【連載】アセロラ4000「嬢と私」シーズン2 第8回

いったい何度目なのか。

またしても、執念で私の元に戻ってきた嬢。

そんな嬢に会いに店に行く私。

なぜ、嬢は私を見捨てたりしないのか。

それは、固定客を失いたくないから。

そんなあたりまえのことは、私にだってわかる。しかし、そのあたりまえの関係の中から、真の恋愛関係を築こうとするところに、キャバクラという舞台の真の魅力があるのだ。

「人生は舞台(キャバクラ)主役(客)はあなた」

主役(客)は、見栄を張らなければならない。できる限り、舞台にお金を落とすことこそが、真の役者(太客)なのだ。

嬢は、私を連れて店に行くことで、いくばくかのお金を店からバックされる。そして、席につき私がボトルを入れることで、さらなる財を築く。さらに「私もいただいていいですかあ?」と、その瞬間だけ敬語を駆使して、自らが飲むドリンクを注文する。それすらも、嬢の懐へと消えていくというキャバクラのシステム。

煌びやかな照明、ノリノリのBGM。漂う香水の匂い、そして巨乳。

キャバクラナイズドされた店内に一歩足を踏み入れたが最後、抗うことができるものなど、いない。

しかも、嬢はやたらと高い酒を飲む。テキーラ、一杯、2,000円。かける、3杯。6,000円。せめて、自分が飲む分は、安く済ませたい。そんな思いから、チビチビとアセロラ鏡月の水割りを飲んでいる私の横で、豪快にテキーラのショットをイッキする嬢。

会計を済ませ、店の入り口で嬢に見送られ階段を上り外に出ると、終電は終わっている。タクシー代もなく、トボトボと家路につく私。一晩で、あっという間に財布はほぼ空っぽになった。

今月の生活費、残り5千円。

この残高で、あと半月を、どうやってサバイバルすればいいのだろう。

とりあえず、さいとう たかを先生の「サバイバル」を参考に読んでみた。面白い。ブックオフで、古本を全巻購入する私。

どうせなら、お酒を飲みながら読みたい。コンビニで缶チューハイを買おう。そうなると、ファミチキも食べたい。しょっぱくなるから、アルフォートもあわせて買っておくべきだ。甘い、しょっぱい、甘い、しょっぱいの無限ループが、やめられない、とまらない。そうか、かっぱえびせんも欲しい。そして、シメはカップスター。もちろん、しょうゆ味。食べる前から、味のとりこになる私。

ふと見ると、「ゴルゴ13」の最新刊が出ている。

「今夜は、さいとう たかを祭だね」

私は、最後にスーパーカップバニラをかごに入れ、ルンルン気分で家路についた。

所持金残高、750円。

バカ、バカ、私のバカ。もう無駄使いはしないと、あれだけ誓ったはずなのに。本当にお金がない。どうすれば、よいのだろう。

そうだ、あれを売ればいいのだ。嬢の誕プレとしてネットにて3万円で購入していた「炭酸製造マシーン」。

嬢の誕生日から2ヶ月ほど経過した今、嬢はすっかり忘れているはず。

私は、早速メルカリで売却に成功した。2万円、ゲット。九死に一生を得る、とはまさにこのことだ。お祝いに、ファミチキを買ってこよう。ついでに、アルフォートも。

そのとき、嬢からのメッセージが届いた。

「炭酸のやつ、今度会ったとき、渡してね!」

嬢は、誕プレを、忘れていなかった。

〜シーズン2 第9回へ続く〜

【連載】アセロラ4000「嬢と私」シーズン2 第1回
【連載】アセロラ4000「嬢と私」シーズン2 第2回
【連載】アセロラ4000「嬢と私」シーズン2 第3回
【連載】アセロラ4000「嬢と私」シーズン2 第4回
【連載】アセロラ4000「嬢と私」シーズン2 第5回
【連載】アセロラ4000「嬢と私」シーズン2 第6回
【連載】アセロラ4000「嬢と私」シーズン2 第7回

※「【連載】アセロラ4000「嬢と私」」は毎週水曜日更新予定です。

アセロラ4000(あせろら・ふぉーさうざんと)
月に一度のキャバクラ通いを糧に日々を送る派遣社員。嬢とのLINE、同伴についてTwitterに綴ることを無上の喜びとしている。未婚。
https://twitter.com/ace_ace_4000

あわせて読みたい