新生NEO JAPONISM福田みゆインタビュー「やりたいと時にやらないと絶対後悔するなと思った」

2019年5月に活動休止したアイドルグループ、NEO JAPONISMの活動再開が、10月25日に公式Twitterにより発表された。「NEO SOUND, NEO CULTURE」を掲げ、誰が聴いても観ても踊っても楽しめるパフォーマンスを目指し、キャッチーなサウンドと真似しやすい振り付けで人気を博したNEO JAPONISM。”闘う”をコンセプトにメンバーを一新し再始動、12月14日からは〈新生NEO JAPONISMお披露目東阪ツアー”NEO RESTART”〉が始まる。お披露目を目前にメンバーの個別インタビューを掲載。第1回は、福田みゆに話を聞いた。

取材&文:エビナコウヘイ
写真:塚本弦太


福田みゆを入れて良かったと思ってもらいたい

──まず、なぜ新生NEO JAPONISM(以下、ネオジャポ)の新メンバーオーディションに申し込もうと思ったのでしょうか?

福田みゆ(以下、みゆ):実は私は、厳密にはオーディション経由じゃないんです。元々、さきどり発進局というグループで活動していて。昨年12月に解散したんですけど、高校卒業を控えたタイミングなので進路を決めなきゃいけない状況だったんですね。その時もまたアイドルをやりたいなって思っていたんですけど、私立の高校に通っていたし、途中で通信制に転校したりもして、親に金銭面でもたくさん迷惑をかけてきたので、自分のやりたいことを優先しないで社会人になった方がいいなと思ったんです。それで就職はしたんですけど、またアイドルをやりたいなってずっと思ってて。それで、前のグループでも一緒で仲良しだったあい(NEO JAPONISM新メンバーの朝倉あい)に、たまに相談をしていたんです。ある時たまたま、新生NEO JAPONISMからメンバーが1人抜けちゃったから、もしやりたいと思ってるなら、これが最後のチャンスだと思うし一緒にやろうって言ってくれて。あいが加藤さん(NEO JAPONISMプロデューサー)にお話してくれて入るチャンスを貰いました。元々の職場自体も人がすごく良かったし、すごく感謝しているんですけど、アイドルって歳を取ってからできるものじゃないし、やりたいと思った時にやらないと絶対後悔するなと思っていたから、そこで決意しました。加藤さんともお話して、「それだけやる気があるならまた一緒にやろう」って仰ってくれたので、加入することになったんです。無理して加入させてもらったからには、福田みゆを入れて良かったと思ってもらえるように頑張りたいです。

──加藤さんは、一時期さきどり発進局を担当されていましたよね。そこでちゃんと頑張っている姿を見ていたから、今回も話が上手く進んだのかもしれないですね。でも、ネオジャポが新体制で始まるとなると、前体制のあまり良くない終わり方のイメージを背負うハンデも拭いきれないとは思うんですが、そこについてはどう思っていますか?

みゆ:私は前体制のネオジャポとよく対バンで被っていたから仲良くしてもらっていたし、ライヴを見ても全力でやってるし、そんなに悪いイメージっていうのはなかったです。ネオジャポは曲も好きだし、やりたい系統のアイドルだったから、そんなイメージとかも全然気にしなかったです。もっと言うと、加藤さんのことを信用しているから、悪いようになるとも思っていなくて。周りから見たらハンデがあるかもしれないけど、わたしは全然気にならない、頑張ろうっていう気持ちです。

お互い高め合っていけるグループでありたい

──加藤さんがオーディションでメンバーを選ぶ際に一芸とか特技を重視されていたということなのですが、みゆさんも特技などあったりするんですか?

みゆ:えー……。自信があるとは言えないかもしれないけど、歌は好きです。カラオケに行くのが趣味なんですけど、自分で納得している感じじゃないから特技とは言えない(笑)。ネオジャポに入って一番思ったことが、周りがめちゃめちゃダンス上手かったり、歌が上手かったりするので、自分では歌が一芸とか大それた事言えないなと……(笑)。

──加藤さんは、グループの活動はもちろん、メンバーそれぞれの個性とか、やりたいこととかも活かしてあげたいっていうことを重視してると仰っていたんですけど、みゆさんは何かやってみたいこととかあります?

みゆ:本当に個人的なこと言ってしまうと、私アニメが好きなんです。ジャンルで言うと、ハーレム系とか異世界系が好きなんですよ。そういうアニメの主題歌をやりたいです。前、さきどり発進局をやっていた時も、アニメの主題歌をやりたいと思っていたけど、結局達成できなかったので、今回は叶えたいですね。

──新メンバーが揃って今は順調に準備されてる時かと思うんですが、どんな雰囲気でしょう?

みゆ:皆キャラがあって面白いし、一緒にいて楽しいです。1週間毎日レッスンがあったり、多く覚える事があって大変なんですけど、メンバーの歌もダンスも本当に上手いですし、モチベもあるからもっと頑張ろう! っていう気持ちが強いです。とにかく楽しみで早くライヴしたい、早く皆にパフォーマンス見せたいねって話したりしていますね。

──グループとしての目標はあるんですか?

みゆ:グループとしての目標は、ネオジャポを知らない人をいなくさせたい。知名度を上げて、「あ、NEO JAPONISMって聞いたことある」みたいなレベルでも、みんなが知ってくれているグループになりたいです。それで、パフォーマンスとか観にきてくれる人たちを全員ファンにさせたい。そうやってどんどん世界を広げていけたらいいなって思います。パフォーマンスも、私はちょっとまだ完璧ではないんですけど、皆ダンスも歌も本当に上手いんです。だから自分ももっと頑張って努力して、素晴らしいパフォーマンスをしたいなと思ってます。皆とてもストイックなので、お互い高め合っていけるグループでありたいです。

弱い自分の心を直さないと皆についていけないなって思う

──オーディションテーマとして「闘えるメンバー募集」ってあったじゃないですか。みゆさんは何と闘いたい、もしくは何か目標があってそれに挑んでいきたいんでしょう?

みゆ:加藤さんにも指摘されているんですけど、私すごいネガティブ思考なんですよ。メンタルが弱い。だからそういう弱い自分と闘っていきたいなって思っています。例えば他人に、みゆのここが良いよ、誇っていいよって言われても自信が持てなくて。そういうところを直していきたい。あと、全体的に心が弱いからレッスン中も自分のことを鏡で見て練習できなくて、足の方とか見て練習しちゃって。そういう弱い自分をぶっ倒していきたいです。

──敵は自分なんですね。他のメンバーに話を聞いた時も、「自分はダメだ」、「踊れてない」って落ち込んでいるメンバーがいたり、それを見て自分も焦るって仰っていました。お互い自分より相手の方がうまいと思って、焦っている感じがとてもストイックですよね。

みゆ:それを聞いて本当にびっくりしているんですけど、本当に皆ダンスが上手いし歌も上手なんです。だから、自分がやばいな、もっと頑張んなきゃなってめっちゃ思います。本当に自分の心が弱すぎるから、そこを直さないとみんなについていけないなって思うし、焦りますね。前にアイドルやっていた分、前とは違うなって思わせたい気持ちもありますし。

──さきどり発進局の時から見てくれているファンもいると思うんですが、さきどり発進局時代に、自分的ではここがダメだった、こうしておけばよかったって思うこととかあるんですか?

みゆ:今考えると、直すところや、もっとこうしとけばよかったって思うところはたくさんあります。例えば、ファンを増やすために「今日はこの人絶対にファンにする!」っていう気持ちできっとやっていなかったんです。私のことを好きで会いに来てくれる人を楽しませようとしか思えていなかった。今も、私を見て元気になってほしい思いは変わらないんですけど、もっと売れるためにもっともっと細かいところで努力していかなきゃなと思っています。例えば、私ライヴ中にめっちゃ目線が泳いじゃうんです。1人のことを見てると恥ずかしくなって。加藤さんにも、「目がずっとどこを向いてるのかわからないし、一点見つめた方がいいよ」って言われて。確かにレッスン中もめっちゃ先生に言われちゃうんです。

──目線ですか。

みゆ:鏡に映る自分を見て踊ってと言われるんですけど、できなくて。物販の時も、列が途切れて暇な時に他のメンバーは少しでもファンを増やそうと手を振ったりして気を引かせようとしていたんですよ。でも、自分は恥ずかしくてできなかったり。殻が破れてないっていうんですかね。アイドルになりきれてないっていうか。

──恥ずかしい気持ちが勝っちゃうんですか?

みゆ:うん。難しいけど、そういう細かいとこも全部直したいって思っています。前回より今回の方が、もっと強くなりたいと思ってるし。前回もっとこうしておけばよかったっていう事は本当にいっぱいあるから、それを今回は無くしたいです。そう思わないように全部出し切って、後悔しないようにいっぱい練習して、頑張りたいと思います。

──他のメンバーも、前のグループであまり目標を達成できなかったり、消化不良な感じでいたからこそ、だからネオジャポでは上手くやりたいっていう気持ちが伝わってきました。

みゆ:またアイドルをやりたいと思ったのは、前回で完全燃焼できていなかったからという想いもあるし、やりきった感は正直なかったのかもしれないです。みんなもきっとリベンジの気持ちでもやってるのかなと思います。

──お披露目初日は12月14日大阪です。今はどんな気持ちでしょうか?

みゆ:しょうがないことではあるけど、前回の活動と比べられてしまうことはあると思うんです。不安だなと思うけど、レッスンでも本当にこれだけ頑張ってきてるから、その結果を早くみんなに見せたい。パフォーマンスを見てネオジャポを推していこうと思ってくれる人が増えたらいいなと思います。不安だけど気持ち的にはやっていこう! と思っています。アイドルとしてステージに立つのが1年ぶりだし、どんな感覚だったかなって思い出すのも楽しみですね。何より一番は楽しむことが大事かなと思っています。


■イベント情報

〈新生NEO JAPONISMお披露目東阪ツアー”NEO RESTART”〉

2019年12月14日(土)@大阪府 OSAKA MUSE
時間:OPEN 13:00 / START 13:30
出演者:NEO JAPONISM

2019年12月16日(月)@東京都 TSUTAYA O-EAST
時間:OPEN 17:30 / START 18:00
出演者:NEO JAPONISM / WILL-O’ / SOL / Devil ANTHEM. / ナナランド / 真っ白なキャンバス

=Twitterアカウント=
NEO JAPONISM(@NEOJAPONISMinfo
滝沢ひなの(@NEOJAPO_hinano
辰巳さやか(@NEOJAPO_sayaka
瀬戸みるか(@NEOJAPO_miruka
朝倉あい(@NEOJAPO_ai
福田みゆ(@NEOJAPO_miyu

NEO JAPONISM 公式サイト:https://www.neojaponism.tokyo

前回はこちら
【新連載】新生NEO JAPONISM始動!プロデューサー加藤颯が語るネオジャポの理念と目標

あわせて読みたい