【連載】アセロラ4000「嬢と私」第6回

嬢の、嬢による、嬢のための私。

生きていればいいことある。生きているって素晴らしい。

冴えない日々を送っていた私は、嬢に愛を捧げるという生き甲斐を見出した。ワクワクどきどきで今日も眠れそうにない。時刻は深夜0時すぎ。そんな私のもとに嬢からLINEが届いた。

「昨日はありがとう! ごちそうさまでした!」

さらに、

「次、いつごはん行く?」

昨日会ったばかりだというのに、しかもまだ2度しか会っていないにも関わらず、もう会いたいのか、嬢よ。とたんに色めき立つ私の心。こんなにも愛されていたとは。私も、愛し愛されて生きたい。そんな嬢からの求愛に対し、すぐに返信したかった。

が、しかし。

つい先ほど計算したばかりのキャバクラ収支が頭をよぎる。1ヶ月分の食費を90分で使ってしまった私には、今はまだDVDを売ったわずかばかりのJ資金しか残されていない。これだけでは、同伴の前半しかフォローすることはできない。派遣仕事の給与が月末に振り込まれるまでは、嬢に会いに行くことは現実的に不可能だ。

いったいどうしたものか。困った。

私は、返信をためらい、目を閉じた。もしも、私が店に行かなかったら。嬢はとても悲しむだろう。嬢の心の声が聞こえてくる。

「アセちゃん、アセちゃんが帰ったら店ががらんとしちゃったよ。でも…… すぐになれると思う。だから…… 心配しないで、アセちゃん」

ひとりぼっちで、誰もいない店に膝を抱えて佇む嬢。目の前には、アセロラのピッチャーが置かれていたはずのテーブル。これから、嬢はひとりでやっていけるのだろうか。いじめっ子に意地悪をされたりしないだろうか。考えれば考えるほど、私はいてもたってもいられなくなった。

だが、私もバカではない。いくらなんでも、お金もないのに嬢に会いにいくことはできない。優しい嬢のこと、食事に行き私の持ち合わせが心許ないことを知れば、きっと「いいよ、アセちゃん。私、出そうか?」そう言ってくれるに違いない。

ダメだ、ダメだダメだ。嬢に恥をかかせるな。私の中の日本男児が叫ぶ。私は決断した。

「再来週、ごはん行こうか?」

まだ月末までだいぶ日がある。しかし、私は自らにプレッシャーを与え、約束をした。お金のことは、なんとかなる。そう信じて。

「わーい! 楽しみ!」

すかさず返ってくる嬢からの返事。ホッとした。嬢が元気を取り戻してくれた。いや、もともと嬢は悲しんでいたわけではない。ただ、私は嬢に悲しみの入り口にすら立たせたくないのだ。

「何食べたいー?」

私がそう尋ねると、嬢がこう答えた。

「サカナカナ?」

珍しく、トンチの効いた嬢の返信。私を楽しませようというサービス精神が伝わってきた。その心意気に応えるべく、私は丹念に店を調べ上げ、年末の繁忙期に、なんとか店を予約した。

それ以来、日中仕事をしていても、つい顔がほころんでしまう。嬢との2度目の同伴を約束したのだから。心が弾まない方がおかしい。

「あら? アセ君、ずいぶんご機嫌じゃない。何かいいことあった?」

川野マネージャーが声をかけてきた。私の様子を敏感に察知するあたり、もしかしたら私に気があるのかもしれない。よく見れば、川野マネージャーも決して悪くはない。後ろで束ねたツヤのある髪、色っぽいうなじ。ハーフっぽい顔立ち、そして巨乳。いや、違う。後半は嬢のことだった。どうしても、途中から嬢が浮かんできてしまう。今の私には嬢がすべてなのだ。嬢への思いは日に日に募るばかり。

懸念された金銭面も、クレジットカードのキャッシングという合法的魔法で事なきを得た。私の財布には今、4万円もの潤沢なJ資金が蓄えられている。 師走の東京・下北沢。居酒屋「魚真」でいざ、嬢との2度目の同伴へ。

〜第7回へ続く〜

【連載】アセロラ4000「嬢と私」第1回
【連載】アセロラ4000「嬢と私」第2回
【連載】アセロラ4000「嬢と私」第3回
【連載】アセロラ4000「嬢と私」第4回
【連載】アセロラ4000「嬢と私」第5回

※「【連載】アセロラ4000「嬢と私」」は毎週水曜日更新予定です。

アセロラ4000(あせろら・ふぉーさうざんと)
月に一度のキャバクラ通いを糧に日々を送る派遣社員。嬢とのLINE、同伴についてTwitterに綴ることを無上の喜びとしている。未婚。
https://twitter.com/ace_ace_4000

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。