていろんなところにツアーでまわって、この5人でライヴをして、毎日毎日この4人が大好きだなって思っています。だからこそ、残り5回の和歌山、奈良、宮崎、鹿児島、そして渋谷のファイナルを、この5人にしか作れないライヴにしたい。私たちにとっても、研究員のみんなにとっても、BiSの歴史として1回限りの最高のライヴにしたいと思っています。BiSはこれからもずっと続いていくから、1stと2ndに分かれても自分たちの力で繋いでいって、BiSとして強くなって成長して素晴らしい未来を作っていきます。これからもBiSは何が起こるかまったくわからないんですけど、そんなBiSと一緒に、歴史を辿っていってください」

アンコールでは、「私たち5人が、今日、いま、この瞬間、BiSの最高を更新します。はじまりの曲、心を込めて歌います」と「BiSBiS」を披露。最後は恒例の「パプリカ」でスクワットを行い幕を閉じた。2日目はキカ・フロント・フロンタールが客席で研究員を煽りながらスクワットをし、途中からはアヤ・エイトプリンスとキスをするなど、熱気で暑くなったライヴハウスをさらに熱くしてライヴを終えた。

ツアー7箇所目は、519日(土)、和歌山・SHELTERにて行われる。

取材&文:西澤裕郎
写真:外林健太

◼︎BiS「I don’t know what will happen TOUR」日程

2018年5月19日(土)和歌山:SHELTER OPEN16:00/START17:00
2018年5月20日(日)奈良:NEVERLAND OPEN16:00/START17:00
2018年5月26日(土)宮崎:SOUND GARAGE MONSTER OPEN16:00/START17:00
2018年5月27日(日)鹿児島:SR HALL OPEN16:00/START17:00
2018年5月31日(木)東京:Shibuya WWW OPEN16:00/START17:00
2018年6月2日(土)石川:金沢AZ
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年6月3日(日)福井:福井CHOP
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年6月9日(土)鳥取:米子 AZTiC laughs
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年6月10日(日)島根:松江 AZTiC canova
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年6月16日(土)山形:酒田MUSIC FACTORY
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年6月17日(日)宮城:仙台CLUB JUNK BOX
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年6月23日(土)熊本:熊本B.9 V2
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年6月24日(日)大分:DRUM Be-0
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年6月30日(土)三重:松坂M’AXA
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年7月1日(日)岐阜:柳ヶ瀬ANTS
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年7月4日(水)東京:TSUTAYA O-WEST
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年7月7日(土)茨城:水戸ライトハウス
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年7月8日(日)栃木:HEAVEN’S ROCK 宇都宮 VJ-2
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年7月15日(日)富山:Soul POWER
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年7月16日(月・祝)新潟:CLUB RIVERST
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年7月21日(土)静岡:SUNASH
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年7月22日(日)愛知:名古屋CLUB QUATTRO
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年7月28日(土)京都:KYOTO MUSE
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
2018年7月29日(日)滋賀:U★STONE
[BiS2nd]OPEN 12:30/START 13:30
[BiS1st]OPEN 18:30/START 19:30
◆チケット料金
【通常チケット】¥4,000(税込)
※学生キャッシュバックあり 公演当日に会場にて学生証提示で¥1,000キャッシュバックいたします。
◆WACK FAMiLY CLUB抽選先行
通常チケット ¥4,000(税込)
4月20日(金)12:00〜4月26日(木)23:00
受付URL:http://w.pia.jp/t/bis/
.

あわせて読みたい