【連載】Jumpei Yamada「illusionism」Vol.9─────時見恵利那 × まりな(日本マドンナ)

 

泉谷しげるや曽我部恵一をはじめとしたミュージシャンのポートレート撮影を中心に、CD、書籍、広告、webや雑誌などの撮影を手がけている写真家のJumpei Yamadaが、写真をもっと自由に捉えてほしいという想いをもって、7月3日(火)よりスタートした新連載「illusionism」。

公募で募ったゲストモデルを撮り下ろし、その写真を元にゲストライターが想像した文章を自由に執筆、写真と一緒に掲載していく。毎週火曜日更新予定。

 

「illusionism」Vol.1はこちら

「illusionism」Vol.2はこちら

「illusionism」Vol.3はこちら

「illusionism」Vol.4はこちら

「illusionism」Vol.5はこちら

「illusionism」Vol.6はこちら

「illusionism」Vol.7はこちら

「illusionism」Vol.8はこちら

 


「illusionism」Vol.9

 

先週の日曜日、実はMさんと2人で出かけた。

 

Mさんは、私がバイトしているチェーン居酒屋で一緒に働いている。この店で一番長く勤めているらしいが、ほぼ毎回遅刻する上、常にヘラヘラへしている(一番忙しい金曜日なんかはたまにムカつく)。タバコ休憩ばっかりで店長にもしょっちゅう怒られているし、正直、ダメ人間オーラがすごい。

 

だから、「この人良いな」なんて少しも思っていなかったけれど、最近周りの友人たちがみんな年上の彼氏と付き合いだして、たぶん焦っていた。女子校からエスカレーターで大学まで進学してきたせいでバイト先くらいしか出会いがないし、デートに誘われることも最近はほぼ皆無だった。だからMさんに「日曜日、夕方から出かけない?」と言われた時、もしかしてちゃんと話したらいい人なのかも知れない、なんて微かな希望が湧いてしまって、とりあえずOKの返事をしたのである。

 

 

でも、当日もやっぱり遅刻してきやがった。しかも地元の駅前で待ち合わせて、電車でどこかに移動するのかと思いきや、行く当てもないまま近場をぶらぶらするだけ。開始時間くらいで早くも「やっぱり断ればよかった」と一度目の後悔を感じていた。

 

 

その後、適当に入ったやけに猫の臭いがする古い喫茶店で、Mさんが「自分の唾液は万能薬の効果がある」なんて意味不明なことを言い出した時は、私は今すぐ帰りたいとハッキリ思った。嫌悪感を滲ませながら「はい?」と訊き返すと、「ある日、うちのアパートの下でブラジル人が列を作ってて、何だろう? って思ったら、その列がうちのドアの前まで続いてた。俺の唾液を待つ行列だったんだよ」とさらに訳が分からないエピソードを加えてきた。

 

 

たぶん二十代後半くらいなのにフリーターだし、多少変わった人なのかしらと思っていたけれど、ここまで気持ち悪いことを言う人だとは思わなかったからドン引きした。私は何も返せずに露骨に嫌な顔を見せたけれど、Mさんは全く怯まない。なんなら、いつもヘラヘラしているくせに今は真面目な顔をしている。周りが年上の彼氏持ちだからという、しょうもない理由でOKを出してしまった自分の浅はかさが恥ずかしくなってきた。

 

「あ、私ちょっと夜から用事があったの忘れてました… そろそろ

 

明らかな棒読みでこう呟いて立ち上がろうとすると、Mさんはおもむろにバッグからくしゃくしゃになっている袋を3つ取り出した。全ての袋に『線香花火』という文字が印刷されている。

 

「たぶんあともうちょっとで日が落ちるから、線香花火大会やってから帰ろうよ」

 

 

2018年9月4日更新予定
「illusionism」Vol.10へ続く

Text = まりな(日本マドンナ)

3ピースバンド「日本マドンナ」のギタリスト。
2018年4月には6年ぶりの新作『ファックフォーエバー』をリリース。
新宿を拠点にマイペースに活動中。
Twitter : @nihonmadonna

Model = 時見恵利那

2011年までアップフロント関西に所属し活動。
東日本大震災復興企画『がんばろうニッポン愛は勝つ』プロジェクトのチャリティーソングへの参加や京セラドームにて開会式での国家斉唱などを経験。
NHK『あほやねんすきやねん』J-COM『8時です!生放送』
関西テレビ『mu-jack』出演。
作詞作曲をした楽曲が『かつみさゆりのなかよしがいちばん』のオープニング曲として選曲される。
ラジオCMや声優 Tシャツデザインコンテストのイメージキャラクターやヤマハミュージックレボリューションにて母校OSM専門学校グランプリ受賞。
オーラルスマイルコンテストで優勝。
2017年、主演映画『毒と蜜』がミニシアターにて公開。

Twitter :  @tkmern28

Photograph = Jumpei Yamada(じゅんぺい・やまだ)

1987年富山県生まれ。
2007年より関西にて活動。
活動拠点を東京へ移し、2014年独立。
ミュージシャンのポートレート撮影を中心に、CD・書籍・広告・webや雑誌等各種媒体の撮影を手がけ、並行して自身の作品制作も行う。

2015年2月 写真集「ギミ!ギミ!ギミ!ダーリン!」発表。
2018年2月写真展「immanent」at 高円寺FAITH

Web : https://jumpeiyamada.com/
Twitter : @jumpeiyamada_

写真はもっと寛容で発想力を掻き立てるもの──写真家・Jumpei Yamadaが人生、連載を語る


被写体募集
illusionismに被写体として参加して頂ける方を募集中です。経験不問。興味のある方は「氏名」「年齢」「バストアップ写真、全身写真(3ヶ月以内撮影)」「芸能活動されている方は芸歴・活動歴」を明記・添付の上、件名:被写体募集にてillusionism.wanted@gmail.comまでご連絡下さい。応募者多数の場合、採用させて頂く方にのみご連絡させて頂きます。

あわせて読みたい