【連載】アセロラ4000「嬢と私」シーズン2 第6回

嘘つきは、泥棒のはじまり。

そういう意味で、私は今、世紀の大泥棒・ルパン三世になれるほどの嘘をついた。

リアル不二子ちゃん・嬢の誕生日が迫る4月某日。私は、再三再四、店に招かれていた。

しかし、デート(同伴)の申し込みはNG。その日に限っていえば、嬢は私のものではないのだから。

お客さんが来ないと言いつつも、じつはしっかり私以外の恋人(客)とコンタクトを取っていた、したたかな嬢。

「他のお客さんも来ちゃうのは、ごめん。ヤキモチ焼かないでね」

そんな言葉で、健気にセンシティブな私のハートをケアしてくれる嬢。嬢、サンクスモニカ。私の心は嬢だけのもの。例え嬢が誰かの彼女になりくさっても。私の心だけは、嬢のものだ。

しかし、正味の話、金がない。

店には、行きたい、でも行けない。もしもこの状態で店に行ってしまったら完全に金を使い果たし、私はあまりの金のなさに銀行強盗を犯してしまいかねない。

「40代、アセロラ4000容疑者 キャバクラに行く金欲しさの犯行」

と夕方のニュースで大々的に報じられ、Yahoo!ニュースでも取り上げられるだろう。嬢も、そんなことは望んではいないはず。

そこで、私はすべてを丸く収めるために、嘘をついたのだ。

「じつは、身内に不幸があって、急に実家に帰らなくてはならなくて…」

魔法の言葉、「ミウチノ・フコウ」。

これまでバイト・仕事をサボるときに散々使用したキラー・フレーズを使い、一気にすべて解決することを試みた。

送信した瞬間、すぐに既読がついたLINE。

私は嬢の返信を待った。待つこと、3分。カップスターなら、食べたその日から味の虜になる短い時間。しかし、私には永遠にも思える長い時間だった。そして、嬢からの返信が届いた。

「そか! わかったよ!」

嬢の、精一杯の強がり。私は、ハッと目が覚めた。なんというバカな嘘をついたのか。

「じゃあ、仕方ないね!」

バレバレな嘘。嬢は、きっとお見通しなはず。にも関わらず、まったく怒るそぶりも見せず、サラッと流してみせる嬢。高い自尊心、女の意地。揺るぎない意思、そして巨乳。一流キャバクラ嬢としての生きざまがここにある。

それに引き換え、最低な嘘で店に行くのを回避しようとした私。なんと、情けないことか。なんと、セコいことか。嬢がアンドレ・ザ・ジャイアントパンダなら、私などせいぜいハムスター。なんと、小さい男だろう。

本気で嬢の誕生日を祝おうという気持ちがあれば、こんなことにならなかったはず。私の、嬢への愛は偽物だったのだろうか。バカ、私のバカ。

私は、罪の意識に苛まれ、いたたまれずに走り出した。走る、走る私たち。流れるアセもそのままに。いつか辿り着いたら、嬢に打ち明けられるだろう。

「金が、なかったんです」と。

そして、私は今、日本海の荒波を前に誓う。今度こそ、今度こそ、今度こそ、今度こそ。

嬢から、卒業、しよう。

〜シーズン2 第7回へ続く〜

【連載】アセロラ4000「嬢と私」シーズン2 第1回
【連載】アセロラ4000「嬢と私」シーズン2 第2回
【連載】アセロラ4000「嬢と私」シーズン2 第3回
【連載】アセロラ4000「嬢と私」シーズン2 第4回
【連載】アセロラ4000「嬢と私」シーズン2 第5回

※「【連載】アセロラ4000「嬢と私」」は毎週水曜日更新予定です。

アセロラ4000(あせろら・ふぉーさうざんと)
月に一度のキャバクラ通いを糧に日々を送る派遣社員。嬢とのLINE、同伴についてTwitterに綴ることを無上の喜びとしている。未婚。
https://twitter.com/ace_ace_4000

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。