『100日後に死ぬワニ』のLINEスタンプが発売、愛しさと切なさを感じながら使ってしまう可愛さよ

Twitterで大きな話題を呼んでいる『100日後に死ぬワニ』のLINEスタンプが発売された。

『100日後に死ぬワニ』は、心やさしいワニの日常が淡々と描かれる4コマ漫画。友達のネズミとのやりとり、好きなあの子へのはかない想い、何気ないワニの日々の出来事が描かれるが、毎回最後に「死まであと○○日」とワニの死までの日数がカウントダウンされている。

作者のきくちゆうきは「この作品で描きたかったのは死生観」と語っており、この漫画を呼んでいる我々も100日後まで生きているという保証はないことを思い知らされる。ワニの日常から生きることの尊さや儚さなど、様々な想いを感じることができる体験型の漫画となっている。

果たして、この先どんな未来がワニを待ち受けているのか?

本日の時点でワニの死まであと44日。

LINEスタンプを使ってワニのことをより日常に感じながら、結末を見届けてみてはいかがだろう。(西澤裕郎)

速攻で購入してSW編集部で使っています! かわええ〜……!

・100日後に死ぬワニ LINEスタンプ販売ページ
https://store.line.me/stickershop/product/10617366

・きくちゆうき Twitter
https://twitter.com/yuukikikuchi

・【INTERVIEW】『100日後に死ぬワニ』作者きくちゆうきが語る死生観「生きることの裏には死がある」
https://storywriter.tokyo/2020/01/16/2455/

あわせて読みたい