【11月25日(日)】第二十七回文学フリマ東京にて「嬢と私〜歌舞伎町ニューウェーブ編」を無料頒布

11月25日(日)に開催される「第二十七回文学フリマ東京」にて、アセロラ4000の「嬢と私〜歌舞伎町ニューウェーブ編」を無料頒布することが決定。

これまで京王線のキャバクラ(と取材で訪れた渋谷のキャバクラ)にしか行ったことがなかったアセさんが、キャバクラの本丸・歌舞伎町に降り立ちます。

ギラギラ輝くネオンの中、アセさんは何を思い、どんな嬢との出会いを果たし、どのように文学作品として昇華するのか?

完全書き下ろし!

推薦文はカンパニー松尾さん!

ぜひ遊びにお越しください!

第二十七回文学フリマ東京
日時:2018年11月25日(日)
場所:東京流通センター 第二展示場
時間:11:00〜17:00
入場料:無料
詳細:https://bunfree.net/event/tokyo27/

 

「嬢と私」とは?

コールセンターで働く40代半ばの派遣社員、アセロラ4000。

ある日訪れた京王線沿いのキャバクラで出会った、ハーフ顔で巨乳の嬢に恋をしてしまう。

それ以降、なけなしの金をはたいてはキャバクラに通い嬢との距離を縮めようとするが、ちょっとしたことでLINEをブロックしては解除するなどメンヘラおじさん的な行動を起こすことも多い。

そんな中年の悲しい性を、ユーモラスな文章で哀愁たっぷりに綴ったTwitter発のネット文学小説。

WEB媒体「StoryWriter」で連載を開始し、現在シーズン2まで終了。


シーズン1(全12回)

背が高く、ハーフっぽい顔立ち、そして、巨乳。ふと訪れたキャバクラで、好みのすべてを兼ね備えた嬢と出会った中年の派遣社員アセロラ4000。それ以降、嬢の気をひくために同伴をしたり、店に通ったり、嬢との淡い恋が描かれる。希望に溢れたプロローグ。

【連載】アセロラ4000「嬢と私」第1回
【連載】アセロラ4000「嬢と私」第2回
【連載】アセロラ4000「嬢と私」第3回
【連載】アセロラ4000「嬢と私」第4回
【連載】アセロラ4000「嬢と私」第5回
【連載】アセロラ4000「嬢と私」第6回
【連載】アセロラ4000「嬢と私」第7回
【連載】アセロラ4000「嬢と私」第8回
【連載】アセロラ4000「嬢と私」第9回
【連載】アセロラ4000「嬢と私」第10回
【連載】アセロラ4000「嬢と私」第11回
【連載】アセロラ4000「嬢と私」第12回


シーズン2(全9回)

お金がないという最大の悩みを抱えながらも、嬢への恋心と下心からキャバクラ通いをやめられないアセロラ4000。何度も嬢との連絡を絶とうとするも、嬢からのやさしい言葉と自身のさみしさから連絡をとってしまう。アセロラ4000と嬢の駆け引きの結末はいかに?

【連載】アセロラ4000「嬢と私」シーズン2 第1回
【連載】アセロラ4000「嬢と私」シーズン2 第2回
【連載】アセロラ4000「嬢と私」シーズン2 第3回
【連載】アセロラ4000「嬢と私」シーズン2 第4回
【連載】アセロラ4000「嬢と私」シーズン2 第5回
【連載】アセロラ4000「嬢と私」シーズン2 第6回
【連載】アセロラ4000「嬢と私」シーズン2 第7回
【連載】アセロラ4000「嬢と私」シーズン2 第8回
【連載】アセロラ4000「嬢と私」シーズン2 第9回


番外編はこちらから

【謎のTwitter文学】キャバクラでの悲哀を描く「アセロラ4000」とは何者なのか?

【ガチ】渋谷のキャバクラで、謎のTwitter作家「アセロラ4000」に取材した結果……

2018年12月より

シーズン3スタート予定!!

アセロラ4000(あせろら・ふぉーさうざんと)
月に一度のキャバクラ通いを糧に日々を送る派遣社員。嬢とのLINE、同伴についてTwitterに綴ることを無上の喜びとしている。未婚。
https://twitter.com/ace_ace_4000

あわせて読みたい