【連載】WAgg ソロ・インタビュー Vol.1──ナルハワールド「素直さや元気さを出していきたい」

BiS、BiSH、GANG PARADE、EMPiREのマネジメントを行うWACKが手がけるアイドル育成プロジェクト『WAgg』。「その後の進路はBiSに行ったり、BiSHに行ったりとか色々考えます」とアナウンスされており、WACKの将来を担う存在になる可能性に満ちている。

9月9日にはTSUTAYA O-WESTにて、BiS、BiSH、GANG PARADE、EMPiRE各グループの楽曲をパフォーマンスし、デビューを果たした。その後、東名阪仙公演を開催し、現在はEMPiREとの2マンライヴツアーを開催中だ。そんな8人のソロ・インタビューを掲載する連載がスタート。

第1回は、ナルハワールドのインタビューをお届けする。学校では目立ちたくなかったと語る彼女が、なぜWAggでステージに立つようになったのか、どんなグループにしていきたいかなど、ざっくばらんに話を訊いた。

インタヴュー&文:西澤裕郎
写真:外林健太


教室の端でずっと本を読んでるような地味な目立たない感じになっていった

──9月9日に開催されたお披露目公演『WAgg the beginning』、振り返ってみてどうでしたか?

ナルハワールド:めっちゃ楽しかったです!

──緊張はしなかった?

ナルハワールド:ステージに上がる前はめっちゃ緊張したんですけど、お客さんが盛り上がっているのを見たら、気持ちもすごく盛り上がりました。

──デビューまでの1ヶ月間を追ったエリザベス宮地監督によるドキュメンタリー映像『WAggドキュメント「俺らはIDOL」』では、渡辺(淳之介/WACK代表)さんから怒られているシーンが映っていますよね。どんなことを言われたんでしょう?

 

ナルハワールド:全然練習が足りていないのに休憩してばっかりだったり、真剣になっていなかったりってことを指摘されて、「お披露目まで本当に大丈夫?」ってことを言われました。たしかに練習は足りていないなと思っていたんですけど、どこまでやればお客さんに見せられるのかとかよくわからなかったから、私もそれを言われるまでは特になにもできなくて……。

──それを言われた後、メンバーの雰囲気に変化はありましたか?

ナルハワールド:みんなガラッと変わりました。メンバーで言いたいことを言いあって、最終的に「何分間練習したら何分間休憩」みたいなルールをマリン・バちゃんが決めてくれて。それで、みんなメリハリがついたかなって。

──せっかくの個別のインタヴューなので、ナルハワールドさんがどんな人かを聞いていきたいんですけど、もともとどんな子どもだったと思いますか。

ナルハワールド:うーん…… あまり周りとは関わらず、本当に信頼している人としか話しませんでした。知らない人はみんな怖いなって感じだった。

──知らない人が怖いなと思うきっかけはあったんですか?

ナルハワールド:親に聞くと「ちっちゃい頃は全然人見知りしなかったよね」って言われるんですけど、小学校に入ってからクラス替えで、ずっと一緒だった友だちと離れちゃって。知っている人が周りに誰もいなくなっちゃってからは、自分から話しかけることもできないし、教室の端でずっと本を読んでるような地味な目立たない感じになっていきました。

──小さい頃、習い事とかはしていたんですか?

ナルハワールド:2年くらい体操をしていたのと、ちょっとだけ英語を習っていました。あと、楽譜は読めないですけど、小学1年生から6年生までピアノをやっていました(笑)。

──なんでピアノは辞めちゃったんですか?

ナルハワールド:学校の音楽会とかでピアノを弾けって言われるのがめっちゃ嫌で、目立ちたくなかったんです。一個一個断るのが面倒くさくて辞めました。

──音楽自体は好きだった?

ナルハワールド:好きでした。他の人が聴かない曲をYouTubeで調べて聴いたりしていて。みんなが好きなのを好きっていうと「流行りだから」ってなるから、そういう曲はあまり好きじゃなくて、自分で探した曲を自分で好きになってってことをやっていました。

──そのときに好きになったのは、どんなミュージシャンですか?

ナルハワールド:なすお☆っていう女の人で、めっちゃかわいいんですよ。すーって透き通るような綺麗な声で、ずっと聴いていました。あと、最近みんな知っていると思うんですけど、神様、僕たちは気づいてしまったっていうグループのミュージック・ビデオもかっこいいなって思ってずっと観て聴いていました。

──それを観ている中で、自分も歌ってみたいって気持ちはあった?

ナルハワールド:歌うのは嫌いじゃなくて、カラオケに行って歌っていて。特に菅田将暉さんの「さよならエレジー」がめっちゃ好きで歌っていました。菅田将暉さんが大好きなんですよ。この前、夢で菅田将暉になった夢をみました(笑)。

──それは嬉しいの(笑)?

ナルハワールド:嬉しかったです。めっちゃかっこいいって(笑)。

嘘をつくのが本当に嫌いなんです

──アイドルへの興味は、いつ頃から出てきたんでしょう。

ナルハワールド:最近ですね。でも、アイドルっていうよりWACKの人たちのことが好きだったんです。

──前のインタビューでも言っていましたけど、きっかけはBiSHなんですよね。

ナルハワールド:はい。Mステに出ているのを観て、めっちゃかわいいし歌声もすごく好きで、特にアイナさんがすごく格好よくて。すぐにYouTubeで調べてハマりました。

──特にハマった曲はあります?

ナルハワールド:「Nothing.」です。

 

──そこで「プロミスザスター」って言わないのがナルハさんらしいですね(笑)。話を戻しますけど、小学校6年間はどういう感じで生活していたんでしょう?

ナルハワールド:とにかく授業では挙手とか発言は絶対しなくて。でも、ちゃんと勉強しています感を出すために、宿題とかはきちっとやっていって。人前に出ることはせず、ただ学校にちゃんと行っている子って感じでした。

──でも、先生は挙手しない子に当てがちですよね(笑)。

ナルハワールド:そう、結構当てられるんですよ。当てられて、下を向きながら小声で答えて、みんなから「え?」とか言われたりして。聞き返すなら当てないでほしいなと思っていました(笑)。

──クラスメイトから、ナルハさんはどういう子だと思われていたと思う?

ナルハワールド:前、しゃべらないから怖いって言われたことがあって。でも話したら全然違うじゃん、って。怖いと思われているって知って、ちょっとショックでした。

──MCで「誰でもいい存在じゃなくて、自分じゃなきゃダメな存在になりたい」ってことを言っていたのは、小学校の時の経験があっての発言なんですね。

ナルハワールド:いろんな人と話をする顔の広い友だちがいたんですけど、私にも話しかけてくれて。でも、他の子の前で私のことを話したり、私の前で他の子のことを言ったりするのがすごく嫌で。私のことを悪く言うんだったら私のところ来なくていいじゃんと思って。だからずっと一緒に居てくれる子とか、話が合う子と一緒にいたほうがいいと思っていました。

──正直でありたい、っていう気持ちが強いのかもしれないですね。

ナルハワールド:それはあります。嘘をつくのが本当に嫌いなんです。だから嘘をつく友だちとか、すごく嫌でした。その子も嘘をつかれたら絶対に嫌なはずなのに、なんでそういうことを言うのかなって不思議に思っていて。

──だからこそ自分は人にそういうことはしないようにしよう、と。

ナルハワールド:はい。

──中学校に入ってから環境は変わりましたか?

ナルハワールド:小学校ではずっと大人しかったから、中学生になったら変わりたいと思っていたんです。自分から話しかけるようにならないと絶対楽しくないなって思っていたので、とりあえず席の近い子から声をかけていったら、後ろの席だった子とめっちゃ仲良くなって、それからすごく話すようになりました。自分のノリと合うし、意見も正直に言ってくれる子だから、お互い信頼しあえる関係です。

──仲の良い子以外の子ともしゃべるようにもなりました?

ナルハワールド:はい。小学校の時よりは明るくなったかなって思いますね。

WACKなら自分の居場所が自分で作れるし、自分のやりたいことを最後までできると思って受けた

──そんなナルハさんが、WAggのオーディションを受けようと思ったきっかけはなんだったんでしょう?

ナルハワールド:人と違うことが好きで、自分でオーディションも見つけたんです。応募内容を見て自分もやってみたいと思って、自分の意見を言って、自分のやりたいことをやるのも大事かなって思って受けることにしました。

──思いっきり人前に出る仕事だけど躊躇はなかった?

ナルハワールド:そういうことまで考えていなかったんですよ(笑)。自分でやりたいから受けるってことを親に言ったら、やりたいって言ったことに対して親もびっくりしていたんです。最終的に「やりたいって言うの珍しいね、それはちゃんと応援するよ」って言ってくれました。

──いろいろなオーディションがありますけど、WACKの事務所のオーディションがよかった?

ナルハワールド:他のところだったら絶対に受けていなかったと思います。WACKなら自分の居場所が自分で作れるし、自分のやりたいことを最後までできると思って受けたんです。

──WACKの中で、憧れているメンバーをあげるとしたら?

ナルハワールド:BiSHさんです。ライヴを観たとき、この人たちは自分でやりたいことをちゃんとできていて今幸せなんだろうなと思って。それを自分で作り上げているからこそ、私もここに入ってちゃんとできることを見つけたいなと思ったきっかけのグループです。

──ナルハさんのやりたいことってどんなことなんでしょう?

ナルハワールド:今は新米(※WAggファンの総称)さんとかいろんな人に知ってもらって、そこからナルハワールドをもっと沢山の人に広めていくことです。

──自分のことをもっと知ってもらいたい気持ちがあるんですね。

ナルハワールド:たまにナルハワールドをエゴサすると、「特に何もわからない」っていう発言が出てきて(笑)、「そっか、自分のこと全然言えてないな」と思ったので、まず自分のことを知ってもらわないとなって思っています。

まずは先輩たちに追いつけるようになりたい

──オーディションを受け、WAggに合格したわけですけど、最初にメンバーと顔合わせしたときはどんな雰囲気だったんでしょう。

ナルハワールド:最初、ハナエモンスターと、サアヤイト、ウタウウタ、愛ちゃんとウルウ・ルちゃんと会ったんですけど、その5人の歌を聴いてダンスを見たとき、完成していて、自分は置いていかれると思ってしまって。私が頑張らないと足を引っ張ってくことになるから、いろいろ頑張らないとと思いました。

──これまでダンスの経験とかはなかった?

ナルハワールド:全くなかったです。動画を観て一生懸命練習してみたんですけど、ここはどうやってるんだろうって部分が結構あって。それをメンバーに聞くと、みんな優しく答えてくれたのが、すごく嬉しかったです。

──WAggには、芸能活動をするためにオーディションを受けて選ばれた子が集まってる訳ですよね。学校生活で友だちと話したり、接するのとは何か違ったりしましたか?

ナルハワールド:全然違いました。特にサアヤイトとか、もしクラスにいたら話さないかもしれないくらい個性的だなと思って。みんな本当に個性がバラバラなんですよ。だからおもしろいですね。学校とは全然違います。

──そういうたくさんの個性がある中、ナルハさんの個性ってどんなところにあると思いますか?

ナルハワールド:個性って言われると、本当に自分のことを答えられなくて。うーん…… ちょっとズレているみたいなところかな。私の家族はホラー系とかが嫌いなんですけど、私は「本当にあった怖い話」とかも大好きで観るんですよ。私がすごくおもしろいって言っているのに、家族はわかってくれないものが多い(笑)。人と違うところも自分にはあるかなって思います。

──好奇心旺盛なのかもしれないですね。他に好きなものはありますか?

ナルハワールド:漫画をめっちゃ集めています。恋愛系とかも読むんですけど、ギャグ漫画が1番好きで(笑)。あらゐけいいちさんが書いている『日常』って漫画が好きです。前アニメでもやっていたんですけど、すっごいおもしろくて。

──そういう好きな部分をこれからたくさん出していけるといいですね。お披露目では四箇条を発表していました。どうしてナルハさんがやることになったんでしょう?

ナルハワールド:マネージャーさんがやってみてって言ってくれたんです。それで渡辺さんからメモをもらって「棒読みで読んで」って言われて。やってみたらおもしろくて途中で笑っちゃったんですけど(笑)、任されたのは嬉しかったです。

──お披露目ライヴのオープニングでは、憧れのBiSHがオープニングアクトを務めました。そのこと自体はどんな気持ちでした?

ナルハワールド:本当に光栄なことで嬉しかったです。終わった後に、楽しそうでよかったよって言ってもらえて、本当にありがたかったです。

──WACK所属グループのキラーチューンを披露しましたけど、あの日やった中で1番印象的だった曲はなんでしょう?

ナルハワールド:「BiSBiS」です。スクワットが本当に大変で。でもそれがあったから、どういう感じで歌ったり踊ったりすればいいのか掴めたと思っていて。あれがなかったらただ歌って踊っているだけの感じだったと思います。

──練習での(BiS2ndの)ムロ・パナコの「スクワットやりながら歌おう」って一言が効いたんですね(笑)。

ナルハワールド:はい、ムロさんのおかげです(笑)。

──自分で今振り返ってみて、お披露目ライヴは何点くらい?

ナルハワールド:50点…… 半分くらいですかね。緊張も、楽しすぎたっていう気持ちもあって。歌詞を忘れないようにしなきゃってことに注力してしまったり、振りとかバラバラのところもあって、そういうところを思うとたしかに練習不足だったなって。歌唱力は頑張らないといけないと実感しました。

──MCでナルハさんは涙を流していました。どんな気持ちでしゃべっていたんでしょう?

ナルハワールド:私のことをたくさんの人が見ていると思って緊張したのと、一部がもうちょっとで終わっちゃう寂しさと、観に来てくれた人たちへの感謝の気持ちなど、いろいろごちゃまぜになっちゃって涙が出てきました。

──たくさんの気持ちがあったと思うんですけど、どの感情が1番強かった?

ナルハワールド:1番は楽しかったっていう気持ちです。人前に出るのがこんなに楽しいんだって。

──それは小学校のとき考えていたのと真逆でおもしろいですね。EMPiREとのツアーも開催されていますが、どういう気持ちで毎日練習していますか?

ナルハワールド:お披露目ライヴの時より成長している姿をみんなに見せたいし、絶対にミスもしたくないと思っていて。渡辺さんから「ちょっと後ろに下がりすぎ」って言われたので、前に出てお客さんとわーってなれるようにとか、いっぱい課題はあるんですけど、次もちゃんと笑顔で楽しく盛り上げていきたいなと思います。

──これからWAggをどんなグループにしていきたいですか?

ナルハワールド:WAggは育成グループっていう立場だから、出来上がった状態っていうよりは、素直さや元気さを出していきたいです。

──先輩グループに勝ちたいとかそういう気持ちはありますか?

ナルハワールド:上に上がりたいって気持ちはあるんですけど、今はまだ全然足元にも及ばないし、先輩たちよりも下の感じだから、まずは先輩たちに追いつけるようになりたいです!


WAgg PROFILE

マリン・バ / ウルウ・ル / ウタウウタ / アンズピア /ナルハワールド / 愛 / サアヤイト / ハナエモンスター

■WAgg Official HP
http://www.wagg.tokyo/

・WAgg Official Twitter
WAggidol

・WAggメンバー Twitter
マリン・バ : @MARiN_WAgg
愛 : @L0VE_WAgg
アンズピア : @ANZU_WAgg
ウタウウタ : @UTA_WAgg
ハナエモンスター : @HANAEMON_WAgg
サアヤイト : @SAYA_WAgg
ナルハワールド : @NARUHA_WAgg
ウルウ・ル : @URUURU_WAgg

◼︎EMPiREとの2マンツアー「WAgg THE NEW RiCE with EMPiRE」
2018年11月3日(土)大阪 阿倍野ROCKTOWN
時間:Open/Start 12:30/13:30
[問]阿倍野ROCKTOWN 06-6632-6900
2018年11月11日(日)名古屋 X-HALL ZEN
時間:Open/Start 13:30/14:30
[問]X-HALL ZEN 052-243-6155
2018年11月18日(日)札幌 COLONY
時間:Open/Start 12:00/12:30
[問]COLONY 011-532-3329
2018年11月23日(金・祝)仙台 SENDAI CLUB JUNK BOX
時間:Open/Start 13:30/14:30
[問]SENDAI CLUB JUNK BOX 022-716-5155

チケット :
料金 : 4,000円(tax in.)(オールスタンディング / 入場整理番号付 / 入場時にドリンク代別途必要)
※未就学児童入場不可
※ダイブ / サーフ / モッシュ / リフト禁止
チケット : w.pia.jp/t/wagg/

.

あわせて読みたい