【連載】アセロラ4000「嬢と私」シーズン3 歌舞伎町ニューウェーブ編 第7回

年末も押し迫ったある日、私は職場でお説教されていた。

「アセくん、最近、仕事もしないでスマホばっかり見ているわね?」

ベテラン派遣社員のおばさん、安田さんがお昼休みに私を呼び出し、日頃の勤務態度について叱責する。

時刻は12時45分。私はイラついていた。もうすぐ昼休みが終わってしまう。

「勤務中はスマホをロッカーにしまっておく決まりでしょ!?」

女性にも関わらず中尾彬にそっくりな顔をこちらに向け、安田さんが私を睨みつける。

焼栗のような黒い超ショートヘア、ギョロっとした大きな目。ビア樽体形、そして巨乳。

困ったことに、おばさんで、巨乳。いや、太っている場合は巨乳にカウントしてはならない。そんなことは常識中の常識。つまりは、だめー。

お説教など、早く終わってほしい。なぜなら、エリカ嬢にLINEの返信をしたいのだから。こんなことに時間を費やしているわけにはいかないのだ。

エリカ嬢と私は、新宿歌舞伎町のキャバクラ「ロザーナ」で運命的な出逢いを果たして以来、LINEを続けていた。

「おはよ~! アセたん! 今日は天気がいいね! 私、天気良いの好きかも」

「おはよう~! エリカちゃんは早起きだね。エライぞ! 天気良いの好きなんだね! イイね!」

「目、整形したいかも。悩む~。どう思う?」

「今のままでも、かわいいと思うよ! でも、したかったら、しても良いよ。自分らしく、あれ。」

「アセたん……(´;ω;`)優しい。今、泣きそうかも」

「そうでもないよ(〃´∪`〃)ゞ泣かないで、エリカちゃん」

「明日、これない? 会いたいかも」

恋人同士のような日常のやりとり。もはやLINE上で同棲していると言っても過言ではない、私たち。これはもう、これはもう。青春じゃないか。

「聞いてるの? アセくん!?」

私は安田さんの声を背中で聞き流しながら、喫煙所に向かった。起きている間は、常にスマホを見ていたい。そして、今まさに、明日のデート(同伴)について、返事をしなければならなかった。急げ、私。

「おつかれさまでーす」

スマホを見つめたままの私に、誰かが声をかけてきた。

そこにいたのは、中国人留学生でアルバイトのテイさん。タバコをふかしながら、どこか悲しげにスマホを見つめている。どうしたのだろう。いつものテイさんじゃ、ない。

「アセさん、ワタシ、彼氏と別れたよ」

突然の告白。

「ワタシ、今、悲しいよ、アセさん」

潤んだ瞳で私を見つめ、訴えかけるテイさん。

もしかしたら、彼氏と別れた原因は私への恋心なのかもしれない。

思い返せば、テイさんはいつも私を見つめていたような気がする。私が仕事中に居眠りしたとき、目を覚ますといつもテイさんがこちらを見つめていた。睨んでいた、ともいえる。だが、間違いなく、こちらを見ていた。エトウさんやサカイくんに対しては、そんな態度を取っていないはず。

テイさんの愛を受け入るか否か。今まさに、私は人生の岐路に立たされていた。

いや、ダメだダメだ。バカ、バカ、私のバカ。こんなことをうちのやつ(エリカ嬢)が知ってしまったら、傷ついてしまうはず。

ケンカをやめて。2人を止めて。私のために争わないで。もうこれ以上…(河合奈保子「ケンカをやめて」より)

そう、今の私にとって大事なのは、エリカ嬢との愛を育むこと。テイさんとは、交わることはできない。すまない、テイさん。罪深い私を、許してほしい。

ふと見ると、テイさんの姿はなかった。すべては、私が抱いていた愚かな妄想だったのかもしれない。テイさんは、きっと新しい恋人を見つけるだろう。もう昼休みが終わる。戻らなければ。

振り返り、仕事場に戻ろうとしたそのとき。去ったはずのテイさんが目の前に立っていた。

「アセさん、明日の夜、ひま?」

突然、私に迫るテイさん。これは、まぎれもなく現実だった。

スマホをしまい、首を縦に振る私。予定など、ない。あるわけがない。

「ごはん食べに行かない?」

モテ期、到来。私は、すぐに返事をした。

答えは、もちろんイエス。

私は、休日にテイさんとごはんをたべに行く約束を交わした。

クリスマスが、近い。

〜シーズン3 第8回へ続く〜

シーズン3 歌舞伎町ニューウェーブ編 第1回
シーズン3 歌舞伎町ニューウェーブ編 第2回
シーズン3 歌舞伎町ニューウェーブ編 第3回
シーズン3 歌舞伎町ニューウェーブ編 第4回
シーズン3 歌舞伎町ニューウェーブ編 第5回
シーズン3 歌舞伎町ニューウェーブ編 第6回

アセロラ4000「嬢と私」まとめページはこちら

※「【連載】アセロラ4000「嬢と私」」は毎週水曜日更新予定です。

アセロラ4000(あせろら・ふぉーさうざんと)
月に一度のキャバクラ通いを糧に日々を送る派遣社員。嬢とのLINE、同伴についてTwitterに綴ることを無上の喜びとしている。未婚。
https://twitter.com/ace_ace_4000

あわせて読みたい