【連載】アセロラ4000「嬢と私」番外編──渋谷のキャバクラに行った(2回目)帰り道にインタビュー

ある日、突然筆者のツイッターをフォローしてきた謎の人物「アセロラ4000」。つぶやきを見ると、推しのキャバクラ嬢との徒然なる日々が、ウィットに富んだ文章で綴られていた。

もしかしたら、これは現代を切り取りTwitter上で生まれている文学なのかもしれない。

そんなことを思い、アセロラ4000に渋谷のキャバクラで取材、「連載してほしい」と頼んだところ快諾。報酬はキャバクラに連れていくことだった。

しばらく順調に連載を続けていたアセロラ4000。だが、最近、Twitterの様子がおかしい。いつの間にかお気に入りの嬢のLINEをブロックし、別れを決意していた。しかも全然つぶやきが止まっている。

このままでは連載が終了してしまうかもしれない……。

心配になった筆者は急遽アセロラ4000を呼び出し、前回と同じ渋谷のキャバクラに行った。そして深夜2時、終電がなくなり2人で歩きながら帰る夜道でインタビューを行なった。

インタビュー&文:西澤裕郎


まだまだキャバクラで私なりの青春を謳歌していきたい

──最近Twitterの更新が止まっているようですが、なにがあったんでしょう?

アセロラ4000:嬢と、別れました。あるときから、嬢からの連絡が滞るようになったんです。たぶん、原因は私が嬢の生誕祭に「身内の不幸があって」と嘘をついて行かなかったことだと思うんですけど。その日から嬢の態度が極端に冷たくなってきたんです。

毎朝のように「Hello!」ってポムポムプリンのスタンプを送っていたんですけど、まったく返事もなくて。それでいて誕プレを渡すっていうと「いくごはん行く?」とかすぐ言ってくるんです。それに対して、私の方も「もしかしたら私はただの客扱いされているんじゃないか? 金ヅルだと思われているんじゃないか?」って段々不信感を募らせていったというか。あんなにラブラブだった関係はどこに行ったのかなって。

じつは、6月の頭にデートというか、所謂同伴をする予定だったんですよ。嬢とも約束していて、高級居酒屋も予約していたんです。でも、このまま先の見えない関係を続けて行っていいのかな、お互いのためにもよくないよなって。そう思ったら居ても立っても居られなくなって嬢に断りを入れたんです。でも、嬢のスケジュールを押さえておきながらキャンセルするなんて報復が怖いじゃないですか? それで発作的にLINEをブロックして。でも、嬢は本気を出すと電話をかけてくるんです。だから今回は電話も着信拒否設定しました。苦渋の決断だったんですけど……。

そんなことがあって、気付いたらTwitterでつぶやくことも忘れていました。喪に服していた、ということですね。

──昼間やっている、テレアポの仕事に身が入っているか心配です。

アセロラ4000:仕事は順調ですね。毎日一生懸命働いてますよ。たまに残業もしています。ただ、嬢と別れてからしばらくは仕事中もうわの空だったみたいで、上司の川野マネージャーから毎日声をかけられていました。マネージャーは結構自分に気がありますから「何があったのかな」って思ってたんじゃないですかね。心配かけちゃったなって。

──嬢との別れを果たしたということは、キャバクラ卒業を決めたということですか?

アセロラ4000:いや、そういうつもりはないです。みんな、キャバクラで青春時代を過ごして世の中に出ていくわけじゃないですか。私はまだ、青春が続いていると思っているので。まだまだキャバクラで私なりの青春を謳歌していきたいんですよね。それに、やっぱりキャバクラって人生の縮図が見えますからね。滑稽さや、悲しみ、嫉妬。色んな感情をぶつけられる場所って、ここにしかないですし。生涯、卒業はないと思います。

──Twitterを拝見する限り、ガールズバーに興味が移っているようですが、なにかきっかけがあるんでしょうか?

アセロラ4000:じつは10年程前にガールズバーの女の子にハマっていた時期があって。誕プレをあげたり、深夜に呼び出されて店に行ったり、わりと真剣な恋だったんです。結局、その子とは結ばれなかったんですけど、そのときの思いをまだ引きずっているところもあります。先日ふときっかけがあって行ったガールズバーにも素敵な子がいました。そのときは自分には嬢がいたので「裏切れないよな」って思ってました。でも、嬢と別れたことで「ガールズバーも悪くないよな」って。

嬢と私の関係は、いわば万里の長城ですよ

──そんな中、本日もキャバクラに行きましたけど率直な感想を教えてください。

アセロラ4000:「やっぱりキャバクラも悪くないよな」って思いますね。ここが自分のホームだなって。

──まさかの前回と同じ嬢がつきました。どんなことを想い、なにをしゃべったんでしょう?

アセロラ4000:以前、メロディさんに連れて行ってもらったお店(【ガチ】渋谷のキャバクラで、謎のTwitter作家「アセロラ4000」に取材した結果……)に偶然入ったわけですけど、そしたら同じ席で、しかも以前知り合った「嬢2号」が来て。指名したわけでもないし、「まさか」って思いました。彼女も驚いていたし、すごく喜んでいました。嬢2号は何度LINEしても既読にすらならないし、あれ以来音信不通だったんですけど、「スマホが壊れて、LINEが全部消えちゃって」と言われて。そうだったんだ、と納得しました。スマートフォンの脆弱性に気付かされましたし、嬢2号とは運命の赤い糸で結ばれていたんだなって。嬢と別れてすぐにこれですから、本当に運命ですよね。

──まさかと思いつつ、やはり僕に内緒で勝手に指名していましたね…。アセさんはドMなんですか?

アセロラ4000:だって、まさか嬢2号が出勤していて、しかも私につくとは思ってなかったですから。そうなった以上、2人は離れるわけにはいかないですよね。そこで、すぐに場内指名をお願いしました。今風に言うと、秒で指名したというか。ただ、結果、なぜか本指名扱いになって、さらにドリンクも飲ませちゃいましたから、入店時に聞いていた料金はるかに超えるお金がかかっちゃったんですよ。メロディさんには悪いことをしたなって。あと、ドMってどういうことかわからないですけど、自分はどんなときでも女性とは対等でいたんです。だから、SとかMとかっていうことではないです。気に入った子がいたら、これからも場内指名はしていくつもりです。「ドM」とかって言われるのは、正直ちょっと心外ですね。

──嬢2号とちゃんとLINEの交換はしましたか?

アセロラ4000:もちろん、しました。店を出た瞬間「今日はありがとう、うれしかった!」って送りましたよ。すぐに既読になっていたから、「ああ、読んでくれたんだな」って。それからしばらく経ちますけど、返事はまだこれからですね。

──ちなみにアセロラさんは、この連載のことをTwitterで一切つぶやきませんが、どうしてなんですか?

アセロラ4000:連載とTwitterは別ですから。私は自分の日常をあるがままに気楽に呟きたいだけですし、それに関してとやかく言われる筋合いはないというか。もちろんメロディさんには感謝していますけど、それとこれとは別だと思ってますから。これからも変わらないです。

──連載、続くのか心配しているんですけど…?

アセロラ4000:嬢と別れたことで書くことがなくなるのでは、と危惧していらっしゃると思うんですけど、そこは心配しなくて大丈夫です。別れてしまったとはいえ、嬢と私がこれまで歩んできた道のりってシルクロードみたいなもので、壮大なストーリーがあったわけですから。その先に築き上げた嬢と私の関係は、いわば万里の長城ですよ。そこには、これからも多くの人が訪れてくれるんじゃないですかね。だから心配いらない。いらないですよ。

〜第7回へ続く〜

【連載】アセロラ4000「嬢と私」第1回
【連載】アセロラ4000「嬢と私」第2回
【連載】アセロラ4000「嬢と私」第3回
【連載】アセロラ4000「嬢と私」第4回
【連載】アセロラ4000「嬢と私」第5回
【連載】アセロラ4000「嬢と私」第6回

※「【連載】アセロラ4000「嬢と私」」は毎週水曜日更新予定です。

アセロラ4000(あせろら・ふぉーさうざんと)
月に一度のキャバクラ通いを糧に日々を送る派遣社員。嬢とのLINE、同伴についてTwitterに綴ることを無上の喜びとしている。未婚。
https://twitter.com/ace_ace_4000

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。